FX力を鍛える有名人コラム

第二の障害「確率と利幅」確率を理解していない人の多くは手法ジプシーになる[月光為替]

前回までで「FX業界での情報の氾濫」に対するお話しをしていきました。 今日からは「確率と利幅」という障害についてお話していきたいと思います。

FXで必要な確率の知識とは

FXに限らず、マーケットの世界では、確率という言葉が良く出てきます。確率というと、学生の頃苦手だった方が多いのではないでしょうか。ただ、トレードにおいて理解しなければならない確率というのは、そう難しいものではありません。

10回中3回勝つなら、勝率30%。10回中8回勝つなら勝率80%です。 これくらいで十分です。簡単ですね。

では、例えば貴方が、勝率80%の手法を手に入れたとしましょう。かなりの勝率です。 今日からウキウキ気分でトレードを始めました。

1回目、無事に勝利です。二回目、これも無事に勝利。もう気分はどんどん上がっています。3回目、負けました。まぁこんなこともあるでしょう。4回目、負けです。そして5回目、また負けました。

え? 勝率80%じゃないの? これって詐欺じゃない?

結論から言うと、これではまだ詐欺かどうかわかりません。勝率80%でも、3連敗、4連敗とすることはあります。ですが、ここがほとんどの人がひっかかってしまう、確率の罠なのです。

貴方は今サイコロを持っています。全ての目の出る確率は1/6です。これを6回振ったとします。 では、本当に確率通り、全ての目が1回ずつ出るでしょうか? 考えてみてください。

普通に考えて出ませんよね。1が3回出て、あと4,5,6が出たけど2と3は出ていない、なんてことが普通にあると思います。

では、回数を増やしていきましょう。たとえば、60回、600回、6000回…、 6000回くらいやると、勿論誤差はありますが、だいたい1000回ずつくらいそれぞれの目が出るんじゃないでしょうか。

確率の罠に騙されるな!

これが、確率の罠です。つまり、確率というのは、回数をこなしてはじめて効いてくるものなのです。

勝率80%でも、3連敗4連敗することはあるんです。問題は、100回200回トレードした時に80%から大きく外れているかどうかなのです。

でも、ほとんどの人はこれが理解できません。連敗すると、すぐに諦めて別の手法を探しに行きます。その結果、手法ジプシーになってしまうのです。

確率は、初心者の間に、本当に理解して頂きたい部分です。少し退屈かもしれませんが、次回ももう少し、確率についてお話していきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい