上がらないドル円!FRB議長レース待ち![井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

日経平均はアベノミクス以降の高値をうかがう展開で、NYダウも史上最高値を更新するなど、日米の株価は堅調です。しかしドル円に方向感がなく、狭いレンジで推移するなどはっきりしません。このどんよりした展開の背景にはなにがあるのでしょうか。

上がらないドル円

先週の9月米雇用統計で平均時給は前年比2.9%上昇したほか、今週13日発表の消費者物価指数(CPI)も前回を上回る予想が出ておりインフレ指標は利上げを実施するに申し分ない数値です。12月の利上げ確率をみても現時点で90%を超えてきました。しかし、ドル円はなかなか上昇してきません。

カタルーニャの独立や北朝鮮リスクはあるものの、このモメンタムであれば114円を目指していてもおかしくはないと思っておりました。上値の重い原因は明確ではありませんが、次のFRB議長レースがはっきりしないとどちらにも動けないのかもしれません。今月にも決まるFRBの人事について細かく見ていきましょう。

米FRB次期議長レースは如何に

米国の中央銀行はワシントンD.Cにある連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board)で通称FRBです。そのFRBの議長の任期が来年2月で切れるため、現在トランプ米大統領が候補者選びを進めており今月中にも次期議長が決定する見通しになっています。

FRBでは議長の権限のみで金融政策を決定することはできませんが、議長の考えに従う傾向にあるため、今後のマーケットを読む上ではとても重要なイベントになります。議長がタカ派であれば速いサイクルでの利上げとなり、ハト派の議長になれば緩やかな利上げが想定されます。株価に与える影響など様々な変動要因がありますが、シンプルに考えると「タカ派=ドル高」「ハト派=ドル安」となります。

現在有力候補に挙がっているのはイエレンFRB議長、パウエルFRB理事、ウォーシュ元FRB理事の3人にしぼられてきました。

イエレンFRB議長

トランプ大統領は、米大統領の選挙期間中に公然とイエレン議長について批判をしていましたが、今ではFRB議長としての手腕も高く評価している発言もしています。また、米景気も上向きであり、安定した金融政策を継続できると考えられており、ここにきて再任案が急浮上してきました。個人的にはアメリカにとって一番いい選択ではないかとも思います。

しかし、オバマ前大統領の置き土産というイメージを持たれかねないうえ、高齢という年齢的なデメリットもあり、厳しい部分もあります。

パウエルFRB理事

現在本命と噂されるパウエルFRB理事です。パウエルFRB理事はイエレンFRB議長の考えに近く、FRB議長の任期が4年と長いことから高齢のイエレンFRB議長(71歳)よりもパウエルFRB理事を据えることが考えられます。

当たり障りのない人選で、イエレン氏と交代しつつも政策の継続性を保てるほか、現FRB理事の中で唯一の共和党員であり、超党派の支持が得られることもメリットです。

ウォーシュ元FRB理事

最後にウォーシュ元FRB理事です。FRB理事のとき世界金融危機が発生しインフレを懸念して量的緩和(QE)を巡ってFRB理事を辞めた過去があります。タカ派です。彼の強みはウォール街で知名度が高いこと。さらに妻のジェーン・ローダー・ウォーシュ氏は化粧品界の大物ロン・ローダー氏の娘でトランプ氏の旧友であることからトランプ氏に近い人物を据えて、自身の考えを政策に反映させやすい状況を作ることが考えらます。しかし、自らを「低金利人間」と言っているトランプ大統領があまりタカ派的な人を選ぶイメージがやはりできません。実際、1週間前まで本命だったウォーシュ氏は現在2番手に追いやられています。

イエレン氏とパウエル氏が一歩リードか

整理してみると現在の金融政策が維持され、マーケットに好感されることを考えれば、ハト派のイエレン氏とパウエル氏が一歩リードと言えそうです。先ほどドル円の上値が重いといいましたが、このハト派人事をある程度織り込んでいるのかもしれません。となれば「イエレン氏orパウエル氏」が選ばれても下押しリスクは限定される可能性もあります。一方、ウォーシュ氏が選ばれてもポジティブサプライズになり、ドル上昇のきかっけになるかもしれません。

【PR】

★11月30日までスプレッド縮小キャンペーン実施中!★

ユーロ円が0.4銭!!
ユーロドルは0.4pips!!
原則固定で配信中、ぜひチェックしてみてください!

▽詳細はこちら▽
https://min-fx.jp/campaign/10th_anniversary/

★プロディーラー井口喜雄のFX初心者向け無料オンラインセミナー★

トレード応用編「ファンダメンタルズ分析でレベルアップ」
日時:2017年10月31日(火) 20:00~21:00

▽詳細はこちら▽
https://min-fx.jp/seminar/beginer/online/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

雑誌「FX攻略.com」を3か月分無料購読できる限定タイアップキャンペーン実施中!
詳しくはこちらをクリック!

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

FX力を鍛える有名人コラム | トレイダーズ証券 | 井口喜雄の最新記事
【速報】FXトレードニュース|2018年6月18日〜6月24日[FX攻略.com]
外資系FX会社のあるべき姿[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「重要イベントも無難に終わる!意外と堅調な1週間!」[国府勇太]
FOMCは予想よりタカ派的!日米の金融政策格差広がりドル高へ[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
FXオプション取引 基本と戦略|第4回 プレミアムの変動状況を計る指標[大西洋平]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第12回 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの?[井口喜雄]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]
エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
マーケットはリスクオン!乗らざるを得ない[井口喜雄]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第10回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析③[浅野敏郎]
フォーメーション分析を理解する その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは[マックス岩本]
木里ゆうさんの連載コラムを引っ越しします!
フィボナッチ・リトレースメント&エクスパンション|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術