FX力を鍛える有名人コラム

米金融政策に手詰まり感 株価上昇トレンドにも異変?[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向  2020年6月15日号

先週のドル円相場は

FOMCでイールドカーブ・コントロールが協議されるとの米紙報道を受けて、ドル売りがにわかに強まった。FOMCでは、新たな政策決定はなかったものの、メンバーの大半が2022年末までゼロ金利を維持すると予想していたことから、107円台を割り込む展開。NYダウが1900ドル安となった木曜日には一時106.58円まで下落した。ただ金曜日には株価が反発したことからドル円にも買い戻しが入り、107.55円まで持ち直して週の取引を終えた。

ゼロ金利が2年以上続く公算

改めてFOMC声明の内容を確認してみよう。(FOMC声明全文はこちら

第3パラグラフでは、現在のコロナ禍について、「短期的に経済活動、雇用、インフレの大きな重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすだろう」と述べ、リスクは短期にとどまらず中期にわたると予想している。

そして経済がこの危機を乗り切り、「雇用最大化と物価安定の目標を達成する軌道に乗ったと確信するまで」現在の政策金利を維持すると述べている。軌道に乗るという基準はあいまいだが、確信が持てるのはかなり先になることは間違いない。

メンバーの金利見通し(ドット・プロット・チャート)によると、17人のメンバー全員が来年末まで、17人中15人が2022年末までの金利据え置きが適切と回答している。これはほぼフォワードガイダンス(市場との約束)と同等と考えていいだろう。

少なくとも向こう2年半は金利がゼロに据え置かれるとすれば、ドルにとっては相当な重しとなる

ドット・プロット・チャート

ドット・プロット・チャート 出所:FOMC付属資料

金融政策に手詰まり感

パウエルFRB議長は会見で、金利が下限に達した時の標準的な手法は、明確なフォワードガイダンスと資産購入だと述べた。

一方、イールドカーブ・コントロールについて、海外の事例をもとに議論したことは認めたものの、「なお議論の余地がある」と慎重な姿勢を示した。またマイナス金利については言及すらしなかった。

FOMC声明の冒頭では「あらゆる手段を行使する」と表明しているが、①ゼロ金利、②フォワードガイダンス、③資産購入という手段がすでに行使されていることを考えると、手詰まり感が出ていることは否めない。

今後の米国株式市場は、経済活動再開によるユーフォリアが一巡する一方、金融政策の手詰まりが失望感となって足元を脅かす可能性が出てきた。ナスダックが1万ポイントを達成したことで、市場全体がしばらく調整局面入りとなる可能性もある。

恐怖指数VIXも、3か月近い下落トレンドから反発に転じ、下値波乱に備える動きが出ているようだ。

コロナ第二波のリスクや、株価二番底のリスクは消えたわけではなく、過度の楽観は慎むべきだろう。ドル円に対しては再び下値警戒感を持って臨みたい。

VIX指数

VIX指数 出所:StockCharts.com

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい