スキャルピング

  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|最終回 資金を安全に効率良く運用しよう③
    2020年8月11日
    淳一FXのスキャルピング教室|最終回 資金を安全に効率良く運用しよう③
     第14回では、限られた資金で効率良く運用するための「適時適切ロット」や海外口座で人気の「倍々トレード」について解説いたしました。今回は「マーチンゲール法」などをご紹介したいと思います。 マーチンゲール法  FXを続けていると、「マーチンゲール」という言葉を耳にした方も多いと思います。この手法は元々「50%の確率で2倍の配当があるギャンブル」で考案されたものですが、派生したさまざまな方法をFXで活用している方も多いので、ご紹介いたします。 ・マーチンゲール 「連敗はいつか終わる」という大前提を基に考案された手法で、勝った場合は同じ金額(ロット)でトレード、負けた場合のみ次のトレードは2倍、それでも負けた場合は4倍、8倍、16倍、32倍、64倍…とロットを増やし続けます(表①)。たとえ連敗しても、1度勝てば初期値と同様の利益が出る仕組みです。  全て同じ損益幅の場合、単純に勝率が50%の人でも10連敗する確率は1024分の1と低く、膨大な資金があれば有効な戦略であると考えることもできます。ただし、10回目の勝負時は512倍、10万通貨での取引だと5120万通貨となり、それだけリスクを取っ…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第14回 資金を安全に効率良く運用しよう②
    2020年8月6日
    淳一FXのスキャルピング教室|第14回 資金を安全に効率良く運用しよう②
     第13回では、限られた資金で効率良く運用するための「固定比率での複利運用」や「バルサラ(破産確率)」などを解説いたしました。今回も前回に引き続き、「適時適切ロット」や海外口座で人気の「倍々トレード」などをご紹介させていただきたいと思います。 適時適切ロット(リスク割合)  これは私自身が使用している、最もお勧めできる方法です。単純に説明すると、取引の優位性に比例したロット(またはリスク割合)を決める方法で、相場状況(地合い)、直近の成績や資金状況を加味しロットを変更するというものです。慣れてくれば瞬間的にロットを変更してトレードすることができますが、それまでは細かくルール化してロットを決める方法がお勧めです。  ここで具体例を挙げます。スキャルピングを続けると必然的に得意なパターンと苦手なパターンができてきますが、仮に得意なパターンが五つ、苦手なパターンが三つあった場合、それぞれに±の点数をつけていきます。  例えば、得意なパターンでは【+50点/+30点/+10点/+5点/±0点】、苦手なパターンでは【-100点/-50点/-30点】、さらに相場(地合い)が自分に向いている場合は【…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第13回 資金を安全に効率良く運用しよう①
    2020年7月24日
    淳一FXのスキャルピング教室|第13回 資金を安全に効率良く運用しよう①
     第12回では、トレードノートの重要性や書き方についてご紹介させていただきました。今回は限られた資金で効率良く運用するための「固定比率での複利運用」や「バルサラ(破産確率)」などをご紹介していきたいと思います。 資金を活用した運用方法  近年話題になることが多い「倍々トレード」や「常に同じ比率でロットを決める○%投資法」「マーチンゲール・逆マーチンゲール」など、資金そのものを活用したトレード手法は数多く存在しますが、実際にどの程度の効果があり、どのようなタイプの方に向いているのでしょうか? 具体的な例を挙げてご紹介しましょう。 ○%投資法  資金を効率良く増やすためにはロットを上げる必要がありますが、安易に初期値と同じ比率でロットを増減させると思わぬリスクに晒されます。  ○%投資法(固定比率運用)では、仮にクロス円のトレードで「100万円の資金に対して10万通貨」を基準とした場合、100pips勝つことができれば次のトレードは増えた10万円を加算した11万通貨で行います。逆に100pipsの損失を出してしまった場合、次は90万円から算出した9万通貨でのトレードとなります。  一見、勝…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第12回 トレードノートで全てが変わる!
    2020年7月15日
    淳一FXのスキャルピング教室|第12回 トレードノートで全てが変わる!
     第11回では、FXタイムテーブルを利用してスキャルピングを効率化する考え方などを解説しました。今回は「トレードノート」の重要性や書き方について、ご紹介させていただきたいと思います。 トレードノートが重要といわれる理由  FXを学ぶ過程で頻繁にトレードノートという言葉を見聞きするかと思います。しかし、私が知る限り実際にしっかりとトレードノートを書かれている方は少数であり、さらにその後のトレードに活用できている方は極めて一部に限定されます。相場で何より糧となるのが「経験」であることを考えると、これは実にもったいないことです。  勝ち続けているトレーダーの多くは日々のトレードをしっかり記録しています。勝っているトレーダーと負けているトレーダーは何が違うのか?理由はたくさんありますが、トレードノートはその中でも代表的なものの一つだといえます。  トレードノートが重要だといわれる理由は大きく分けて二つあります。一つは感情や思い込みなどによる偏りをなくすための「バイアス抑制効果」、もう一つはミストレードや優位性の低いトレードを減らして、優位性の高いトレードを繰り返し実行するための「警戒と再現性(…
  • 詳細へ
    【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
    2020年7月6日
    【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
    FX手法のポイント テクニカル:トレンドライン、水平線、RSI(期間5) トレード時間軸:1分足、15分足、4時間足 狙い目の通貨ペア:ドル円、ユーロドルなどスプレッドが狭い通貨ペア このFX手法のメリット:全体の流れを見ながらトレードできる 新規 4時間足でトレンド転換後、安値に水平線を引いて、押し目(15分足の水平線まで下落し、RSIが20%以下)になるのを待つ 1分足の水平線付近で、RSIが20%から反転で買いエントリー 利確 1分足のRSIが80%に到達したら利益確定 損切り 4時間足で機能している水平線タッチで損切り ※「FX手法のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 スキャルピングでも4時間足から確認  村居孝美さんが、日々実際に行っているスキャルピング手法は、4時間足でのトレンド認識から始まります。最終的なトレードは1分足で行いますが、それより長い時間足の流れを確認することが非常に大切です。  具体的には、トレンドラインを引き、それをブレイクしてトレンド転換するタイミングを狙います。高値同士、安値同…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
    2020年7月4日
    淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
     第10回では、スキャルピングスタイルの構築や手法作りに欠かせないルール・注意点などを解説しました。今回は経済指標や要人発言を除くスキャルピングのチャンスタイムや注意すべき時間帯などをご紹介していきたいと思います。 FXタイムテーブルを把握することが重要  個人トレーダーの多くは優先する仕事や家事があり、日々限られた時間の中で練習や実戦取引を行わなければなりませんが、人間の集中力が持続するのは15分程度といわれており、集中や休憩するタイミングも大切になります。そこで注目したいのが「FXタイムテーブル」です。このFXタイムテーブルは、限られた時間の中で効率を高めたトレードをするための補助となります。  為替は世界共通の取引であることから、各国の基準レート算出(日本では9時55分の仲値)や株式開始などによるボラティリティの高まりをある程度予見することが可能であり、それを集中や休憩のタイミング調整に役立てることができます。また、実戦トレードでも練習でも集中力を高めると記憶に残りやすく、効率的な取引や勉強が可能となります。  FXで大きく負ける、失敗するときの大半は「他人の利益・チャンス」であ…
  • 詳細へ
    【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
    2020年7月3日
    【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー。ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
    FX手法のポイント 戦略:上位時間足で引いたラインのブレイクアウトを狙った順張り トレード時間軸:1分足、5分足、15分足、1時間足 テクニカル:1分足チャートに900EMAと1200期間のボリンジャーバンド、フィボナッチ比率 新規 上位足(15分足など)に高値・安値のラインを引く。トレンドが出ていれば1時間足も確認して高値・安値ラインを引く 引いたラインをブレイクまたはトレンド転換してから1分足で押し目買い・戻り売りのエントリー 損切り 引いた高値・安値のラインを見てダウ理論を応用した逆指値注文を入れておく 利確 レンジや高値・安値の値幅からフィボナッチ比率を目安に指値注文を入れる ※ここでは上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 上位足で環境認識 下位足でエントリー  順張りが得意な書道トレーダーの倉本知明さんが実践している手法は、ブレイクアウト後のスキャルピング手法です。  エントリーするのは1分足ですが、ブレイクアウトの要となる高値・安値のラインを引くのは15分足などの上位足です。また、1分足でも上位足の動きを確認できるよう表…
  • 詳細へ
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    2020年6月23日
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    FX戦略のポイント テクニカル:水平ライン トレード時間軸:1分足 狙い目の通貨ペア:ドル円 この戦略のメリット:極めてシンプルで簡単、取引チャンスが多い 新規 1分足チャートで高値と安値に水平ラインを引き、その間にローソク足があり、レンジ状態であることを確認 高値・安値の中間あたりの価格になったらエントリー(買いでも売りでもOK) 決済 レンジの安値or高値に逆指値注文を入れる エントリーから+10pipsのところに指値注文を入れる ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 波の中の小さな波を少しずつ拾っていく  こちらのFXトレード手法は、もちろん利益を狙えるものですが、それと同時にトレードをゲームのように解釈し、相場のリズムにうまく乗ることを身体で覚えるという狙いもあります。  この考え方の軸になるのは、エリオット波動とフラクタル構造です。エリオット波動では、相場にはトレンド方向に進む推進と、トレンドといったん逆行する調整のリズムがあると解釈します。そして推進は5波、調整は3波で進行するのがエリオット…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第10回 スキャルピングスタイルの構築と手法②
    2020年6月19日
    淳一FXのスキャルピング教室|第10回 スキャルピングスタイルの構築と手法②
     第9回では、スキャピングスタイルの構築、手法の作り方や考え方などをご紹介させていただきました。今回も引き続き、スキャルピングのスタイル構築、手法作りに欠かせないルールや注意点などについてご説明いたします。  手法を作るにあたって意識していただきたいのは、「自分の得意パターンを見つける」ということです。スキャルピングでは、この得意パターンを見つけることで稼ぐトレードの第一歩を踏み出せます。  これは一朝一夕にできるものではなく、失敗や調整を繰り返しながら徐々にブラッシュアップしていく作業となります。この過程で重要になるのは、新しく作った手法が特定のパターンにどの程度マッチしているかどうかであり、できるだけ多くのデータ上にて検証を行う必要があります。 FX手法の検証方法  手法の有効性を確認するためには、専用のテスターソフトを用います(MT4でも簡単なテストは可能)。テスターは非常に便利で、過去のプライスデータを基に自動で検証してくれるものも多いのですが、機械的なテストになってしまう点には注意が必要です。テスター上で優秀なロジックが完成したとしても、プライス以外の状況が絶対的に異なる未来…
  • 詳細へ
    【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャル手法[スキャトレふうた]
    2020年6月5日
    【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャルピング手法[スキャトレふうた]
    FX戦略のポイント テクニカル:平均足、ボリンジャーバンド(期間20、偏差2) トレード時間軸:1分足(その他の時間軸にも応用可能) 狙い目の通貨ペア:ドル円 この戦略のメリット:新規も決済もシンプルで分かりやすい 平均足とボリンジャーバンドを組み合わせてエントリー 新規 ボリンジャーバンドの傾きが右上がりで、上昇トレンドであることを確認 平均足がボリンジャーバンドの-2σや-3σにタッチした後、陽線に変わったらエントリー 決済 平均足が陰線に変わったところで利益確定 直近安値に損切りをセットする ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 トレンドフォローの王道的な押し目買い手法  スキャトレふうたさんが教えてくれたのは、ドル円の1分足を主戦場としたスキャルピング手法です。テクニカル指標としては、平均足とボリンジャーバンドを用い、押し目買い/戻り売りを狙います。  FXの王道のトレンドフォローであるため、手順もシンプル。まずはボリンジャーバンドによりトレンドの方向が確認できたら、押し目を待ちます。その判断と…