FX力を鍛える有名人コラム

トランプ劇場は続く[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

トランプ劇場は続く

米中通商摩擦を背景にしたトランプ劇場からドル円は乱高下が続いておりますが、米中貿易戦争が近く合意するとは到底思えないほか、日米金融政策の方向性を考えればドル円はダウンサイドを意識せざるを得ない状況です。しかし、あしもとでコロコロと意見の変わるトランプ大統領のツイートを見ていると大きくポジションを傾けられないのも確かです。「9月の対中関税発動見送り」や「合意」を匂わせるツイートがあれば局地的に強烈な反発をもらうことになります。安全にいくのであれば短期トレードに終始するか、106円台まで引き付けてから売っていくほうが無難かもしれません。レジスタンスは8月26日の高値106.37円や21日移動平均線が差し掛かる106.30円付近を考えています。

合意なき離脱回避へ英野党結束

昨日、英野党連合が「合意なき離脱を阻止するために協調行動を取る」との声明を発表すると期待感からポンド買いが先行しました。対ドルでは約1か月ぶりとなる1.2310ドルを付けたほか、対円も一時130.38円まで上昇しています。しかし、これまで何年もかけてEUとの合意ができなかった英議会が、ここにきて英野党連合がまとめきれるとは思いません。残り時間の限られたなか、結局は「合意なき離脱」という流れになっていくとみており、ポンド円は130円台を戻り売りで試してみたい状況です。

★高水準のスワップが魅力★

みんなのFXでは、買スワップを、

トルコリラ/円 1Lotあたり80円
メキシコペソ/円 10Lotあたり110円
南アフリカランド/円 10Lotあたり120円

で提供中!! ※7月24日時点

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/market/swap/

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト ケッティー 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト ケッティー 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい