FX力を鍛える有名人コラム

私のFX仲間[水上紀行]

私のFX仲間[水上紀行]

トレードは孤独な戦いであるからこそ、信頼できる仲間を作ることはとても大切だといえます。長年ディーラーとして活躍してきた水上紀行さんは、これまでにどんなFX仲間と出会ってきたのでしょうか。一般的には知ることのできないディーラーの世界を紹介してもらいます。

世間は広いようで狭く思わぬつながりがある

「It’s a small world.(世間は狭いね)」という言葉が、ディーラー仲間の合言葉になっています。今から34年ほど前、私はロンドンで勤務していましたが、上司からスイスへ研修に行ってこいといわれて、一も二もなく出張しました。そして、それからの1週間は英語漬けで、1週間後には頭がテンパってしまい、思考能力が低下したところで研修の最後を飾るディーリング・シミュレーションがありました。

このディーリング・シミュレーションとは、ディーリング・シート(ポジション明細)を持って、違うグループにプライスを求めに行ったり、逆にプライスを求められたりしながら、ポジションをキャリーして(転がして)儲けていく訓練です。

しかし、頭がテンパってしまった私には相手にプライスを求めに行く余裕はなく、ひたすらプライスを出し、叩かれ、ポジションが積み上がっていくばかりでした。そしてとどめは、私のポジションが一気にアゲインストになるような情報が流れ、売りが殺到し、完全に沈没してしまいました。結局、私たちのチームは、私の大損で最下位となりました。

最後に、チーム別に記念品をいただいたのですが、講師は私に「これでハラキリはしないように」と忠告した上で、その銀行の紋章が入ったスイス・アーミーナイフを手渡してくれました。この講師の一言で会場は爆笑の渦となり、かえって人気者になったのです。

かけがえのない仲間との出会いは成長の糧となる

この研修では、その後のディーラー人生で関わりを持つ人たちができました。一人は当時ニューヨーク連銀にいた聡明な韓国人女性です。その後同じ独系銀行にて、彼女はニューヨーク支店、私は東京支店で働く同僚となりました。

また、同じ研修を受けた中国人ディーラーとはロンドン勤務の時期もニューヨーク勤務の時期も重なりました。年を追うごとに彼はスマートに着こなすようになり、そこから中国の変貌ぶりを垣間見た気がします。

全く別の機会ですが、東京でドル円のチーフディーラーをやっていたとき、フランスの大手銀行から3人のフランス人が表敬訪問してきたことがあり、その際にドル円の見通しを聞かれ自分が思うところを話しました。それから半年後、その3人のうちの1人であるパリのチーフディーラーが再び訪ねてきたのですが、私の相場観通りに乗ってうまくいったと喜んでくれたのです。こちらもそれを聞いて嬉しく思い、そこで東京市場の仲間たちを彼に紹介したら、えらく喜んでくれました。それをきっかけに、その後も連絡を取り合う仲となったのです。

それ以外にも、実際のブローカー経由での取引によって仲間になったディーラーもいます。それは、ある日の夜中のディールでニューヨークの銀行とぶつかり、たまたまこちらもポジションを閉じようと思っていたときのことです。スワップの取引でしたが、10億ドルを超すトレードを一発でやりました。それから数日後、その相手から国際電話があり、「今、香港にいるけど会いに行って良いか」というので、「もちろん」と答えたら、翌日早速やってきました。投機で有名なバンカーズトラストのスワップディーラーで、すぐさま旧知の仲となりました。彼はイタリア系の米国人で本当にできるといった感じです。

そのバンカーズのディーラーたちとは、ニューヨークで飲んだこともあります。そのときにインド人ディーラーが教えてくれたのですが、バンカーズは本当に大きなポジションを持っていて、たまたまポンドを持っていたら毎日バンク・オブ・イングランド(英中銀)がポジションを聞いてきたそうです。なぜなら、バンカーズの巨大ポジションが分からないと、バンク・オブ・イングランドは短期の資金繰りができなかったからです。彼はそれをとても自慢げに話してくれました。

ニューヨークにいたころは、邦銀各行(都銀、信託、地銀等)とも仲が良く、しょっちゅうゴルフをやったり、飲み会をやったりしていました。時にはシティバンクのような米銀大手のチーフディーラーも誘いましたが、米銀同士はライバル関係で、そうした交流の機会がほとんどないこともあってか、とても喜んでくれました。そこで出会った仲間の中には、本当に日本のファンになって東京勤務を希望する人もいたくらいです。

「Once a dealer, always a dealer」という国際ディーラー協会の合言葉があります。つまり、「ひとたびディーラーになったら、ずっとディーラー」という意味で、世界的にディーラー同士のつながりがいかに深いものであるかが分かる言葉だと思います。

残念ながら、電子ブローキングの普及など諸々の理由から、ディーラーのつながりも以前に比べて弱くなりましたが、やはり仲間とのつながりは持つべきではないかと思っています。

※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい