メンタルブレーキを取り除く最も簡単な方法とは?[月光為替]

前回お話したメンタルブレーキを、ではどのように取り除いていけばいいのでしょうか。

結論から言ってしまえば、「さまざまなやり方があり、万人に効く方法はない」ということになります。

まぁ、メンタルというのはその在り方は人によって全く違うものですから、それで当たり前といえば当たり前なのですが。

今回は、とりあえず代表的な方法を何個か紹介したいと思います。それでも、結局は自分次第、ということになりますので、鵜呑みにするというか、参考までにとらえて頂ければと思います。

一番簡単なのは、リスクを極端に落とすこと

まずは、「リスクを極端に落としていく」というのが、もっとも簡単で、やりやすいメンタルコントロールです。

人間、大体何もかかっていない冷静な時が、一番合理的で実情にあった判断を下せるものです。

そのために、トレードのポジションサイズを、ほんとうに自分にとって屁でもないようなサイズに落とします。

FXは幸運にも株と違い、最少ロットがかなり小さいので、本当に数百円だけ賭けて楽しむことができるのがいいところです。 

このような状態ですと、たとえば損するのが嫌で塩漬けをしたり、利益が大事でチキン利食いしたりなど、ルールから逸脱する行動をあまりすることなく、ルールにのっとって行動できます。

まずは、リスクを落として冷静に行動できることに慣れる必要があります。人間の心理というものはそう簡単に変わらないので、小さい金額で1年など繰り返しやり続けることで、トレーダーとして合理的な行動を心に刷り込んでいくのです。

「大損する」という荒治療も

他には、これは出来れば避けたいのですが、大きな荒療治として、「大損する」というものもあります。
 
大損するというのは、とても嫌なことですし、悪いことの象徴のようですが、メンタル的には少しいいこともあるのです。

メンタルブレーキというのは、いわば、「常識的な心の在り方からくるブレーキ」だともいえます。

「損をしたくない、早く利益がほしい、期待値より目先の数字に走る」なんてのは人間としてはむしろ自然です。

こういう自然な状態を、”不自然”な状態にすることがメンタルを克服するということですので、大損というメンタルに強制的に大きなダメージを与えるイベントをクリアすることで、トレーダーとしては”自然”な精神状態に強制的にもっていくことができる可能性があるのです。

メンタルブレーキのせいで勝てないことのないよう、早めに対策を!

ただ、基本的にはメンタルブレーキというのは、もっとも克服しにくいところでもあります。いい売買ルールを構築し、相場に対する知識・経験も豊富なのに、あと一歩メンタルで勝てない、という状態は、ほとんどの人にやってきます。

こういう状態に長く陥ることのないよう、トレードを初めて間もない状態から、しっかりとメンタルブレーキ対策をたてて、成長できるようにしていただければ幸いです。

最後に…

では次回、今までのまとめで、このシリーズを終わりたいと思います。このシリーズではトレーダーとしてまず相場の知識云々の前に抑えておいた方がいい事柄を重点的に話してまいりました。
 
次のシリーズでは、”最低限身に着けておきたい相場の知識”として、多岐にわたってもう少し具体的な事柄を紹介していけたらと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]