全てのページの検索結果 : 2647件

  • 詳細へ
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第8回
    2020年6月27日
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第8回
    当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。 第2回MKB杯とEAカフェの設立 眞壁 第1回から第4回まではトレード技術に関しての解説、第5回より実際の運用を基に話しています。同時にトレードバトルを開催しました。これは30万円以下の資金から3か月間の成績を競う企画です。ツイッターにて募集しており、どなたでも参加可能です。30万円から積み上げていくのも「労働者から資本家へ」がテーマとなっています。 ・・・・・・・・・・ 眞壁 トレードバトルは第2回が3月から始まり、約1か月が経過しているところですね。この記事を書いているのはまだ2月なので、どうなっているかは分かりませんが、きっと面白いことになっていると思います。MKB杯は2週間ごとのステージ制ですが、最初のステージが終わるころには実力の差が明白になります。今回、私は前回と趣向を変えて挑む予定なので、まずは1か月目が…
  • 詳細へ
    2020年6月26日
    原油相場が暴落 サウジVSロシア[佐藤りゅうじ]
    2002年以来の安値  新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、金融市場は大荒れとなっています。ダウ平均株価は、1日で2000ドル超の値動きを見せ、異様ともいえる展開となっています。この金融市場の大混乱を助長したのが、原油価格の暴落と考えられます。今回は、19年ぶりの安値まで暴落した原油相場の行方を考えていきたいと思います。  3月6日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアをはじめとする非加盟国(いわゆるOPECプラス)の閣僚会議で、OPECによる追加減産と減産延長に関する提案をロシアが拒否しました。これにより、2016年12月に合意したサウジアラビア主導のOPECプラスの協調減産が終わりを告げ、一転して価格競争へと突入しました。  NY原油は、協調減産体制の崩壊を受け、3月6日に約10%下落し、41.28ドルで引けると、週明けの9日は米国株の暴落もあり、場中に27.34ドルまで下落。そして、20日に2002年2月以来の安値となる19.46ドルまで一時下落しました(チャート①参照)。 各国増産体制へ  暴落の背景には、産油国が増産体制にかじを切ったことが挙げられます。協調減産の崩壊…
  • 詳細へ
    人工知能と相場とコンピューターと|第2回 デジタルコンピュータの登場[奥村尚]
    2020年6月26日
    人工知能と相場とコンピューターと|第2回 デジタルコンピュータの登場[奥村尚]
    19~20世紀にかけて通貨統合が進められた  時代は20世紀に入りますが、その前に19世紀の欧州の主要国家における領土、通貨統合への道のりをおさらいしておきます。  19世紀の欧州は、近代国家に必要な3要素(領土、法律、通貨)が整ってきた時代です。それまで欧州の主要国は一つの国家としてまとまっていませんでした。この時代になって、欧州のいわゆる列強国を中心に、領土としての国家統一に合わせて通貨統合の動きも始まりました。  英国は、18世紀後半(1760年代)の産業革命によって世界に先駆けて工業化を達成します。1707年には既にスコットランドとイングランドは合同し、グレートブリテン王国となっていましたが、19世紀初日である1801年1月1日、グレートブリテン王国はアイルランドを併合し、連合王国United Kingdom of Great Britain and Irelandが誕生しました。ユニオンジャックのカッコいい国旗は、このときにできたものです(画像①)。1837年から1901年のヴィクトリア女王の時代は、圧倒的な工業力と海軍力を背景に世界に君臨し、広大な植民地を持つに至ります(英…
  • 詳細へ
    2020年6月25日
    新型コロナウイルスによるグローバル・リセッションはあるか?[森晃]
     2020年3月24日、本原稿を執筆している。読者の皆さまが本誌を読まれるころ、新型コロナウイルスのさらなる感染拡大(画像①)により経済環境および市場環境が変わっていることが考えられる。3月24日時点での筆者の個人的な経済見通しとして本原稿を読んでいただきたい。  3月13日、トランプ米大統領は米国内での新型コロナウイルス感染拡大に対処するため国家非常事態を宣言。米国内の経済活動が制限された。翌日、筆者もスーパーに買い物に出かけたが、ある特定の商品(水、冷凍食品、ピーナッツバター、消毒液、ジュースなど)がなくなっていることに驚いた(画像②)。物流はストップしていないので、数日たてば商品は購入できるだろうと判断し、必要なものだけを買って帰宅した。案の定、数日後には商品が補充され、必要な商品を購入することができた。しかし、この出来事には非常にびっくりしている。 グローバル・リセッション  日常生活から、飲食などのビジネスだけでなく米国民の行動も制限されたことで、米国の経済活動が大きく落ち込むことは間違いないと感じた。米国経済について、ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、Q2(…
  • 詳細へ
    私のFX仲間[水上紀行]
    2020年6月25日
    私のFX仲間[水上紀行]
    トレードは孤独な戦いであるからこそ、信頼できる仲間を作ることはとても大切だといえます。長年ディーラーとして活躍してきた水上紀行さんは、これまでにどんなFX仲間と出会ってきたのでしょうか。一般的には知ることのできないディーラーの世界を紹介してもらいます。 世間は広いようで狭く思わぬつながりがある 「It’s a small world.(世間は狭いね)」という言葉が、ディーラー仲間の合言葉になっています。今から34年ほど前、私はロンドンで勤務していましたが、上司からスイスへ研修に行ってこいといわれて、一も二もなく出張しました。そして、それからの1週間は英語漬けで、1週間後には頭がテンパってしまい、思考能力が低下したところで研修の最後を飾るディーリング・シミュレーションがありました。 このディーリング・シミュレーションとは、ディーリング・シート(ポジション明細)を持って、違うグループにプライスを求めに行ったり、逆にプライスを求められたりしながら、ポジションをキャリーして(転がして)儲けていく訓練です。 しかし、頭がテンパってしまった私には相手にプライスを求めに行く余裕はなく、ひたすらプライ…
  • 詳細へ
    2020年6月24日
    ドル円はダウンサイドを意識か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 火の無い所に煙は立たぬ ヘッドラインに振らされる展開が続いています。昨日は米中通商協議にてナバロ米大統領補佐官が「米中貿易合意は終わった」との発言からドル円が急落しましたが、直後にトランプ大統領が米中合意は損なわれていないとツイートすると下げ幅を回復しただけでなく、107円台まで上昇するなど荒い値動きとなりました。米大統領選に向けて株価を下げたくないトランプ大統領が即火消しに走りましたが、火のないところに煙は立たないだけに米中通商協議の行方には引き続き注視する必要があるでしょう。 巨額の円転フローが相場に与える影響は また、昨日欧州時間にはソフトバンクグループが米Tモバイル株を売却すると発表しました。市場価格から算出した売却規模は約210億ドル(約2兆2000億円)となるため、巨額のドル売り円買いフローが見込まれるとの思惑からドル円は一時106.07円まで下値を拡大しています。もっともソフトバンクのドル売り円買いについては既に実行済みの可能性もあり、積極的に売り進む材料とするのは少し危険かもしれません。 ドル円…
  • 詳細へ
    2020年6月24日
    私のトレードする通貨ペア。その年の「テーマ(ネタ)」をベースにやっています[香澄ケイト]
    ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 今年は米ドル円をメインで取引 FXには通貨ペアがたくさんあります。外貨預金や外貨MMFへ米ドル円を中心に投資していた私のような人間には「通貨の組み合わせがこ〜んなにあるの!」と驚愕するばかりでした。 どの通貨ペアをトレードするか、それはそのときに動きのある(例えばトレンドが出ている)通貨ペアというのが一般的なんでしょうけど、私は専業トレーダーではなく、相場にそれほど時間を費やせないので、多くの通貨ペアを見ることができないのです。たいていの人は、ドル円やユーロドルからスタートして、経験を積むうちに他の通貨ペアもトレードするようになるのが自然なようです。 私の初心者時代の痛い失敗は、あるセミナーに参加したときにドルスイスフランのことを聞いて興味を持ち、この通貨ペアのことを全く知らないのに始めてしまったこと。もちろん大きな損失になりました…。少なくともチャートを、最低1か月は継続して見なければ駄目ですね。 さまざまな通貨ペアを失敗も数多くし…
  • 詳細へ
    私のメンタル管理術[マサにゃん]
    2020年6月24日
    私のメンタル管理術[マサにゃん]
    FXで勝ち続けるには、自分に合った手法を磨き上げ、資金管理を徹底することが重要ですが、メンタルコントロールも必要不可欠です。メンタルの強度がトレードの成否を決するといっても過言ではありません。マサにゃんさんのメンタル管理の秘訣とは、どのような内容なのでしょうか。 メンタル力向上に必要なことは? こんにちは、マサにゃんです。トレードにおける「メンタル」に関しては、「プロスペクト理論」をベースにした話や相場とは直接関係ない心理学的な話で終わってしまい、具体的なレベルまで落とし込まれている記述は無いに等しいです。そのため、解釈を誤ると歪な考え方になってしまうことがあり、とても危険です。 今回は取引を一つのプロジェクトと位置付けて、主に製造業の品質、プロジェクト管理に使われている「なぜなぜ分析」の考え方から、相場におけるメンタルを管理、向上させていくお話しをさせていただきたいと思います。 メンタルだけではないですが、上手くいかないことにはほとんど「原因」があることを冷静に認識してください。そして「原因」に対して、すぐに結論付けをしないで、できる限り段階付けて現実的に考え抜くことを心がけましょう…
  • 詳細へ
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    2020年6月23日
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    FX戦略のポイント テクニカル:水平ライン トレード時間軸:1分足 狙い目の通貨ペア:ドル円 この戦略のメリット:極めてシンプルで簡単、取引チャンスが多い 新規 1分足チャートで高値と安値に水平ラインを引き、その間にローソク足があり、レンジ状態であることを確認 高値・安値の中間あたりの価格になったらエントリー(買いでも売りでもOK) 決済 レンジの安値or高値に逆指値注文を入れる エントリーから+10pipsのところに指値注文を入れる ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 波の中の小さな波を少しずつ拾っていく  こちらのFXトレード手法は、もちろん利益を狙えるものですが、それと同時にトレードをゲームのように解釈し、相場のリズムにうまく乗ることを身体で覚えるという狙いもあります。  この考え方の軸になるのは、エリオット波動とフラクタル構造です。エリオット波動では、相場にはトレンド方向に進む推進と、トレンドといったん逆行する調整のリズムがあると解釈します。そして推進は5波、調整は3波で進行するのがエリオット…
  • 詳細へ
    私の歴史的ショック経験談[不動修太郎]
    2020年6月23日
    私の歴史的ショック経験談[不動修太郎]
    経済動向を振り返ると、過去にはリーマンショックやスイスフランショックなど、さまざまな歴史的ショックが起きてきました。世界経済に影響を与える大事件は今後も発生する可能性があるだけに、そういった金融危機とどう向き合っていけば良いのか気になるところです。国際エコノミストの不動修太郎さんにアドバイスしてもらいます。 リーマンショックとは 2007年からの世界同時株安、金融危機と翌年のリーマンショックは、歴史的ショックとして知られています。個人投資家の視点で、そのショックの前後を振り返り、今後も起きる可能性がある歴史的な金融不安への対応を考えてみましょう。 まずは2006年以降のドル円チャート①をご覧ください。2007年に米国のサブプライムローンと呼ばれた金利の高い不動産ローンの貸し倒れが増加して不動産価格が急落しました。その影響で、多くの金融機関の業績悪化、倒産が伝えられて金融危機となり、為替が急激に円高に動きました。 チャート①から分かるように、一度は持ち直して円安に動きましたが、皆さまよくご存じの通り、翌2008年の9月には米国大手投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻したのをきっかけとして急…