FX力を鍛える有名人コラム

利上げがマーケットにおよぼす影響は?[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

今週は27日にFOMC、29日に日銀政策決定会合と2つのビックイベントが行われます。

今夜のFOMC予測

まず、今夜のFOMCですが金利は据え置きがコンセンサスです。イエレン議長の発言も予定されていないため、声明文の内容から9月もしくは11月、12月に利上げがあるかどうかが読み取れるかが焦点になります。現時点でFedWatchの利上げ予想をみると9月が22%、11月が23%、12月が45%となっており、年内の利上げ確率は五分五分と言ったところです。

声明文では、Brexitによる世界経済の減速を織り込みつつも、雇用指標を筆頭とした堅調な米経済指標を背景に、ややタカ派よりの内容になることを予測しております。値動きは限定的かもしれませんが、年内に1回の利上げすら織り込んでいない向きもあり、前向きな姿勢が示されればドルは底堅く推移すると予想します。また、日欧英豪のほか、主要国が利下げ方向のなか、アメリカは唯一利上げ方向に動いており、長期的にみてドルに優位性があるのは確かです。

とはいえ、実際の利上げに関していうと米大統領選前の9月、11月は多分ないでしょう。やるとしても12月ですが、不透明要素が多すぎるため、現段階では積極的に買い進むイメージでもなく、もう少し様子を見たいと思います。

日銀政策金利決定会合、最大の焦点は?

さて、FOMCのあとはいよいよ日銀政策金利決定会合です。最大の焦点はマーケットが期待する追加緩和が出るか、それとも現状維持で梯子を外されるかになります。

先週の黒田日銀総裁がヘリマネの可能性を否定したことでややトーンダウンしていますが、依然としてマーケットは追加金融緩和を前提とした相場が続いているようです。事実、国内外の銀行やエコノミストの多くは金融緩和シナリオを用意しています。

マイナス金利はー0.2%~-0.3%、ETF増の買い入れ増額、国債買い入れ額70~100兆円、このあたりが予想されますがマイナス金利など副作用が大きく、今回も日銀へのハードルはかなり高いように思います。

期待通りの緩和になれば、米ドル/円で2円~3円上昇のインパクトはありますが、その後は材料出尽くしの売りに押される可能性もあります。また、日銀は今でも限界に近い金融政策をとっており、大規模金融政策が本当にできるのかという疑問もあるため、現状維持という選択をする可能性も否定できません。仮に現状維持となれば緩和期待で上昇する前の100円にトライすることになるでしょう。

今週のテクニカルは参考程度に

チャートを見ると強いファンダメンタルに振らされる結果となったものの、75日移動平均線に跳ね返された形になっており、同線のさしかかる106.80レベルは今後強固なレジスタンスとして意識されます。

また、もう1つのレジスタンスとして上値を抑えられる格好となっているのが、日足雲下限です。雲は右肩下がりの形状となっているため、値を保っていれば自然と雲下限上抜けますが、明日には103.70レベルまで下がる同水準に抑えられるようだと下向きのトレンドが再現しそうな展開です。

しかし、ビックイベントを控えるなかテクニカルでは全く歯が立たないこともあり、今週のテクニカルは参考程度になるでしょうか。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい