FX初心者が経験する落とし穴[為替鬼]

本誌の読者の皆さんは、FXを始めてからどれくらい経ちましたか。すでに何年も生き残っていますか、それともまだ1年未満の初心者でしょうか。FX初心者のなかには、いわゆる「ビギナーズ・ラック」を契機にFXに魅了され、その後は勝てなくて悩む傾向がよく見られます。今回の記事では、FX初心者が経験する落とし穴について、お話していきます。

ビギナーズ・ラックの落とし穴とは?

本誌のようなFX雑誌や投資関連の書籍に目を通して、たとえば、あるテクニカル指標の使い方を理解すると、なんとなく勝てそうな気がすることがあります。実際、FX初心者が書籍で仕入れたばかりの知識を基にトレードして、ちょっとした利益が得られると、まるでFXで大金持ちになる夢が叶えられそうな気がして、心底ワクワクしてきます。いわゆる「ビギナーズ・ラック」といわれるものです。

確かにFXでは、まったくの幸運や単なる偶然で、驚くほどの大金を短期間で儲けられる可能性があります。しかし、初心者が書籍で読みかじった程度の生半可なトレード知識で儲けたりすると、悪いクセがついて、その後のトレード人生で苦労することになります。「FXは思ったよりも簡単に儲けられる」という、誤った先入観をもつことになりかねないからです。

もちろん、ビギナーズ・ラックが長く続くはずもなく、ある日突然、今までの利益を全て吹き飛ばす羽目に陥り、天国から地獄への展開に、自己嫌悪と後悔で身も心もズタズタになるのです。

人間は同じ過ちを何度も繰り返す

人間には回復力があるので、ビギナーズ・ラック後の大損失から立ち直り、もう絶対に大丈夫だと確信して、またトレードを再開します。しかし、そんなある日、なんとか苦労して貯めてきた大切な資金を、再びFXで一瞬にして吹き飛ばす結果になります。大損するたびに、もう二度と同じ間違いはしないと心に強く誓いながら、人間は呆れるほどに簡単に、同じことを繰り返す存在のようです。

初心者の頃にビギナーズ・ラックを経験したせいで、

「FXで勝つことは難しくない、前回資金を飛ばしたのは単に運が悪かったからだ」

心の奥底に深く忍び込んだそんな先入観を、完全に払しょくすることは極めて困難だと思います。

なぜなら、ビギナーズ・ラックの落とし穴から這い上がれない根本的な原因は、世界のどこかにFXで絶対勝てる売買ロジックやシステムがあり、その聖杯さえ手に入れば、勝ち続けられると信じているからです。

一度、この落とし穴に落ちると、その後のFX人生でも、自分が勝てないのはその聖杯の秘密を知らないからだ、勝つために自分がすべきことは、その聖杯を探すことだと錯覚するのです。

FX初心者が生き残るためには

私は今まで数千人の投資家とお会いしてきましたが、プロも含めたFXで勝ち続けている人の共通点は、意外にシンプルなものです。すなわち、「厳密な資金管理を駆使しつつ、トレード手法に根拠ある自信をもっている」ことです。

いくらの資金に対して、どれくらいの売買ロットでトレードし、一回の損失をどの程度まで許容するのか。いわばリスクの取り方を、その時の気分やドンブリ勘定ではなく、しっかり管理しているのです。

加えて、長期的な勝ち組が数%しか存在しない為替相場では、市場で優位性のあるトレード手法を習得しなければ、勝ち続けることは不可能です。

勝ち組トレーダーは、自分のトレード手法に絶対の自信をもってます。彼らが確信していることは、個々のトレード結果はランダムであっても、優位性のあるトレードを十分な回数行えば、最終的には勝つことができるということなのです。

FX初心者へのアドバイス

トレード技能の上達には、皆さんが考えている以上に、長い時間がかかります。厳密な資金管理ができないうちは、短期的に勝つことはできても、最後は必ず資金を吹き飛ばしてしまうでしょう。

トレードや為替についての知識を吸収する努力は大切ですが、知識だけで勝ち続けられるものではありません。FXで勝ち続けるためには、さまざまな知識に裏打ちされたトレード経験と、その経験の積み重ねからしか習得できない技能が必要なのです。その意味で、もし自分がFXの初心者だと自覚のある方は、儲けることよりも、為替相場で生き残ることを最優先に考えるべきだと思います。

世界三大投資家の一人と称されるジョージ・ソロスは、「私の実践的投資スキルを要約せよと求められたなら、ただひとこと『サバイバル』と答えるだろう。まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ」と述べています。

われわれはこの言葉を常に心に銘記しながら、FXとつき合っていきたいものです。(月刊FX攻略.com 2013年6月号掲載)

為替鬼の写真

為替鬼(かわせおに)

上智大学外国語学部英語学科卒。外資系ファンドトレーダー、証券会社の為替ディーラーを経て、現在は投資会社の代表取締役に就任。エントリーからわずか数分で決済する、超短期スキャルピングを得意とし、一日のトレード回数は数百回にも及ぶ。トレード履歴を公式ブログ「FXスキャルの達人!」で全て公開。主な著書に『為替鬼のFXスキャルピング入門』(ダイヤモンド社)がある。

公式サイト:FXスキャルの達人! 為替鬼