楽天MT4新規口座開設
トレイダーズ証券

米テーパリング議論の再燃か[井口喜雄]

FRB

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

米テーパリング議論の再燃か

今、マーケットのテーマは「各国のテーパリング(量的緩和策や金融資産の買い入れを減らしていくこと)開始時期はいつなのか」となっています。先進国ではカナダが先陣を切り、イギリスも追随している格好です。実際にカナダドルやポンドは上昇しており、感度の良さが伺えます。そして次にテーパリングに向かうと言われているのが欧州とされており、ECBは、6月にもパンデミック緊急購入プログラムを縮小させる可能性がありそうです。

アメリカは先週発表された米雇用統計の大幅悪化でテーパリング期待は剥落していましたが、昨日発表された米消費者物価指数(CPI)がポジティブサプライズとなったことで再び意識される展開です。CPIはコンセンサスが3.6%だったのに対し結果が4.2%と非常に強い結果となり、マーケットも過度なインフレを警戒する形となりました。さらにこの結果を受けてクラリダFRB副議長は今回の上昇が短期的でないとするならば「FRBは行動する」と発言しました。ドルは大きく買いに傾き、ドル円は一時109.78円まで急伸しています。

FOMCメンバーの発言続く

昨夜のクラリダFRB副議長の発言はマーケットに衝撃を与えましたが、本日もFOMCボードメンバーや各連銀総裁の発言が続きます。CPIの結果が非常に強かったことを受けて早期のテーパリングが意識された場合、6月のFOMCや8月のジャクソンホール会議あたりがターゲットとして織り込まれてきそうです。

本日はバーキン・ブラード連銀総裁とウォラーFRB理事の発言が予定されており、要警戒と言えるでしょう。また、各国がテーパリングの話題で持ちきりの中、日本にはその兆候すら見えていないことを考えるとクロス円はもう一段上と考えるのが合理的なのかもしれません。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報
トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報 トレイダーズ証券は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングスのグループ企業。「みんなのFX」は初心者から上級者まで安定した人気...
ABOUT ME
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい