トレイダーズ証券

米金利主導のマーケットが続く[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

米金利主導のマーケットが続く

米長期金利上昇は落ち着きを取り戻しつつありますが、米金利主導のマーケットはもう少し続きそうです。昨日2日のブレイナードFRB理事は「債券市場(米長期金利)に注意を払っている」と発言するなど金利上昇へ牽制を入れており、今後の当局者発言は神経質にならざるを得ません。そうした中、本日3日はアトランタ、フィラデルフィア、シカゴの米連銀総裁発言が予定されているほか、明日4日もパウエルFRB議長の発言が予定されており、米金利は敏感に反応しそうです。

また、今週は多数の米指標発表が予定されております。本日3日はADP全国雇用者数とISM非製造業景況指数があり、明後日5日には米雇用統計とビックイベントが続きます。米インフレ懸念も高まっているだけにこれら米経済指標も米金利に直結しており、目が離せません。

先週のように米長期金利が1.5%を超えてくる場面では、欧州や資源国といったリスク通貨は売られる可能性は高く、その準備だけはしておかなければなりません。

米金利次第だが安定してくれば

米金利が安定してくるようであれば、クロス円の買い意欲は強いとみています。特にワクチン接種で頭一つ抜けているポンドや、他国に比べて経済指標が改善している豪ドルは買っていくオペレーションを考えています。

一方の円は今月19日に日銀金融政策決定会合ではマイナス金利の深堀の可能性が示唆されているほか、日本はコロナウイルスのワクチン接種が他国に出遅れていることが円安要因となります。割高ではありますので、高値を掴みたくない場合は押し目を待つ戦略でもよさそうです。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい