FX力を鍛える有名人コラム

ドラギECB総裁発言を受けユーロ上昇[阪谷直人]

昨日27日でのドラギ総裁発言、「デフレ圧力はリフレに変わった」が想像以上に影響がありました。

ドイツ10年債利回りは、0.24%から0.37%まで0.13%上昇、連れて、ユーロドルは1.1179から、昨年2016年8月以来の1.1349まで上昇。 

「ユーロ圏の景気は、回復の強まりと広がりを示している」
「しかしながら、インフレ基調が持続的かつ自律的になるためには、かなりの金融緩和が依然必要だ」

と同時に述べた内容には反応しませんでした。

「リフレ」、これはデフレーションからは抜け出したものの、本格的なインフレーションには達していない状況の事です。

つまり、もはやデフレでは無い、ただ、インフレ率の目標値2%弱は達成されていない、と言っています。

だからドラギ総裁が言うようにそのインフレ率の目標値2%弱を達成する為には、インフレも上向いているものの、依然としてECBの景気支援策が必要である、という事のはずです。 

では何故、昨日市場は大きく反応したのでしょう。それは26日のドラギECB総裁の発言で、「成長率が持ち直すまで低金利は低いままである必要」と述べ、ECBの金融政策に対する大規模緩和策の妥当性を強調し、市場ではユーロが下落しました。

ドラギECB総裁による金融緩和策の継続が改めて意識され、市場は更なるユーロの買いは難しいと判断し、ドイツ10年債利回りは、0.26%から0.24%まで低下しました。

まさにその翌日の「デフレ圧力はリフレに変わった」発言に、市場・投資家が大きくポートを組みなおし、それがドイツ債権に現れたと想定します。ユーロ相場はそれを見て、ユーロ買いで反応しました。

ただ、ドラギ総裁は今後もECBの金融緩和策政策の変更には慎重な姿勢を貫くと思われるので、この後はあくまでユーロ圏の経済指標、インフレ率の動向次第であり、このままこの後ドイツ10年債利回りが上昇するとは思えず、ユーロドルの上値も限定的と見ています。 

しかも、足元で弱い米国の経済指標が続いていますが、早晩指標も持ち直して来るでしょう。そのためには、オバマケア修正案や、トランプ政権の財政刺激策が必須なのですが、時間はかかるとは想定しますがこちらも成立するでしょう。とすれば仮にユーロ金利が上昇したとしても、ドル金利の上昇はそれを上回ると想定されるので、その意味でもユーロドルの上値は限定的と想定します。

(6/28 14:17)

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい