編集部コラム

FXに役立つITツール紹介 その2:Dropbox[鹿内武蔵]

継続的にFXのトレードをしていくにあたり、使いこなせるととても便利!というツールを紹介していきます。今回紹介するのは、Dropboxという、オンライン上にファイルを保管するサービスです。

チャート画像を縦横無尽に活用する

Dropboxは非常に高機能なツールで、いろいろなことができます。主軸となるのは、WEB上のユーザーごとに割り当てられた領域に、ファイルやフォルダを保管するスペースを持つことができる機能。この領域と自分のパソコンを同期させて、常時バックアップを取りながら作業をしたり、複数のユーザーと同じフォルダを共有したり、大きなファイルをバックアップ的に保管することができます。

こういった機能はもちろん魅力的なのですが、FXトレーダーの皆さんにぜひ試してもらいたいのは、「カメラアップロード」の機能です。この機能を使うことで、スマホ上でスクリーンショットしたチャートなどの画像を、極めて簡単な手順でバックアップを取り、パソコンでも開くことができ、容易に管理できます。

撮影してアップロードすれば保存完了

ここでは、iPhoneを例にチャート画像を保存する流れを解説していきましょう。

1.Dropboxのアプリをインストール、ユーザー登録をする

まずはお使いのiPhone、iPadに、Dropboxのアプリをインストールし、その流れでユーザー登録をします。ここで登録した情報で、パソコンなど他の端末でもログインすることになるので、大切に保管してください。

ホーム画面のApp Storeを選択。

「Dropbox」などと検索する。

表示されたDropboxのアプリをインストール。

同じ流れでユーザー登録に進めます。

2.スマホアプリ上でカメラアップロードをオンにする

Dropboxアプリを起動し、[最近]を選択→設定のアイコン→[カメラアップロード]→カメラアップロードをオンにします。

3.スマホで保存したいチャートを表示し、スクリーンショット

スクリーンショットは、iPhoneの場合、中央下段の丸いボタンと、本体左上の四角いボタンを同時押しです。

4.Dropboxのアプリを起動

Dropboxのアプリを起動すると、自動的にアップロードが行われます。

5.パソコンでDropboxにアクセスし、カメラアップロードフォルダを確認

カメラアップロードフォルダが自動的に生成され、その中に先ほど撮影した画像がコピーされていれば成功です。

こちらの画像を使って、ブログを書く、取引データを整理するなど、FX活動にお役立てください。

なお、パソコン側の画像を消しても、スマホ本体内の画像は消えません。また、スマホ本体内の写真フォルダから画像を消しても、パソコン側の画像は消えません。

パソコン側にDropboxのアプリをインストールすると、普段パソコンを使うのと同じ感覚で、画像を管理できます。

パソコンからDropboxを使い始める場合は、https://www.dropbox.com/にアクセスしてください。

(FX攻略.com WEB編集長 鹿内武蔵)

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい