FX力を鍛える有名人コラム

川崎ドルえもん流 為替天気予報|第20回 2021年6月14日~編

川崎ドルえもん流 為替天気予報|第20回 2021年6月14日~編

FXにおいて時間的要素を重要視している川崎ドルえもんさんの当連載。「為替天気予報」として、統計的アプローチからの具体的なトレード戦略を教えていただきます。

1.月足天気予報

こんにちは、川崎ドルえもんです! 今回は、6月14日~6月25日までの為替の傾向を紹介していきます! 私は、過去の為替相場からデータを取り、その月日のアノマリーを算出して為替天気予報として配信しています。

まずは月足の傾向を紹介していきましょう!

下の表はドルストレートに関する通貨ペアの月足を2000年から数えたものになります。

ドルストレートに関する通貨ペアの月足を2000年から数えた表

6月の欄を見てみると、ポンドドルの陽線回数が14回、豪ドル米ドルは15回、NZドル米ドルは14回と多く、ドルが基軸通貨になっている米ドルカナダドルは陰線回数が14回、ドルスイスフランは16回と陰線の回数が多くなっています。

このことから6月はドルが売られやすい傾向・アノマリーがあることが分かります。特にドルスイスフランは確率に直すと約76%の確率で陰線がついているので注目です。

2.週足天気予報

次に週足のデータを見ていきましょう。下の表は過去の6月14日から6月18日までの週足から陽線確率を算出したものになります。

6月14日から6月18日までの週足から陽線確率を算出した表

見てみると、ドルスイスフランの陽線確率が35%、ユーロスイスフランは27%、豪ドルスイスフランは34%、NZドルスイスフランは33%、カナダドルスイスフランは31%と、ほとんどのスイスフランに関する通貨ペアの陽線確率が低くなっています。

このことから6月の第3週はスイスフランが買われやすい傾向・アノマリーがあることが分かります。

次に6月の第4週の週足天気予報を見ていきましょう。

下の表(※購入者公開部分に掲出)は過去の6月21日から25日までの週足から陽線確率を算出したものになります。見てみると、6月21日からの週は——

 

 

※上のボタン、リンクを押すと投資系ECメディア「GogoJungle」投資ナビ+へ移動します。記事の続きでは、週足天気予報(6月21日~25日)と日足天気予報(6月15日/6月16日/6月22日/6月24日)をご覧いただけます。

\川崎ドルえもんさんの人気記事/

話題沸騰の「グルグルトレイン」開発者・川崎ドルえもんさんに独占インタビュー今、話題の「グルグルトレイン」、略して「グルトレ」を知っていますか? 相場の上げ下げから自動的に利益が生まれることを狙った、リピート系...
【前編】現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くすTrader’s対談[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄/ゲスト 川崎ドルえもん]ツイッターで話題のグルグルトレイン 井口 ネット上や巷で、かなりグルグルトレインが話題になっていますね。川崎ドルえもんさんは、グル...

「川崎ドルえもん流 為替天気予報(時間統計論)」連載記事まとめはこちら

ABOUT ME
川崎ドルえもん
川崎ドルえもん
かわさきどるえもん。裁量トレードに限界を感じたことから、できるだけ精神的負担なく、楽して儲けられるシステムトレードの手法を模索。さまざまなシミュレーションを経て、グルグルトレインを完成。 ・電子書籍:底辺高校卒業生が教えるFXトレード新手法【グルグルトレイン】
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい