田嶋智太郎

  • 詳細へ
    2015年1月9日
    原油価格なおも警戒!!ギリシャ政局の行方も注視せよ!![田嶋智太郎]
    なおも原油価格の行方には要警戒! 足下の相場のムードは原油価格の動きに振り回されている。この2日ほどは、ようやく原油価格が下げ止まり、わずかながらも反発。結果、米株価は大きく値を戻し、ドルインデックスも強含みの推移となっている。今週6日、ドル/円は10月15日安値と12月16日安値を結ぶサポートラインを終値で一旦割り込み、そこからは下げが加速する可能性もあるものと思われたが、7日以降は再び終値で同ラインを上回ってきた。ただ、目下の原油価格には「短期的な下げ過ぎの反動が生じているだけ」という可能性もあり、なおも警戒は怠れないものと思われる。 ギリシャの政局の行方に対する懸念が薄らいでいるわけでもなく、当面はドル/円、クロス円ともにもみ合い色の濃い展開が続くものと予想される。一方で、ユーロ/ドルは一段と下値を切り下げてきており、少なくとも22日に行われるECB理事会の結果を見るまでは下値余地を拡げ続ける可能性が高いと見られる。(01月09日 08:50)