FX力を鍛える有名人コラム

【Dealer’sEYE】「マイナス金利」VS「リスクオフ」[井口喜雄]

こんにちは トレイダーズ証券の井口喜雄です。

先週金曜日に黒田バズーカ3が発動しました。何通りかのシナリオを想定しており、マイナス金利も頭の片隅にはありましたが、本当に実地するとは思いもよらず、ディーリングルームは一瞬騒然となりました。

発表後に円は売られ、ものすごい勢いでドル円は一気に3円近く上昇しました。その後は乱高下こそありましたが、結果121円台をキープして週末クローズを迎えました。週明けは勢いをそのままに30PIPほど上窓を開けてオープンとなりましたが、その後は勢いをなくし、原油が大台の30ドルを割れるとともに120円を割れる展開となっております。

今週の展開は?

さて、今週の展開ですが、マーケットはマイナス金利の解釈に迷っているようで、明確な方向感が出ていません。

素直に考えれば円売りですが、欧州が先行して行ったマイナス金利の効果は限定的であったことを考えると、円安誘導するには限界があるように思えます。であれば、中国情勢や新興国の経済状況、原油価格など外部要因からなるリスクオフの波にのまれてしまう可能性があります。構図としては「日銀マイナス金利」VS「リスクオフ」の展開ですが、現状はリスクオフ地合いが優勢なため、なかなか強気一辺倒にはいかないと考えます。

また、月曜日に発表された米ISM製造業のでは予想を大きく下回る48.2と、好不況の分岐点である50を下回ったことで年4回の利上げペースには不透明感が一層たかまっています。そうしたなか、今週金曜日には米雇用統計が予定されております。仮に予想が下振れした場合は年4回の利上げペースが剥落するため、下値警戒姿勢を幾分強めておく必要があります。

テクニカル面では、強いファンダメンタルが主導の相場となったため、短い足は機能しづらくなっておりドル円は200日移動平均線(赤線)が目先のターゲットとなりそうです。ワンタッチこそありましたが、200日移動平均線のさしかかる121.50付近を終値ベースで明確な上抜けができるかが焦点です。下値は日銀発表前の118.50円レベルでは一旦下げ止まると見ています。

ドル円は200日移動平均線(赤線)が目先のターゲット

ドル円は200日移動平均線(赤線)が目先のターゲット

■売買比率

売買比率

マイナス金利から円の先安観が色濃く残っており、120円割れは押し目を買いのチャンスと見る市場参加者が多く70%以上が「ブル」となっています。先週もお伝えしましたが、「投機筋ドル売りvs国内個人投資家ドル買い」という構図がより鮮明になっており、世界的なリスクオフか円高局面となった場合、投機筋の下攻めからロスカット巻き込みのシナリオには十分警戒しておきましょう。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい