トレイダーズ証券

エルドアン大統領に振り回されるトルコリラ[井口喜雄]

トルコリラ暴落

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

エルドアン大統領に振り回されるトルコリラ

本日の早朝6時にエルドアン・トルコ大統領が「我々は金利を引き下げる必要がある」と発言したことでトルコリラ円は12.80円から12.40円まで急落しました。エルドアン大統領の政策金利引き下げに関しては今に始まったことではありませんが、ニューヨークの取引終了後という流動性の低い時間帯だったため、瞬間的にクラッシュが起きてしまいました。

エルドアン大統領の中央銀行総裁人事には自身の金融政策を行うハト派を適用しており、総裁も数か月単位で解任を行っています。エルドアン大統領は政策金利を下げることでインフレ率上昇にも歯止めがかかるという理論を固持しており、市場はそれに振り回されています。再来週17日にトルコは中銀の政策金利発表を控えますが、今回のエルドアン大統領の発言からトルコリラは利下げを意識した展開は避けられないでしょう。

クロス円を物色するのが合理的

重要指標では昨日米ISM製造業景気指数が発表され結果は61.2と市場予想を上回ったものの、ドル円の方向感は定まっていません。今週末のパウエルFRB議長の発言や、米雇用統計を控えてやや様子見ムードもあるのでしょう。

米重要イベントを控え、無理にポジションを傾ける必要はありませんが、テーパリング(量的緩和策や金融資産の買い入れを減らしていくこと)の進捗具合で見るとクロス円を物色するのが合理的な考え方です。テーパリングは、カナダが一歩抜け出しているのですが、カナダドル円は既に500pips近く上昇しており、高値で突っ込みたくはありませんので、深く押す場面を待って拾っていきます。また、テーパリング競争で2番手につけるニュージーランドドルやポンドの堅調地合いは維持されており、上値余地は無視できない状況と考えられます。対円でのロングを検討できるのではないでしょうか。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報
トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報 トレイダーズ証券は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングスのグループ企業。「みんなのFX」は初心者から上級者まで安定した人気...
ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい