【Bitcoin Geek】オタク視点でビットコイン考察|第1回 ビットコインの上昇圧力を無料で計測する方法[佐々木徹]

55万円到達の2週間後に30万円まで下げたと思ったら、一気に上昇へ転じて最高値を突破し70万円に到達。そんな荒れ馬のようなビットコインを完全に見通すことは無理としても、何か先行きのヒントを得られる方法はないものでしょうか?

当記事では、誰でも無料で使えるツールを使って、ビットコインの上昇圧力を計測する方法を書いてみます。

※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです

叩かれる力を上昇圧力に変えてしまうビットコイン 

「ビットコインは詐欺だ」(JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者)
「政府はビットコインを止める」 (元連邦準備制度理事会議長のベン・バーナンキ氏)

ビットコインに関わるニュースといえば、各界の著名人が否定的な発言をする内容が取り上げられることが多いものです。一方でこれだけ批判をされ、叩かれながらも価格は過去最高を超えて留まるところを知らないようにも見えます。2017年は年を明けてから292日目の原稿執筆時点で上昇率は429%。つまり5.3倍の価格になっています(チャート①)。


円建てビットコイン(ビットフライヤー価格・チャートはトレーディングビュー)

では、なぜ批判にさらされるビットコインは価格を上げてしまうのでしょうか? その答えは単純です。「世の中の関心度合い」=「価格上昇圧力」、つまり書かれたニュースが根拠のないバッシングであろうと、事実に基づいた技術的な内容であろうと、価格上昇には関係ないからです。

それよりも、記事が書かれた量であり、どれだけ多くの人が「関心」を持ったか。その度合いこそがビットコインの燃料となり価格を上昇させるのです。

せっかくですから数字で検証をしてみましょう。ここで使うのは、誰でも無料でアクセスできるオンラインのツール「グーグルトレンド」です。ここでbitcoinとタイプをして、世の中の関心度合いを見てみましょう(画像①)。値動きに詳しい人であれば、何となくビットコイン価格の動きと似ていると感じられるかもしれません。


グーグルトレンドで「bitcoin」への関心度の変化を調査

ではせっかくですから、このグーグルトレンドから抜き出した数値とビットコイン価格とを比較してみましょう(チャート②)。黄色線がビットコイン価格、グレーの線がグーグルトレンドの数値(インタレスト)です。


ビットコイン価格とインタレストの変化(ココスタ作成)

どうでしょう? ほぼ値動きと連動しているだけでなく、インタレストが跳ね上がった後に価格の上昇が始まっていることが明らかではないでしょうか。

念のために、今年の3月中旬から9月末日までの価格とインタレストを並べ相関係数を出すと、79.4%と高い数値が出ています。

一般的に相関が7割を超えると「強い」となるので、ビットコイン価格と世間からの興味には、強固な関係があるといえるでしょう。

ビットコイン下落と上昇のポイントは?

では、世の中からの興味(インタレスト)とビットコインの価格上昇圧力には強い関係があると分かったところで、これをどのように生かせば良いのでしょうか?

一番簡単な方法としては、ビットコインの価格が大きく動いているときに、グーグルトレンドでビットコインを調べてみることです。もし値段が下がっていてもインタレストが高ければ、それは一つの買い条件がそろったとも考えられます。

逆に価格が上昇を続けていても、インタレストが上昇していなければ、投機的なポジションの流入で一時的に上がっているだけで、いずれ続かなくなる可能性にも備えることができます。

もちろん、このインタレストを調べるというのはアプローチのうちの一つでしかなく、他にもいくつかの条件を調べていく必要があります。

それでも、値動きの情報に加え、こうした価格のガソリンとなる要素を知っておくことは、選択肢を広げる方法かもしれませんね。

当記事では、ビットコインの価格上昇圧力を、グーグルトレンドを使って計測する方法について書いてみました。ここで出したツールは、全て無料で使えるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです

FX攻略.com編集部がオススメする仮想通貨取引所

GMOコイン

GMOコイン
口座開設はこちら【無料】

FXトレーダーなら誰もがご存知のFX会社、GMOクリック証券。GMOコインは、そこと同じGMOインターネット(東証一部上場)グループですから、初めての仮想通貨用の口座として安心感があります(取引ツールがFXネオのものと似ている点も嬉しいところ)。またここは、仮想通貨の現物売買取引だけでなく、レバレッジを効かせた仮想通貨FX(取扱通貨ペアは、ビットコイン/円。2017年12月21日時点)も可能です。

【関連記事】
【ビットレ君】使ってみたら驚いた!GMOコイン仮想通貨FX専用スマホアプリの実力&使い方解説
3日で3倍になった仮想通貨リップルをGMOコインが販売開始!お得なプレゼントキャンペーンも!!
話題の仮想通貨をGMOコインでトレード!

口座開設・申込み(GMOコイン公式ページへ)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer 口座開設【無料】
bitFlyer 口座開設
bitFlyer 口座開設?|?fx-on.com

国内初の仮想通貨ビットコイン取引所、ビットフライヤー。2017年9月の調査では、月間取引量・ユーザー数・資本金において国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業に。“国内初”“国内最大”という実績から、はじめての仮想通貨取引所にここを選ぶ人は多いのではないでしょうか。

【関連記事】
保存版【bitFlyer】口座開設方法 & ビットコイン購入方法まとめ

口座開設・申込み(ビットフライヤー公式ページへ)

BitTrade(ビットトレード)

BitTrade(ビットトレード)
口座開設はこちら【無料】

MT4が使えるFX会社として有名なFXトレード・フィナンシャル。その関連会社がBitTradeです(イメージキャラクターが小島瑠璃子さんで一緒ですね!)。FX取引所の運営ノウハウやテクノロジーが活かされていること、仮想通貨交換業者として金融庁登録済みであることなど、安心安全な環境が整っている点が大きな魅力です。取引所で使うことのできるチャートが高性能である点も見逃せません!

【関連記事】
【BTCチャート分析】どうにか100万円で反転 (2018/1/18)[鹿内武蔵]
FXトレード・フィナンシャル(FXTF)のMT4でビットコイン、モナ、リップル、ビットコインキャッシュが表示可能に!!

佐々木徹の写真

佐々木徹(ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはユーデミー(ベネッセ社運営)で日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。

公式サイト:ココスタ