FX力を鍛える有名人コラム

基準になる値幅から反転反発ポイントを割り出す方法 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]

【犬トレーダーがるちゅーぶFXX】[Masato Shindo]]

「トレンドの終点や反転反発するポイント」っていうのは必ず過去に基準となる値幅がある、という話を今回はしようかなと思っております。

現在、未来、過去とチャートは色々ありますけども…色々はないか(笑)、未来のチャートっていうのは現在と過去を基準に決まるもんだ、というのを説明したいなと。

反転反発の理由を過去の値幅から探る

例えば、このチャート(図A参照)でいくと、緩やかな上げがあってドンと上げてきてもういっちょ上げてきたというパターン(図A①参照)。

反転反発チャート例

このリズム、リディム? ズーリム?(笑)、こういうのは結構あって。ポーンと上げてもじもじしていて下がると思いきや上げてくる。

高値更新したんで下がると思いきや上げてくる、というのは割とよくあるチャートパターンかなと思います。

こういうところの理由、なんでこの2か所(図A②参照)で反転反発してんのかっていうのをですね、過去の値幅から求めていくことになります。

例えばこれでいうと(図B参照)ここを切り上げていってるんでこんな感じ(図B①参照)で基準になるラインを引いてみましょう。

反転反発チャート例

この値幅(図B②参照)を基準に2段上げてきた(図B②参照)と。これをどんどん上に展開(ラインを追加)していきます。つまりこんな感じ(図C参照)になります。

反転反発チャート例

ちょっとざっくりですけどこれでいくとこの基準の値幅(図C①参照)が仮に0.5だとしたらこれを1の基準(図C②参照)として上に展開していると。

ここ(図C③参照)を見ると、値幅3(図Cで一番下のラインが値幅0となる)のラインを上に0.5抜けたところで反転しているというような感じになっています

「ここ(図C③参照)で一回止まっている理由は何か?」と考えるときに、過去のチャートでラインを引いて基準の値幅を作り、その基準の値端を元に分析するということが大切になってきます。

過去チャートから“基準のライン”を引けるようになろう

つまり現在の相場環境を調べたい場合は、必ず過去のチャートから基準のラインを引いてください

過去のチャートから基準になる値幅を探してですね、それを展開していってどういう可能性があるのかっていうのを必ず見ておく必要がございます。

このチャートは一般的に言われる「3段上げ」の形でしょうか。1、2、3段上げて1段分下げて、そこから高値更新して0.5出したところで下がってくると。よくありますよね、こういったパターンは。

このようなパターンも覚えておけばどうかなと、わかりやすいんじゃないかなと思っております。

まとめると、基準の値幅を元にラインをどんどん展開していくっていうのが大切なので、そういったことを一つ一つ自分の力でチャートを見ながら発見していけば、もっともっと値動きに対する理解が深まるんじゃないかなと思います。

今回は以上でございます。

億り犬が教える「FX裁量トレード」Garutube FX

がるちゅーぶFX

投資ECメディア、GogoJungleが運営している投資コンテンツ配信サービス「投資ナビ+」で、Masato ShindoさんがYouTube動画をびしびし投稿中!! 動画の方がもっとFXを笑いながら学べる!? 実践的なトレードを本気で学びたい人はぜってえ来てくれよな?!?! 

 

「犬トレーダーが教える億トレへの道【FX稼ぐ力】」連載記事まとめはこちら

ABOUT ME
Masato Shindo
Masato Shindo
実業家兼トレーダー。世界一稼ぐ犬として億単位の運用を資産。2020年コロナショックを経て、一人ひとりが稼ぐ力を持つ必要性を強く感じ【トレードコミュニティ稼力】を設立。Youtubeなどで「相場の仕組みと原理原則」を公開し負け組95%の相場の世界に革命を起こそうと思ったり思わなかったりしている。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい