いいだっち先生

  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~損失を取り戻すのはなぜ困難なのか?~[いいだっち先生]
    2020年8月30日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~損失を取り戻すのはなぜ困難なのか?~[いいだっち先生]
    損失を取り戻そうとすると失敗しやすい  こんにちは、いいだっち先生です。前回レバレッジに関する誤解を説明しました。高いレバレッジで取引をすると通常よりも早く資金が減ってしまう……と誤解している一般トレーダーが多いからです。実際、レバレッジで取引するのはギャンブルだと思っていたり、レバレッジに対してマイナスのイメージを持っている方をこれまでに数多く見てきました。  しかしながら、1万通貨を運用する場合、資金が100万円であろうが10万円であろうが、100pipsマイナスだったならば、損失額はどちらも1万円と変わりません。何も知らずに危険と決めつけるのではなく、きちんと理解してリスク管理をすれば、レバレッジは非常に便利な仕組みになります。  昨今、多くのメディアやSNSで大きな損失を抱えたトレーダーさんが注目を浴びています。もはや大きな損失を抱えるのが一種のパフォーマンスや芸のようになっているのではないかと思えるほどです。そして、たいていはうまくリカバリーして、また大きな損失を抱える…を繰り返し話題になります。  いいだっち先生も大きな損失を抱えた方の配信を拝見したことがあります。そこで気…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~レバレッジに関する誤解~[いいだっち先生]
    2020年7月25日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~レバレッジに関する誤解~[いいだっち先生]
    レバレッジの誤解  こんにちは、いいだっち先生です。前回は2~3年勝っていたトレーダーが、その後なぜ消えていくのかをFX相場の歴史的背景から説明しました。たとえ何億と稼いで「億トレーダー」ともてはやされていても、相場から退場してしまっては意味がありません。また、昨今ではさまざまなメディアで脚光を浴びるトレーダーさんが台頭していますが、キャラクター先行が目立ち、トレード理論に疑問を感じることもあります。  FXでは、たまたま手法がそのときの相場にマッチして安定して勝っていける期間があるのです。すると、その後もずっと「このまま自分は勝ち続けていけるだろう」という幻想を抱いてしまいがちです。しかし、相場の大きな転換期が訪れると、その手法は通用しなくなり、「勝っているやり方で負けていく」現象が発生します。そうして今まで多くの有名なトレーダーさんたちが相場の世界から去っていきました。  毎度のことながら、相場の正しい知識や教訓が伝承されず、偏見やうわべだけの知識が残されていくのは非常に残念に思います。  FXの特徴として最たるものが、「レバレッジ」ではないでしょうか? FXのサービスが開始された…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ! 勝っているやり方で負けていく話(後編)~[いいだっち先生]
    2020年7月14日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ! 勝っているやり方で負けていく話(後編)~[いいだっち先生]
    円キャリー取引から暴落待ちの時代に  こんにちは、いいだっち先生です。前回は、最初の2~3年は勝っていたトレーダーがなぜ消えていくのか、その理由をFX相場の歴史背景を交えて説明しました。今回は、その後編になります。 【前編はこちら】 ・目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ!勝っているやり方で負けていく話(前編)~[いいだっち先生]  通信インフラの発達と共に2000年ごろからデイトレーダーといわれる人たちが出現し、世界的に円キャリー取引がはやりましたが、2008年にリーマンショックが発生すると共にスワップ金利目当ての手法が通用しないことが分かりました。いいだっち先生は、この時代を「第一期」と呼んでいます。  そして、いいだっち先生がFXを始めた2009年はギリシャショックから欧州危機が始まり、とにかく暴落待ちの「ショートは寝て待て」時代となりました。数か月ごとに暴落があったため、とてもじゃないけどロングポジションなんて長く持てませんでしたが、ショート一本槍で損切りなんかしなくても何とか勝てた時代でした。これを「第二期」と呼んでいます。 アベノミクス時代の到来(第…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ!勝っているやり方で負けていく話(前編)~[いいだっち先生]
    2020年6月21日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~賢者は歴史に学ぶ!勝っているやり方で負けていく話(前編)~[いいだっち先生]
    FXトレードの歴史をひも解くと見えること  こんにちは、いいだっち先生です。前回、「順張りは初心者向けなのか?」ということについて書きました。そもそも相場の世界に初心者向けという概念はなく、順張りと逆張りのどちらもそれぞれ難しいです。自身のレベルに合ったやり方ではなく、相場にフィットするやり方に合わせることが重要で、それぞれの通貨ペアの特性に合ったやり方を選択すべきなのです。また、順張りと逆張りはエントリーの方法論であり、出口である決済の方法論を蔑ろにしては勝ち続けられないということにも触れました。  昨今、さまざまなキャラクターのFXトレーダーが台頭してきており、そういった方々の発信を楽しませてもらっています。いいだっち先生がFXを始めた2009年ごろは、まだまだ情報が少なく、チャートソフトのMT4を解説してくれる著書やWebページを見つけるのも大変でした。なぜなら、2008年のリーマン・ショックで個人投資家のほとんどが壊滅状態となり、精力的に活動している人がさほど多くなかったからです。  いいだっち先生がFXを始めた時期から専業のプロトレーダーとして活動している人もいますが、どちら…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~順張りと逆張りはどちらが初心者向きか?~[いいだっち先生]
    2020年5月23日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~順張りと逆張りはどちらが初心者向きか?~[いいだっち先生]
    前回のおさらい  こんにちは、いいだっち先生です。前回は「損小利大の方法論」について書きました。損小利大は複数回のトレードで成立させるのか? それとも1回のトレードで実現するのか? どちらも利益を追求するための方法論で、一長一短があり正解はないのですが、利益を出し続ける方法論として、いいだっち先生はリスクリワードに沿った一度のトレードで損小利大を成立させる方法を確立させた方が良いと述べました。上がるか下がるかの予想よりも、こういった方法論の方が実はものすごく重要なのです。 順張りは果たしてFX初心者向きなのか  昨今、FXを教える方がとても増えてきたように感じます。それぞれユニークな方法論をさまざまなメディアで発信されていますが、一つ看過できない発信が目にとまりました。それは「逆張りは難しいので、初心者はまず順張りをした方が良い」という意見です。これは一見まともに見えるので、初心者ならば多くの方が納得するであろう内容です。順張りとは投資手法の一種で、上昇・下降のトレンドに乗ってポジションを取る投資スタンスのことです。これとは逆に、トレンドの流れに逆らって買いや売りポジションを取っていく…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~損小利大の方法論~[いいだっち先生]
    2020年5月12日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~損小利大の方法論~[いいだっち先生]
    いかにシンプルにトレードできるか  こんにちは、いいだっち先生です。為替相場というのは規模が大きいので情報も多く、そしてIT技術の発達で、さまざまな高機能ツールも多く出現しています。しかし、相場の世界において聖杯は存在しません。それは相場の歴史が証明しており、本当に聖杯が存在するならば相場の資金を独占することが可能なはずです。それが起きていないということは、「聖杯はない」ということ。つまり、どんなに高機能なツールでも「効果的なときもあればそうではないときもある」ということであり、あれこれ手を出しても「迷いが増えるだけ」で成果は大して変わらないのです。いかにシンプルにするかという方向へかじを取る方が効率の良いトレードを実践できるようになります。 効果的か否かで対処法は異なる  チャートにおける全てのツールやインジケーターは、効果的なときもあればそうではないときもあるという言葉に集約されます。したがって、効果的なときはどう対応し、そうではないときはどう対処すれば良いのかという問題に行きつくのです。これを解決するのが、「損小利大」という考え方です。効果的なときは利益を大きく伸ばし、そうでない…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~通貨や時間足などを絞ることの重要性〜[いいだっち先生]
    2020年4月19日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~通貨や時間足などを絞ることの重要性〜[いいだっち先生]
    取引通貨を絞り安全な取引を  こんにちは、いいだっち先生です。前回は「マイナー通貨には手を出すな!」「取引通貨を絞れ!」ということについて書きました。為替相場は取引ボリュームが膨大で、基本的にはいつでも売買が成立するので気にしない人が多いですが、マーケットでは事故が5〜10年スパンで発生します。専業トレーダーはもちろん、兼業のトレーダーでもトレードで稼ぎ続けていくのであれば、こういった事態に遭遇しないようにトレードポリシーを策定しておく必要があるのです。  そのために事故が起きにくいメジャーな5通貨(ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル)に絞って取引をしましょうということを書きました。具体的なアドバイスとして、メイン通貨ペアとサブ通貨ペア程度に絞って取引することをお勧めします。ちなみに、いいだっち先生はポンド円がメイン通貨ペアで、ドル円がサブ通貨ペアです。 時間足も絞れ!  為替市場は24時間オープンしていることもあり、非常に多くの手法が確立されています。皆さんも、何の手法を使えば良いか迷ったことがあるでしょう。そして、トレードに初めて挑戦するときは兼業トレーダーとして仕事をしながら取引を…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~FXの優位性を生かしたトレードをしていますか?~[いいだっち先生]
    2020年4月11日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~FXの優位性を生かしたトレードをしていますか?~[いいだっち先生]
    FXの優位性を生かすトレードとは?  こんにちは、いいだっち先生です。前回では誰も語らなかったFXの優位性について書きました。FXはゼロサムゲームではないので、自分以外に勝っている人がどんどん増えたせいで自分が勝ちにくくなるということは起きません。掘り出し物の奪い合いや優良銘柄、優良物件の取り合いもないので、いち早くお得な情報を入手する必要もありません。仮に雇用統計や経済指標の情報を事前に知っていたとしても、為替相場はその通りに動くとは限らないからです。  また、FXは土日以外なら自分のタイミングで好きなように売ったり買ったりできるため、他人との競争も不要です。ですから、他人より秀でるための特別なセンスや才能も不要で、一定水準の技量を習得するための努力だけが必要になります。  為替市場はマーケットの規模が膨大だという背景もあり、パイの奪い合いや買い占めが起きて買えなくなること、売り手がつかなくなることは基本的にありません。これがFX最大の魅力といっても過言ではないのですが、多くの方は気づいていません。  そして、これはマーケットが膨大という背景があって成り立っています。故にマイナーな通…
  • 詳細へ
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~なぜ誰も語らない? FXの優位性~[いいだっち先生]
    2020年3月24日
    目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~なぜ誰も語らない? FXの優位性~[いいだっち先生]
    なぜゼロサムゲームと誤解されるのか?  こんにちは、いいだっち先生です。前回までは決済理論について書きましたが、今号からは新しいテーマで書いていきます。FXの魅力やトレードに関するメリット(優位性)について、もっと深く知っていただければと思います。  いいだっち先生は、仮想通貨や株、先物などFX以外のトレードは全くしません。それは、FXには他の金融商品にはない魅力や優位性があるからです。FXトレードの優位性を知ると、他へ目移りすることがなくなり、ブレることなくFXの道を極めたいと思うようになるはずです。  FXを解説する記事で、たまに「FXはゼロサムゲーム」と論じているものを目にします。おそらく、株式投資と為替を混同させているのでしょう。FXは1998年の法改正により、銀行でなくとも金融庁のライセンスを受ければ為替を業として営むことが可能になりました。そして、2001年にインターネットのブロードバンドサービスが普及し始め、インターネットの常時接続が可能となり、個人でもチャートをPC画面で常に表示できるようになりました。デイトレーダーと呼ばれる人たちが出現するようになったのは、このころか…
  • 詳細へ
    2020年3月4日
    市場参加者の心理を利用したFXトレード術 どんぴしゃパターンはダブルトップ/ボトムを先見[いいだっち先生]
    戦略のポイント チャートパターン:どんぴしゃパターン トレード時間軸:主に1時間足 狙い目の通貨ペア:ポンド円、ドル円 この戦略のメリット:エントリーポイントが分かりやすく、再現性が高い ※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。 「安く買いたい」心理を利用するシンプルロジック 新規 価格が直近の安値に近づいているか確認 終値が直近の安値とほぼ同じ価格になったら買いエントリー 決済 1日の平均値幅や、いいだっちラインを目安に利益確定 反転せず終値で安値を割り込んだら損切り 市場参加者の心理がトレードの根拠となる  相場参加者は誰もが安く買って高く売りたいと考えており、直近の最高値と最安値が意識されます。例えば、再び最高値に近づくと、そこで売ろうと考える人が多くなるので、上昇トレンドが反転する可能性があります。その反転を狙っていくのがいいだっち先生のトレード手法です。  また、いいだっち先生は終値を重視しています。終値には全ての市場参加者の思惑が織り込まれているので、チャート形成にも大きく影響を与えていることか…