“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第1回

“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第1回

まだ米国債から目が離せない状態が続く

 東証が発表する主体別売買動向から、外国人の日本株現物と先物への資金フローは、昨年最終週から今年の1月17日までの3週間、週次平均で2465億円の売り越しが続いていたことが判明した。一方で米国における株式上場投資信託(ETF)への資金流入は依然として続いており、株式への資金シフトというグレートローテーションの流れは終わってはいないことも見て取れる。

米国の政策金利(FF誘導ゾーン)と2年、10年物の米国債利回り推移

 それでは、今回のグレートローテーションは、何によってもたらされたのかであるが、それは米国債の“行き過ぎた”(利下げ)催促相場であったと考えている。図①は、米国の政策金利(FF誘導ゾーン)と2年、10年物の米国債利回り推移であるが、昨年前半に欧米の中央銀行の再金融緩和姿勢が明確となり、それに伴う政策金利の引き下げ期待が債券利回りの低下(価格は上昇)を加速させ、赤丸部分の左の期間では3か月以上にわたり、2年債のみならず10年債の利回りもFF誘導金利の下限よりもさらに低い状態となっていたことが分かる。

 この「政策金利>国債利回り」の状態こそが催促相場なのだが、実際7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)において利下げが決定されると、赤丸部分が示すように、債券市場は一気に次の利下げを催促する行動に出た。 

 このような“行き過ぎた動き”となった背景には、昨年1月から7月の間に、約7000億ドルもの膨大な資金が債券ファンドに流入していたという需給的な要因があり、最終的には利食い売りによって金利は大きく上昇し、一気に株式への資金回帰が起きたのであった。つまり、“債券発のグレートローテーション”ということである。

 しかし、直近の動きを見ると、再度、債券利回りが低下を始め、ついに2年国債は催促ゾーンにまで達している。この金利低下の動きが、冒頭の日本株にまでは資金が回らない理由であろう。当面、債券利回りが、結果的に株式動向に影響を与える時間が続くと思われる。

今月のピックアップ銘柄

シンメンテホールディングス マザーズ(6086)

シンメンテホールディングス マザーズ(6086)

  • 120位/3,408社中
  • シンメンテ
  • 株価:2,834円
  • 最低投資金額:283,400円
  • PER:27.8倍
  • PBR:5.79倍
  • 予想配当利回り:1.04%

(2020年2月6日時点)

*2020年2月末に1対2の株式分割を予定

上場外食企業の約85%が安定顧客

飲食店などでエアコン、排気設備、ガス器具、冷蔵庫、ガラスなどに不具合が発生した際に、電話一本で適切な修理業者(メンテキーパーと同社が呼ぶ協力会社)を派遣する事業で業界No.1。登録店舗数は2019年2月末時点で20万店舗を超える。過去最高順位を更新中。

NEW ART HOLDINGS ジャスダック・スタンダード(7638)

NEW ART HOLDINGS ジャスダック・スタンダード(7638)

  • 279位/3,408社中
  • NEW ART
  • 株価:922円
  • 最低投資金額:92,200円
  • PER:8.2倍
  • PBR:1.84倍
  • 予想配当利回り:3.26%

(2020年2月6日時点)

5期連続での最高売上を見込む

銀座ダイヤモンドシライシ、エクセルコ ダイヤモンドによる「ブライダルジュエリー事業」が売上の8割を占め、その他、ラ・パルレによる全身美容事業、CRAZYブランドのゴルフ(スポーツ)事業、絵画の卸売事業なども行う。台湾、香港、中国での展開加速で、海外での上場も目論む。

「今月のピックアップ銘柄」は「個別株投資は“語れる銘柄”が多い方が有利」の観点から、井上氏が代表を務めるスプリングキャピタル社作成の「経営指標ランキング」から上位社をピックアップしてご紹介するものであり、投資の推奨を行うものではありません。

「経営指標ランキング」は、東証33業種のうち、金融4業種を除いた29業種の銘柄で4期以上有価証券報告書を提出している企業を対象に、四半期毎に全社、および所属業種内ランキングを作成するもので、年度の確定順位は5月基準(例:2019年度確定順位は2020年5月基準)で決まります。経営指標ランキングは企業が発表する決算を基に、「成長性」「資本利益率」「売上高利益率」「健全配当性向」に統計的な処理を行うことにより作成され、10年以上の長きにわたり、ヘッジファンド等に提供されています。また、多くの対象企業のホームページでも公開されています。

※この記事は、FX攻略.com2020年4月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

井上哲男メルマガ『相場の潮流』(GogoJungle)

井上哲男『相場の潮流』
誰にも似ていない。誰もマネできない。圧倒的な説得力を持つ「井上ワールド」への招待状。推薦者の声や購入者限定特典など、詳細はこちら

井上哲男の写真

井上哲男(いのうえ・てつお)

スプリングキャピタル社代表、日本証券アナリスト協会検定会員。上智大学卒業後、国内保険会社の運用部門長を経て、(現オールド・ミューチュアルグループ)UAMジャパン・インクのチーフ・ストラテジスト兼日本株式運用部長に転身。その後、プラウド投資顧問、アジア最大級のファンド・オブ・ファンズの運用会社であるMCPグループなどで同職を務めた後、独立。“需給の鬼”と呼ばれ、日経CNBCテレビ「夜エクスプレス」「〜攻めのIR〜MarketBreakthrough」、ラジオNIKKEI「アサザイ」などのパーソナリティも務めている。
オリジナルのテクニカル分析や需給動向により、独自の視点から株式相場(株式指数)の方向性を分析する井上氏のメルマガ「相場の潮流」、井上氏とBコミさんこと坂本慎太郎氏が相場解説、ピックアップ銘柄の紹介を行う動画スクール「勝者のスクリーニング-株ハイブリッドバトル-」がGogoJungle(ゴゴジャン)から好評発売中。

メルマガ:相場の潮流

動画スクール:勝者のスクリーニング‐株ハイブリッドバトル‐

FX力を鍛える有名人コラム | 井上哲男 | 株式投資 | 相場の潮流の最新記事
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回
専業FXトレーダーの私が参考にしている情報源[岡ちゃんマン]
止まらないコロナバブル[井口喜雄]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第4回 月足予測4月編[川崎ドルえもん]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第4回[YEN蔵]
“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第2回
FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]
株価上昇は本物か、それともコロナバブルか[雨夜恒一郎]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|値動き反転をドンピシャ当てる「MACD」の取引精度を上げる方法】
淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
商品相場から見る新型コロナウイルス[佐藤りゅうじ]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第11回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
これからの外国為替場の行方 第121回(FX攻略.com2020年5月号)[田嶋智太郎]