M&Aがらみのフローはあまり気にしないこと[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年5月14日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、米国債利回りの上昇を背景としたドル買い圧力が再び強まり、一時110.02円と前回高値に顔合わせした。米国10年債利回りは、中東情勢悪化を背景とした原油高を受けて一時3%台へ上昇。米国の利上げ期待を背景に、政策金利動向に敏感な2年債利回りも2.5%台をキープしている。

ドル円の上昇に寄与したもう一つの要因は、本邦企業による海外M&Aの報道だ。かねて観測されていた通り、武田薬品工業はアイルランドの製薬大手シャイアーを総額約460億ポンド(約6.8兆円)で買収することで合意したと発表。またリクルートホールディングスは米オンライン求人サービス大手のグラスドアを12億ドルで完全子会社にすると発表した。

中長期の相場を決めるのはフローではなくファンダメンタルズ

こうした大型M&A案件があると、巨額の円売り・外貨買いのフローが発生し円安が進行するとの観測が強まるのも無理はない。実際、2016年にソフトバンクによる英アーム買収(約240億ポンド)の際には、この案件にかかわるポンド買い・円売りが出ているとの観測がたびたび流れ、英国のEU離脱という逆風にもかかわらず、ポンド円は上昇した。今回の武田によるシャイアー買収額はその2倍近い。今後は7兆円近い円売りにより一段と円安が進むと見ていいのだろうか。

筆者はあまりそう思わない。というか、相場の流れに沿っていればフローが追い風になり円安になるだろうが、相場の流れに逆らっていれば何兆円つぎ込もうと影響はほとんどないだろう。相場とはそういうものだ。外国為替市場は24時間休みなく取引され、一日数兆ドルという天文学的な資金が日々飛び交う。7兆円が一気に市場に投入されるなら多少の(一時的な)インパクトはあろうが、何度かに分けて実行されるならば難なく吸収されてしまうだろう。われわれは大型案件につい目を奪われがちだが、巨大な市場の中ではそれは氷山の一角に過ぎないということを肝に銘じておかねばならない。

さらに言えば、これだけの大型案件、しかもかなり前から買収交渉が行われていたわけだから、合意前に一定の割合はヘッジされている(先物やオプションを使って保険を掛けること)と考えるのが普通だ。でなければ投機筋に先回りされ上前をはねられてしまうからだ。また買収に充てる資金を外貨建てで借り入れれば、その部分は円売りを行う必要がない。総額7兆円といっても、実際に為替が起こるのはずっと少ない可能性が高い。

超短期の売買を行う人にとっては、フロー情報はある程度重要かもしれないが、すべてのフローを知ることが不可能である以上、一部のフローを見て相場を予想することはあまり意味がない。まして中長期の相場を決定するのはフローではなくファンダメンタルズである。M&Aがらみのフローに気を取られすぎるあまり、本筋を見誤らないように気を付けたい。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
言いたいことをきちんと伝えよう[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「下落!111円割れ再び!おさえておく注目ポイントはここ!」[国府勇太]
新興国通貨急落はドル高要因 ドル円の下落余地は小さい[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第2回 テクニカルでまず覚えること
月足トレードで生きてます|第14回 長期トレードで日々利食いする方法[ゆったり為替]
はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第3回 MT4でEAを始める基礎知識[柿澤真正]
どうなる日米通商協議[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「結局、日銀の発表ってどういうことなの?」[国府勇太]
FRBの利上げスタンスを背景としたドル高に変化なし 貿易戦争はノイズ[雨夜恒一郎]
日銀政策変更も「金融緩和継続」というパワーワードに反応[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とにもかくにも、日本銀行の発表に注目!」[国府勇太]
日銀に引き締めの意図なし!金融政策決定会合はドル円の買い場提供か[雨夜恒一郎]
アメリカの真意は何処にあるのか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「週末に急反落!原因はやはりあの男!?」[国府勇太]
トランプ砲炸裂!しかしターゲットは主に中国[雨夜恒一郎]