私がFXに費やす時間[高野まよ]

24時間動いている為替相場では、相場と向き合う時間の使い方が大切になります。しかし、研究や準備、取引にどのくらい時間を費やせるかは各トレーダーによって違ってきます。ここでは兼業を経験し、専業トレーダーとなった高野まよさんにFXに費やす時間についての考え方を教えていただきました。

兼業で費やした時間と専業で費やす時間

 仕事やプライベートの状況によって、FXに向き合うことのできる時間は人それぞれ大きく違います。現在、私は専業でトレードをしていますが、10年間近く会社員の仕事と兼業でトレードをしてきました。今回は、FXに費やす時間の考え方についてお話しします。

 私が兼業時代の中で最も真剣に取り組んでいた時期は、通勤時間の朝8時台と帰宅後の夜10~11時台の1日3時間程度をトレードや相場の勉強などに費やしていました。しかし、早く寝てしまうことも多かったので、平均すると1週間で10時間程度でした。裁量取引以外に収益に貢献してくれていたのが、リピート系の取引です。システムを使わずに手動で注文を入れていたため、1日30分ほど要していました。また、トレードはしないけれどもチャートの動きだけはスマホでずっと見ておくという日も設けていました。

 兼業時代は限られた時間の中でFXをしていたため、長期足の分析や為替以外の相場の勉強、テクニカル手法の学習などは自分の中で優先度を下げていて、あまり実践していませんでした。専業の現在は兼業時代と比較して、実際にトレードを行う時間よりも、準備、検証、勉強の時間が大幅に増えました。1日あたりだと、東京時間の仲値確定時間付近と、ロンドンフィキシングや米国重要指標発表時間付近(夜10時~深夜1時ごろ)のトレードを含めた6時間ほどをFXに費やすことが多いです。損失が続いて調子が悪いと判断したときは、数日間トレードを休み、1日に数回、1時間足のみを確認するような期間もあります。

使える時間を把握し自分に合った取引を

 兼業でトレードをしている方で、今後も専業になる予定がないのであれば、一番重要なことは自分の生活リズムを崩さないように無理なくFXを続けることだと思います。そのためには、自分がFXに割くことのできる時間を把握した上で、取り組む時期を数か月スパンで区切って、勉強に費やす期間、テクニカル分析に重点を置く期間、ファンダメンタルズ分析に重点を置く期間、特定通貨ペアに絞ってトレードする期間など集中的に取り組んでみることです。トレードにおいては、決めた時間のみのスキャルピング取引をする、IFD注文の利用など相場に張りつかなくてもよい取引をする、EAを利用した取引をするなど、方法はいくつもあります。

 趣味で始めたはずのFXが日常生活のストレスの原因になってしまっては、本末転倒です。実際、FXを始めたばかりのころの私は損失を出すことが怖くて、損切りができなくなったポジションの含み損がどんどん膨らんでいくのを見て、気分が毎日どんよりしていた時期もありました。費やす時間にはあらかじめ区切りをつけて、メリハリを持って付き合うことが継続の鍵といえます。

 私の場合は基本的にPCの前に座ってチャートやニュースを見ながらエントリー機会を待ったり、実際にトレードをしたりするのですが、この「じっと座ってチャートを見ながら取引する」には向き不向きがあります。友人に「自分はそんな生活はできない」といわれたこともあります。その行為自体が苦手で精神的に苦痛を感じるのであれば、がんばって続けたとしても良い結果には結びつかないでしょう。私はじっと座ってチャートの動きを見ることや、数字の羅列を見ることに抵抗を感じるどころか楽しめる性格なので、このトレードスタイルが合っています。

肩の力を抜いてFXと付き合っていく

 FXは収益が継続的に上がっているのであれば、取引スタイルや費やす時間に正解・不正解はないと思います。時間をかけた分だけトレードがうまくなる確率は高くなりますが、それは確実なものではありませんし、トレードの習熟度は収益の時給や資産の増加率だけで測るものでもないと思います。「FXでガツンと稼いでやる!」などと力を入れるのではなく、「FXを通して金融市場とつながってみる」ぐらいの軽い気持ちで、肩の力を抜いて付き合うのが良いと思います。

 しかし、トレードの結果は真摯に受け止めて、自分がしてしまった誤りを認め、次回に生かして少しずつ自分自身を成長させていくことが必要です。私も同じ誤りを何十回もして、自分のことが大嫌いになっていましたが、結局また相場の世界に戻ってきて今があります。FXとは腐れ縁になってきていますが、当たり前に私の近くにいて、成長させてくれる人生の伴侶のようなやつ(笑)と思い、これからもFXと付き合っていこうと思います。

※この記事は、FX攻略.com2020年1月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

高野まよの写真

高野まよ(たかの・まよ)

2007年、「FXで4億円脱税した主婦」に興味を持ち、FXを開始。今年、新卒入社から10年以上勤めた大手通信会社を退職し、専業トレーダーへ。長期休暇には子どもと二人でキューバまで泳ぎに行ってしまう超行動派ママ。趣味は水泳、カヤック、麻雀。主に見るテクニカルはボリンジャーバンドで、取引はスキャルピングがメイン。バイナリーオプション、EAトレードもしている。座右の銘は「Going my way」。

公式サイト:生涯肉食

Twitter:https://twitter.com/lin122111

FX力を鍛える有名人コラム | 高野まよの最新記事
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第3回 バックテストの読み方[FX貴族]
2019年商品相場総括[佐藤りゅうじ]
カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ6 トレードが安定する3原則
米国はもはや非常事態!四半期末通過でドル需要も減退へ[雨夜恒一郎]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第2回 優秀な自動売買プログラムを選ぶポイント[FX貴族]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第1回[FX貴族]
キャンペーンについて考える[中里エリカ]
欧州ファンダメンタルズ入門|第1回 欧州市場の特徴[松崎美子]
ドーナツかドーナツの穴か[森晃]
盲目的なドル買いは一旦終了?[井口喜雄]
目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~なぜ誰も語らない? FXの優位性~[いいだっち先生]
眞壁憲治郎のFX長者列伝 第2回
キャッシュ・イズ・キング!唯一の避難先はドルキャッシュ[雨夜恒一郎]
なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第3回 フラッグを理解する[神藤将男]
男子禁制のトレーダーズコミュニティ FX女子部に潜入!(第1回)