FX力を鍛える有名人コラム

淳一FXのスキャルピング教室〜なぜ億越えトレーダーにスキャルパーが多いのか?|第2回 実は単純!スキャルピングトレード!

淳一FXのスキャルピング教室〜なぜ億越えトレーダーにスキャルパーが多いのか?|第2回 実は単純!スキャルピングトレード!

 第1回では、誤解されがちなスキャルの実像としまして、「スキャルピングを選ぶ参加者は少ないのに成功者は多い」「多くの常勝FXトレーダーが好んで使う手法である」「結果的なメンタル負荷が少なくて済む」などのお話をさせていただきました。その上で、今回はFXスキャルピングの基礎や、私が実践してきた勉強方法などを綴っていきたいと思います。

FXスキャルピングの基本

 時間が短い、少ない獲得pips…などと単純に区別されることが多いスキャルピングですが、これは間違った理解であり、実際は「狙い方やトレード姿勢」にあります。

 例えば一つの標準的なトレード手法として、上位足のトレンド方向に対して押しや戻りを待ち、反転サインの確認でエントリーという順張りをする場合、これはスキャルでもデイトレード、スイングトレードでも理念上はパターンとして同じです。しかし、実際のトレードでは反転の基準やストップラインは数多くあり、それらを精査することでスキャルピングならではの“優位性のより高いポイント”が存在します。さらにこのポイントは、時間軸や波形(チャートを全体的に見たときに描く山と谷)の小ささゆえに、他のスタイルと比較にならないほど頻繁に出現します。

 イグジットに関しても、デイトレやスイングでは一つ以上の波形、または上位足の波形や、テクニカルラインまで利益を狙います。それに対してスキャルピングでは、同じ時間軸の波形完成前や直近の抵抗前、特定のテクニカルラインというように、優位性が一定以上低下する場所をイグジットの基準としますので(基準はボラティリティやスキャルパーによって異なります)、必然的に非常に高い勝率を得ることが可能となります。なお、損切りに関しても優位性が一定以上に低下するポイントが基準となります。

 このような書き方をすると「やっぱりスキャルは難しい」と思われるかもしれないですが、難しく考える必要は全くありません。「優位性が高い所だけ狙う」という極々単純なトレードスタイルであり、数パターンのルールを構築できればあらゆる局面がチャンスとなります。

単純に考えるから良い

 単純な作業の繰り返しは、時としてストレスがたまるかもしれません。ですが、トレード中に相場から受けるストレスの多くは、監視している時間に対してチャンスが少ない場合や、想定と結果が伴わないときほどたまります。その点においてスキャルの場合、普段からチャンスが多く、必然的・相対的に高い勝率を目指すこととなりますので、相場から受けるストレスはたまりにくいといえます。

 単純な作業にトレードの楽しさはありませんが、遊びではなく仕事だと割り切って考えることで、お金が増える結果につながり、増えたお金で私生活を楽しむことができれば、それこそが本来の運用目的ですよね。

 単純なトレードだからこそ、ストレスやメンタルの負担が抑えられ、良い結果につながるのです。

FXのスキャルピングに必要な情報

 トレード前に必要な情報は、主に「環境認識・背景認識・相場心理・テクニカル状況・抵抗ライン」などです。そして「相場観を持ち、戦略立て」を行います(これらは有料メルマガで配信しております)。

 大切なのは、自分のトレードに対して、最低限の情報に止めておくことです。デイトレードなど他のスタイルを現在選択しているのであれば、中長期的に必要な分析や情報は簡略化させ、時間軸を下げた分析に重点を置き換えることでおおむね対応できます(ただしテクニカル指標についてはスキャルに合ったパラメーターの変更などが必要)。特にスキャルでは抵抗ライン前後がチャンスポイントとなる場合が多いので、意識された抵抗を探すことが最も重要となります。

お勧めのスキャルピング練習方法

 私がお勧めするのは、何よりチャートの監視と、小ロットによる実戦トレードです。

 テスターやデモトレードは、テクニカル的な優位性の把握や調整、システム的な練習には大変便利ですが、外部環境(ファンダや他の指数)を併せた検証が難しかったり、ノーリスクであるがゆえにFXで最も重要なメンタルトレーニングにならなかったり、本当の意味でトレードの練習として適しているとはいえないのです。

 初めてスキャルをされる方が、いきなり実戦となるのは抵抗があるかもしれませんが、最低限の基礎や基本概念を学んだ上で、スピードも緩く情報が最も多いドル円にて、最低ロット(1000通貨や100通貨から取引できるFX会社も増えています)での練習が何より勉強となり、メンタルトレーニングにもなります。

 デイトレードをされている方であれば、手法をそのままに時間軸を5分足や1分足に変更し、エントリーサインやイグジットサインが機能しているか見てください(トレードはしないで構いません)。結果、ある程度有効に機能しているのであれば、最小ロットでの実戦を繰り返し、より優位性の高いエントリー・イグジットポイントを探します。

 この方法のままでは短いデイトレードになりますが、優位性を重視したポイントでの取引ができるようになれば、スキャルピングとなります。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

次回テーマ

「自分専用のスキャルピングスタイルを構築する(仮)」と題した内容を書く予定です。スキャルパー同士でもスタイルはさまざま。資金や性格など加味したスタイルの構築方法を、スキャルピング手法と共にご紹介させていただきます。

※この記事は、FX攻略.com2018年11月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい