ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第5回 レンジはレンジでも質の異なるレンジの話

皆さん、こんにちは! 今回はレンジについて考察したいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです

【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】
第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために
第2回 手法探しの旅からの解放
第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー
第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング

相場環境の仕分け

私たちは、日々のトレードシナリオを想定するとき、必ずレンジ状態かトレンド状態かを把握していかなければなりません。この認識が曖昧であれば、まずエントリーシナリオがあやふやになります。そうなると、もちろんトレード自体も中途半端になってしまいます。これでは継続的にトレードで利益を上げることができません。

私は初心者のときに、レンジとトレンドという言葉を教えてもらい、分かったつもりで果敢に実トレに挑みしたが、全く勝てませんでした。

そんな経験から、「トレンドとレンジの仕分け」をこの虎の巻の冒頭から強く推奨しておりますが、そのレンジにも実は質の異なるものが存在します。

二つのレンジ 

この質の異なるレンジとは、「トレンドレス」と「トレンドの中段保ち合いのレンジ」の違いです。

トレンドレスのレンジ

トレンドレスはチャート①のような状態を指します。名前の通り、その時間足においてトレンドが全く出ていない状態をいいます。このような相場では、トレンドフォロー手法を使うことはご法度ですし、前回お伝えした真の押し目を狙うことを期待してはなりません。

もし、あなたがトレンドフォロワーなのであれば、こういった相場でサポレジ付近に値が来たときにブレイクすることを期待してしまうでしょう。何なら、ちょっと早いけどブレイク前に仕掛けてしまい、痛い目にあったこともあるのではないでしょうか。

このトレンドレス状態になっている時間足よりも上位の足、例えばトレンドレスが1時間足であれば、日足は陰線と陽線が混合しているような状態になっています。売りを仕掛けて24時間ポジションを保有していたら、建値まで戻ってきてしまうような相場ですので、短期的なトレードが向いている相場環境といえます。

このレンジも、いずれサポートラインかレジスタンスラインがブレイクされてトレンド発生となりますが、アップトレンドが発生するのか、ダウントレンドが発生するのかは容易に判断できません。トレンドレスを認識している時間足よりも上位の足を複数絡めながら判断することになります。

トレンドの中段保ち合いのレンジ

このトレンドレスのレンジとは全く質の異なる、トレンドの中段保ち合いのレンジが存在します。このレンジはチャート②のような状態を指します。

こちらのレンジはその名の通り、同一のトレンドが発生している間(中段)に形成されます。直近のトレンドを継続するために力をためている場面です。例えば、このレンジ形成が1時間足で出現したと仮定すると、トレンドレスのレンジ幅より比較的ボラティリティが小さくなります。

基本的にはどの時間足であっても、トレンドレスのレンジ幅より、トレンドの中段保ち合いの方がボラティリティは小さくなるという特徴的があります。

【関連記事】
実践編2|相場の動きを知る!トレンド・レンジ相場・トレンドフォロー

それぞれのレンジの特性を生かしたトレード方法 

同じレンジであっても、この二つは大きく違います。したがって、エントリーやイグジットにおいてはそれぞれの特性を生かさなければなりません。

レンジ相場なので、どちらの場合もエントリーは逆張り的に入っていきます。詳細については次号の解説をお待ちください。イグジットは、トレンドレス相場では利益確定のターゲットをレンジのサポレジ内に設定しますが、トレンドの中段保ち合いのレンジは、レンジブレイク後のトレンドの部分も狙うため、レンジ内で決済することはありません。

このように二つのレンジを見分ける一番の理由は、利益確定のターゲットが全く異なるためです。伸ばせるはずの利益が伸ばせなかったり、潔く利確をしておかなければならない場面でタイミングを逸し、利益が減ってしまうことをできるだけなくすには、この二つのレンジをしっかりと見分けられるようになる必要があります。

相場の多くはレンジ状態です。そのレンジ状態をどのように仕分けて見やすくするかも自分次第です。

まとめ 

本連載では、一番大切なのは「トレンドとレンジを仕分けること」と、繰り返しお伝えしています。さらにその上で、レンジも2種類に分けることで、より手法を使い分ける能力が高まります。

最も分かりやすくこの二つを見分けるには、今あなたが認識しているレンジの直前に、誰が見ても分かりやすいトレンドが発生しているかを認識することです。

ぜひ、その目線でチャートを見てみてください。

※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです

【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】
第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために
第2回 手法探しの旅からの解放
第3回 トレンドの始まりと終わり、真の押し目・戻り目エントリー
第4回 真の順張りのエントリーとイグジットタイミング

【関連記事】
【ボリンジャーバンド+移動平均線】レンジ相場で逆張りスキャルピングFX手法[ケッティー]
金融を知らない主婦がFXで勝てるようになった勉強法[ケッティー]
MT4入門編④|有名トレーダー6名のMT4分析環境を大公開!

ケッティーの写真

ケッティー(けってぃー)

ごく浅のストップロスで大きく利を伸ばす天底トレードが特徴の主婦トレーダー。子育て中のため、『ながらトレード』を日々実践、研究中。常識にとらわれないトレードがモットー。口を開けば上沼恵美子張りの軽快なトークで、日本一笑いあり涙ありの実践に役立つセミナーを全国で開催中。

公式サイト:双子子育て主婦ケッティーのFX

Twitter:https://twitter.com/FXketty

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCoUfXozCQx6G600NV4uZ6_w

FX力を鍛える有名人コラム | ケッティー | ケッティーのFXテクニカル虎の巻 | テクニカル分析手法の最新記事
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第9回[YEN蔵]
コロナ禍のなか消去法的に買われる通貨は?[雨夜恒一郎]
FXは借金してまでするべき? – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
人工知能と相場とコンピューターと|第7回 Appleの登場[奥村尚]
期限の迫るブレグジット。合意は如何に[井口喜雄]
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第三章> 第13回
ディーラー歴30年超のベテランから見たトレンド・レンジの実態[水上紀行]
バイデン勝利とワクチン期待によるドル上昇は一過性[雨夜恒一郎]
歴史的トレンド相場から学ぶトレンド攻略のハウツー[遠藤寿保]
インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第6回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart3「量的・質的金融緩和」とは? その②
最初の武器(手法)の見つけ方[田向宏行]
バイデン政権で恩恵を受ける通貨は?[井口喜雄]
続けることに意義アリ!トレードノートの有効性[香澄ケイト]
FX初心者の勝率が鬼くそ上がる考え方 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第13回 ダブルトップ/ボトムの本質[神藤将男]