スキャルピング

  • 詳細へ
    【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
    2020年7月6日
    【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
    FX手法のポイント テクニカル:トレンドライン、水平線、RSI(期間5) トレード時間軸:1分足、15分足、4時間足 狙い目の通貨ペア:ドル円、ユーロドルなどスプレッドが狭い通貨ペア このFX手法のメリット:全体の流れを見ながらトレードできる 新規 4時間足でトレンド転換後、安値に水平線を引いて、押し目(15分足の水平線まで下落し、RSIが20%以下)になるのを待つ 1分足の水平線付近で、RSIが20%から反転で買いエントリー 利確 1分足のRSIが80%に到達したら利益確定 損切り 4時間足で機能している水平線タッチで損切り ※「FX手法のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 スキャルピングでも4時間足から確認  村居孝美さんが、日々実際に行っているスキャルピング手法は、4時間足でのトレンド認識から始まります。最終的なトレードは1分足で行いますが、それより長い時間足の流れを確認することが非常に大切です。  具体的には、トレンドラインを引き、それをブレイクしてトレンド転換するタイミングを狙います。高値同士、安値同…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
    2020年7月4日
    淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
     第10回では、スキャルピングスタイルの構築や手法作りに欠かせないルール・注意点などを解説しました。今回は経済指標や要人発言を除くスキャルピングのチャンスタイムや注意すべき時間帯などをご紹介していきたいと思います。 FXタイムテーブルを把握することが重要  個人トレーダーの多くは優先する仕事や家事があり、日々限られた時間の中で練習や実戦取引を行わなければなりませんが、人間の集中力が持続するのは15分程度といわれており、集中や休憩するタイミングも大切になります。そこで注目したいのが「FXタイムテーブル」です。このFXタイムテーブルは、限られた時間の中で効率を高めたトレードをするための補助となります。  為替は世界共通の取引であることから、各国の基準レート算出(日本では9時55分の仲値)や株式開始などによるボラティリティの高まりをある程度予見することが可能であり、それを集中や休憩のタイミング調整に役立てることができます。また、実戦トレードでも練習でも集中力を高めると記憶に残りやすく、効率的な取引や勉強が可能となります。  FXで大きく負ける、失敗するときの大半は「他人の利益・チャンス」であ…
  • 詳細へ
    【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
    2020年7月3日
    【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー。ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
    FX手法のポイント 戦略:上位時間足で引いたラインのブレイクアウトを狙った順張り トレード時間軸:1分足、5分足、15分足、1時間足 テクニカル:1分足チャートに900EMAと1200期間のボリンジャーバンド、フィボナッチ比率 新規 上位足(15分足など)に高値・安値のラインを引く。トレンドが出ていれば1時間足も確認して高値・安値ラインを引く 引いたラインをブレイクまたはトレンド転換してから1分足で押し目買い・戻り売りのエントリー 損切り 引いた高値・安値のラインを見てダウ理論を応用した逆指値注文を入れておく 利確 レンジや高値・安値の値幅からフィボナッチ比率を目安に指値注文を入れる ※ここでは上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 上位足で環境認識 下位足でエントリー  順張りが得意な書道トレーダーの倉本知明さんが実践している手法は、ブレイクアウト後のスキャルピング手法です。  エントリーするのは1分足ですが、ブレイクアウトの要となる高値・安値のラインを引くのは15分足などの上位足です。また、1分足でも上位足の動きを確認できるよう表…
  • 詳細へ
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    2020年6月23日
    【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
    FX戦略のポイント テクニカル:水平ライン トレード時間軸:1分足 狙い目の通貨ペア:ドル円 この戦略のメリット:極めてシンプルで簡単、取引チャンスが多い 新規 1分足チャートで高値と安値に水平ラインを引き、その間にローソク足があり、レンジ状態であることを確認 高値・安値の中間あたりの価格になったらエントリー(買いでも売りでもOK) 決済 レンジの安値or高値に逆指値注文を入れる エントリーから+10pipsのところに指値注文を入れる ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 波の中の小さな波を少しずつ拾っていく  こちらのFXトレード手法は、もちろん利益を狙えるものですが、それと同時にトレードをゲームのように解釈し、相場のリズムにうまく乗ることを身体で覚えるという狙いもあります。  この考え方の軸になるのは、エリオット波動とフラクタル構造です。エリオット波動では、相場にはトレンド方向に進む推進と、トレンドといったん逆行する調整のリズムがあると解釈します。そして推進は5波、調整は3波で進行するのがエリオット…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第10回 スキャルピングスタイルの構築と手法②
    2020年6月19日
    淳一FXのスキャルピング教室|第10回 スキャルピングスタイルの構築と手法②
     第9回では、スキャピングスタイルの構築、手法の作り方や考え方などをご紹介させていただきました。今回も引き続き、スキャルピングのスタイル構築、手法作りに欠かせないルールや注意点などについてご説明いたします。  手法を作るにあたって意識していただきたいのは、「自分の得意パターンを見つける」ということです。スキャルピングでは、この得意パターンを見つけることで稼ぐトレードの第一歩を踏み出せます。  これは一朝一夕にできるものではなく、失敗や調整を繰り返しながら徐々にブラッシュアップしていく作業となります。この過程で重要になるのは、新しく作った手法が特定のパターンにどの程度マッチしているかどうかであり、できるだけ多くのデータ上にて検証を行う必要があります。 FX手法の検証方法  手法の有効性を確認するためには、専用のテスターソフトを用います(MT4でも簡単なテストは可能)。テスターは非常に便利で、過去のプライスデータを基に自動で検証してくれるものも多いのですが、機械的なテストになってしまう点には注意が必要です。テスター上で優秀なロジックが完成したとしても、プライス以外の状況が絶対的に異なる未来…
  • 詳細へ
    【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャル手法[スキャトレふうた]
    2020年6月5日
    【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャルピング手法[スキャトレふうた]
    FX戦略のポイント テクニカル:平均足、ボリンジャーバンド(期間20、偏差2) トレード時間軸:1分足(その他の時間軸にも応用可能) 狙い目の通貨ペア:ドル円 この戦略のメリット:新規も決済もシンプルで分かりやすい 平均足とボリンジャーバンドを組み合わせてエントリー 新規 ボリンジャーバンドの傾きが右上がりで、上昇トレンドであることを確認 平均足がボリンジャーバンドの-2σや-3σにタッチした後、陽線に変わったらエントリー 決済 平均足が陰線に変わったところで利益確定 直近安値に損切りをセットする ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 トレンドフォローの王道的な押し目買い手法  スキャトレふうたさんが教えてくれたのは、ドル円の1分足を主戦場としたスキャルピング手法です。テクニカル指標としては、平均足とボリンジャーバンドを用い、押し目買い/戻り売りを狙います。  FXの王道のトレンドフォローであるため、手順もシンプル。まずはボリンジャーバンドによりトレンドの方向が確認できたら、押し目を待ちます。その判断と…
  • 詳細へ
    淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
    2020年5月29日
    淳一FXのスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①
     第8回では、FXで最も重要だといわれる「メンタル」について、トレードに影響する意味や自分自身の問題点をピックアップし改善する方法などを解説しました。今回からは、スキャルピングスタイルの構築、手法の作り方や考え方などをご紹介していきたいと思います。 スキャルピングとは  スキャルピング(scalp-ing)には、「頭の皮を剥ぐ」という意味があります。FXで言い換えると「薄い皮を剥ぐように相場から小さな利幅を取る」ということになります。FXスキャルピングの定義は人によりさまざまですが、私にとってはあくまでもデイトレードの中の一つの手法であり、優位性が極端に高まった場所でのエントリーに特化し、かつ優位性が高い状態でイグジットする「優位性を最重要視したトレード」と考えております。  また、私のスキャルピングにポジション保有時間の概念はないに等しく、よくいわれる「短時間のトレード=スキャル」とは定義しておりません。トレード時間が1秒に満たない場合もあれば、優位性が保たれている限り数十分間ポジションを保有している場合もあります。  一般的なデイトレードでもテクニカルなどを用い、優位性の高まりを判…
  • 詳細へ
    淳一のスキャルピング教室|第8回 FXでなぜメンタルが重要なのか④[淳一FX]
    2020年4月28日
    淳一FXのスキャルピング教室|第8回 FXでなぜメンタルが重要なのか④
     第7回では、FXで最も重要だといわれる「メンタル」について、トレードに影響する意味や自分自身の問題点をピックアップし改善する方法などつづってまいりました。今回も引き続きメンタルについて別の視点から考えていきたいと思います。 毎年プラスが続く第3段階  この段階までたどり着くことができれば問題はなさそうにも思えますが「収益を増やす」という最も大きな壁に臨むことになります。「安定的に勝てるトレーダーなら簡単なのでは?」とも思えるこの行程ですが、実に多くの方が再び第2段階まで引きずり落とされるほど困難な過程であり、まさに己との戦いとなります。  一定期間、安定的に勝てるようになった方が収益の目標としてまず考えるのは、現在の仕事で稼いでいる年収です。これは最も身近な収入であるので比較しやすかったり、仕事を辞めて専業トレーダーになる基準にされることが多かったりするためですが、頭の中で具体的な数字が現れると必然的に1日あたりの収益目標を考えてしまうのが人間です。  仮に年収500万円の人なら営業日ベースの日当は約2万円ですが、この具体化された金額が一つの壁になってしまう場合があります。例えばトレ…
  • 詳細へ
    淳一のスキャルピング教室|第7回 FXでなぜメンタルが重要なのか③[淳一FX]
    2020年4月27日
    淳一FXのスキャルピング教室|第7回 FXでなぜメンタルが重要なのか③
     第6回では、FXで最も重要だと言われる「メンタル」について、トレードに影響する意味や自分自身の問題点をピックアップし改善する方法などつづってまいりました。今回も引き続きメンタルについて別の視点から考えてまいりたいと思います。 プラスやマイナスを繰り返すのが第2段階  この段階ではメンタルを気にかけ、冷静なトレードを心掛けてはいるものの1度の大きな損失で積み重ねた利益をなくしてしまう「コツコツドカン」が続いていたり、「ロットを上げると利益幅や勝率が下がる」「利益を欲張って失敗する」「良いときも多いのに調子が安定しない」など悪いことばかりではありません。とはいえ「資金は減りもしないが増えもしない」という、多くのトレーダーがぶつかる高い壁となり「最もつらく長い時期」になるかもしれません。これらの原因は手法もある程度関係しますが、やはり精神面が強く影響し「抑制面での抜け穴」や「相場から受ける心理的影響(自信喪失等)」「焦りからくるプレッシャー」などが主な問題(起因)として挙げられます。  第1段階同様、常に冷静な判断ができていれば、たとえドローダウンが続いても「合わない相場」だとロットを調整…
  • 詳細へ
    淳一のスキャルピング教室|第6回 FXでなぜメンタルが重要なのか②[淳一FX]
    2020年4月26日
    淳一FXのスキャルピング教室|第6回 FXでなぜメンタルが重要なのか②
     第5回では、FXで最も重要だと言われる「メンタル」について、トレードに影響する意味や自分自身の問題点をピックアップし改善する方法などつづってまいりました。今回も引き続きメンタルについて別の視点から考えていきたいと思います。 現状を認識して問題点を具体化する  現在の状況を「月単位で負けの方が多い」「月や年単位でプラスになったりマイナスになったりを繰り返している」「毎年プラスが続いている」と大きく3段階に分けたとき、それぞれの段階に特徴的な問題が存在します。自分自身の現状を把握することで問題点を具体化し、改善する方法を考えてみましょう。 負けの方が多い人は自ら負けを選んでいる  FXを始めたばかりの方だけではなく、手法やルールが完成して間もない方に多くみられる特徴的な問題は「損切りができない」「ルールが守れない」「負けが続くと取り戻すことしか考えられない」「勝ちが続くと大きく負ける」「上がる、下がるという思い込み(バイアス)が強すぎる」などがあります。心理的に「不安や恐怖、興奮状態」「自信喪失や過剰」であるが故に厳選されるべきポイントが甘くなり、失敗を認めることができない状態が引き起こ…