豪ドル円のループイフダンB80_80の運用結果を毎週報告[秋川匡人]

FX攻略.com読者のみなさん、おひさしぶりです。兼業トレーダーの秋川匡人です。昨年夏に何回か書かせていただいて以来となります。

昨年から連続発注をメインとしたFX運用をしていますが、商品は外為オンラインのサイクル注文から、アイネット証券のループ・イフダンに変わりました。これはもう単純に手数料の違いです。今の時点でループ・イフダンは、もっとも取引コストが安い連続発注であり、なおかつスワップポイントも多いです。

そしてこの4月から、豪ドル/円のループ・イフダン、B80_80(新規と利食いが80銭間隔)の運用を始めました。いろいろあるなかから、なぜこの運用方針を選んだかを、ここでは解説していきます。

豪ドル/円を選んだ理由

現在アイネット証券のループ・イフダンでは、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円を運用できますが、そのなかで一番証拠金が少ないのが豪ドル/円です。

さらにもっともスワップポイントが多いも豪ドル/円となります。またボラティリティも、米ドル/円よりは大きいです。

必要な資金が少なく、スワップポイントが期待でき、それなりに値動きする豪ドル/円がベターではないかという判断です。

なぜB80_80(80pips幅で新規建て、利食い)なのか

一般的に連続発注は、イフダン同士を仕掛ける幅が狭いほうが、より細かい値動きを利益に変えられるため、利益は大きくなると考えている人が多いように思います。ある時期まで自分もそう考えていました。

ですが、ポジション数を減らし、1回のトレードで狙う値幅を広くしたほうが、スプレッドとして支払うコストが少なくなり、結果的にたくさんポジションを持つより利益がたくさん出るんじゃないか、という仮説を今は持っています。根拠らしい根拠も一応はあります。

自分のブログで、毎週の収支報告を完全公開しています。今後どうなっていくか楽しみです。またループイフダンとトラリピ、iサイクル注文の比較も行っています。もしよかったらアクセスしてみてください。

ループイフダンなど連続発注を研究するメディア「TRADE12」

秋川匡人の写真

秋川匡人(あきがわくにひと)

東京都在住の兼業トレーダーで、住宅ローンを抱える二児の父。某製造業で働きつつ、FXトレードに精を出す。2013年から本格的にFXを開始。テクニカル分析主体の考え方で、スキャルピングやデイトレ、自動発注系ツールの活用、高金利通貨のスワップ運用など幅広い発想でFX投資を行ってきた。現在は、ループ・イフダンを主体に運用を行っている。

公式サイト:TRADE12

Twitter:https://twitter.com/akigawa_fx

FX力を鍛える有名人コラム | 秋川匡人の最新記事
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|年末に向け上昇が多発、今年も!?秋の為替相場のアノマリー】
米大統領選へバイデン氏優勢も不透明感は残る[井口喜雄]
カニトレーダー式FXを収入の柱にする8つの鉄則|鉄則7 FXは週末でうまくなる!
寧静致遠(ねいせいちえん)[森晃]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
市場を覆う3つの不透明要因[雨夜恒一郎]
米大統領選へ向けたテレビ討論会の勝者は!?[井口喜雄]
ミラートレーダーの「Tスコア」をどう活用するか[中里エリカ]
市場に漂うトリプル・ブルー期待とは[雨夜恒一郎]
高田資産コンサル流・ドル円分析(2020年10月18日)[高田智雄]
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第12回
インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第5回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart2「量的・質的金融緩和」とは? その①
FX初心者に伝えたい資金管理のポイント – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
ブレグジット再び緊張高まる[井口喜雄]