Exciting米国株|第1回 史上最高値を更新し続ける米国株[福島理]

米国株の魅力とは

今号からマーケット絶好調、世界ナンバーワンの株式市場を誇る米国株について、魅力たっぷりな情報を発信していくことになりました。今回は米国株ってこんなにスゴいんだぞ!というところを紹介します。

まず何といっても、株式のパフォーマンスです。下図より、1997年9月末を100とした変化率を見ると、日経平均株価はほぼ毎年100を下回っていて、2013年以降のアベノミクス相場でやっと100を上回り、現状は1.2倍程度となっています。対して米国株は、最も有名な株価指数の一つであるNYダウ工業株30種平均は3倍弱になっています。

長期にわたり果てしなく右肩上がりを続けているのが一目瞭然で、これまで米国株に投資してきた方は、好パフォーマンスを叩き出し、大きな利益を出していることが想像できます。ちなみに50年前と比較すると20倍以上で、個別銘柄の一例としてコカ・コーラは50倍以上、ウォルト・ディズニーは約300倍以上(配当金は加味しない)となっています。

↓↓ 公式サイトでマネックス証券の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

なぜそんなに強いのか?

さて、ここからはなぜ、こんなにパフォーマンスが良いのかについてです。まず米国は世界第3位の人口(約3億2500万人)で、毎年順調に人口が増え続けています(日本はリーマンショック以降減少し続けています)。人口が増えているということは、若い人たちが常に増えていることになります。

そういった中で、やはり一番のスゴさは、世界中の人々の生活を大きく変化させたテクノロジー(インターネット、スマートフォン、宇宙開発など)が生まれていることです。アップルのスティーブ・ジョブズ、マイクロソフトのビル・ゲイツ、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグなど、次々と新たな企業家が頭角を現しています。

次に、長い歴史の中で、オールド企業が長期にわたりトップに君臨していることです。61年連続で増配中の日用品巨大メーカーであるP&G(プロクター&ギャンブル)や、誰もが知っているコカ・コーラ、ナイキなどが、不動の地位をキープしています。

そしてやはり、国際政治においても存在感は絶大で、世界経済において誰もが認めるリーダーであることです。米国経済の動向は、世界各国の株価や為替などに非常に大きな影響を与えています。スポーツや文化においても世界の中心であり、米国のスゴさを紹介しきれないほど、とにかく魅力たっぷりです。どうでしょうか、米国株投資をしてみたくなりませんか?


※データは2017年11月1日現在。長期金利は10年もの米国債の利回り。配当利回り、PER、PBRはダウ平均。


※出所:マネックス証券の取引実績


※売買代金、配当利回りのデータは2017年10月末現在。配当利回りはダウ平均とS$P100の構成銘柄が対象。

※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです

↓↓ 公式サイトでマネックス証券の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

福島理の写真

福島理(ふくしまただし)

マネックス証券、マネックス・ユニバーシティ。国内外のマーケット事情をはじめ、個人投資家の売買動向、指標分析など幅広く研究。国際テクニカルアナリスト連盟・国際テクニカルアナリスト(CFTe)。

公式サイト:マネックス証券

FX力を鍛える有名人コラム | マネックス証券 | 世界の株価・CFD | 福島理の最新記事
ディーラーによる今週のドル円「トレンドが変わる?まさに転換点!」[国府勇太]
米国金利上昇は本物か?[雨夜恒一郎]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第3回 トレンド相場でフォローすべきタイミング[浅野敏郎]
ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング
日米首脳会談は大詰め! ポイントは?[井口喜雄]
Exciting米国株|第2回 日本株vs米国株 制度で徹底比較[福島理]
トレンド相場なので、コイントストレードは5勝1敗と絶好調![木里ゆう]
これからの外国為替相場の行方(月刊FX攻略.com2018年3月号)[田嶋智太郎]
ディーラーによる今週のドル円「ザ・レンジ!上昇の衰えのサインが点灯?」[国府勇太]
日米首脳会談、シリア問題…潜在的なダウンサイドリスク大きい[雨夜恒一郎]
コーン相場5年連続の豊作なるか[佐藤りゅうじ]
2018年のFOMC投票権保有者正副議長以外はタカ派寄り?[安田佐和子]
為替にとって金利はファッションか[森晃]
米中首脳会談を控え神経質な展開か[井口喜雄]
超初級MT4講座|第9回 各種ウィンドウ使いこなしのポイント[鹿内武蔵]