ドル高は短命に終わるか!? 戦略は戻り売り継続[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

イースターホリデーも終わって主要プレイヤーが全員戻り、ここから4月新年度相場の方向性を探っていくことになりそうです。

ドル円は底打ちか、ダウントレンド継続かを確認する週になりますが、今週末金曜日の米雇用統計とパウエルFRB議長の発言はもちろん、米中日貿易摩擦、さらには世界的に不安定な株価が続いておりますので、しっかりと戦略を立てていきましょう。 

マーケットの本丸は貿易戦争!長期ダウントレンドは継続か

トランプ政権の狙いはドル安にあります。米中間選挙に向けて通商政策と自国通貨安で貿易赤字を解消するというのが最もわかりやすいシナリオだからです。もちろん本気で中国と泥沼の戦争は望んではいませんが、このチキンレースが続く限り大きな流れはやはりダウントレンドということになると思っています。戦略としてはショート継続です。

しかし、スイング以上のトレーダーはそれでいいのですが、デイトレーダーのような短期売買をされるのであればその場その場での対応が必要となります。なぜなら、日ベースでみるとどうしてもトランプ大統領をはじめ、要人発言に左右される可能性が高いからです。先日もトランプ大統領のアマゾン批判などでNYダウが急落したかと思えば、ホワイトハウスは「アマゾンへの規制措置を議論せず」などのトピックスが流れ反発。情報が飛び交うたびに振らされる日々が続いていたため、ヘッドラインに注視しながらになります。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

決戦は金曜日

今週末の金曜日には米雇用統計とパウエルFRB議長の発言が控えています。

まず、米雇用統計ですが、コンセンサスは雇用者数変化が+18.9万人、失業率が4.0%と予想されています。ただし、完全雇用状態の米国では雇用者数変化や失業率への反応は薄くなりますので、やはり注目すべきはインフレ指標である平均時給ということになるのでしょう。

では平均時給が上振れた場合はどうなるのか。教科書通りにいけば利上げペースが上がると連想できるため、ドル円にはポジティブと考えられますが、2月雇用統計では平均時給上振→NYダウ下落→リスクオフ→ドル円下落となったことは記憶に新しく、ネガティブなイメージが残っています。一方、平均時給が下振れれば、利上げペースの鈍化が予想され素直に売られるような展開が予測され、どちらにせよダウンサイドに軸足を置いています。 

また、同じく金曜の深夜26:30にはパウエルFRB議長の発言が予定されています。動意づく可能性もありますので週末のポジションを持ち越される方はご注意ください。さてパウエル議長の発言ですが、ここ数回は発言後に株価が下がるというパターンが続いています。先ほどの雇用統計と同じでタカ派発言→株価下落→リスクオフ→ドル円下落というロジックです。イエレン前議長と比べると短期筋に狙われやすいのかもしれません。

テクニカル的にはレンジ局面へ

チャートを見る限り判断の難しい局面といえます。ドル円は先週水曜日に107.01円まで上昇して日足で大陽線を作るなど教科書的には底打ちシグナルが出ました。しかし、その後は伸び悩み106円台で方向感が出せていない現状です。一目均衡表を見ても転換線は水平に推移しており、方向感は見えてきません。週末までのレンジとして上値は107円前半の雲下限付近、下値は今週の安値105.65円付近となります。 

★みんなのFXにて無制限キャッシュバックキャンペーン実施中★

キャンペーン期間内に対象となる通貨ペアにてお取引いただくと、その取引高に応じて金額上限なしのキャッシュバックがもらえるキャンペーンを開催中!!(要申込)

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/campaign/nolimit_cashback201804/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐちよしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

FX力を鍛える有名人コラム | トレイダーズ証券 | 井口喜雄の最新記事
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第9回 中国経済の好調不調を判断する方法とは?[井口喜雄]
税制改革での所得押し上げ効果、クレジットカード金利負担が抑制?[安田佐和子]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月21日〜5月27日[FX攻略.com]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第7回 直近のドル円相場展望[浅野敏郎]
桜酒〜日銀人事と為替動向〜[森晃]
米中貿易戦争は回避!市場の関心はFOMC議事要旨へ[井口喜雄]
米金利上昇が続く中でのドル円相場[太田二郎]
月足トレードで生きてます|第13回 為替相場が歴史的円高になるのはいつか[ゆったり為替]
値動きが小さくてポジ長期保有、新規エントリーできず[木里ゆう]
はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第1回 EAとは?[柿澤真正]
テクニカル分析の極意・実践編|第2回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する[FXプランナー]
悪い金利上昇ならドル上昇余地も限定的[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「金利上昇で楽観ムード?とうとう111円タッチ!」[国府勇太]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月14日〜5月20日[FX攻略.com]
移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術