FX力を鍛える有名人コラム

米景気に疑心暗鬼、どうなる米利上げ[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

先週の米雇用統計では久しぶりにディーリングルームがざわつくほどのネガティブサプライズとなりました。

この結果を受け、イエレン議長は講演で米雇用統計に対し「失望した」として、利上げ時期についての特定も控えるなど、6月の利上げは事実上なくなったと考えていいと思われます。

イエレン議長のスタンスは変わらず

とはいえ、イエレン議長は「雇用統計は単月のデータを過度に重視すべきではない」と強調しており、次回の雇用統計の数値次第では7月の利上げの可能性を残しています。FOMCメンバーによる利上げキャンペーンにあったように7月以降、大統領選が本格化すると利上げが一段と困難になるため、できるだけその前に利上げを実施したいというスタンスは変わっていないようです。

しかし、注意しなくてはならないのが、直近の米景気です。雇用統計のほか、労働市場情勢指数や、ISM非製造業も大幅に悪化しており、堅調だった米経済が変調をきたし始めているのかもしれません。

次の注目は日銀金融政策決定会合

さて、来週のFOMCで米利上げがなくなると判断した一方で、日銀金融政策決定会合はどうでしょうか。アナリストのレポートを見ると大きく円高に振れたことで、来週はなんらかの緩和があるのではと言われております。しかし、前回会合では現状維持で梯子を外されただけにマーケットは慎重になっており、前回のように噂では円安にはならないと思われます。

また、日銀は金融政策の限界を意識しており、これ以上のスピードで突き進むと取り返しがつかなくなると感じているはずです。緩和があったとしてもマイナス金利や、国債の買い入れは小規模の緩和にとどまると予想しています。

来週のビックイベントを控えるなか、動きにくいのはたしかですが、FOMCや日銀の発表は円高要因となりやすく、Brexitも残留派と離脱派が拮抗しており、リスクオフ地合いでの下押しの速さを考慮した場合、バイアスはやや弱気で臨むべきかと思います。

金曜日の大陰線からテクニカル的な反発はありましたが、一目均衡表基準線や、雲下限が位置する108.80円は上抜けられないとみています。このようなきれいな大陰線がでた場合はトレンドチェンジの可能性は高く、シンプルに考えれば下値をトライしていきます。当面のターゲットは先月安値の105.54円となります。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい