番外編|マイナス金利政策導入による経済への影響[月光為替]

前回、マイナス金利と通貨の関係性に対しては、ある程度シンプルに考えても差し支えがないという話をしました。 

今回は、その延長で、少し話がそれますので番外的になりますが、マイナス金利政策導入による経済その他への影響をお話しさせていただきたいと思います。 

マイナス金利に対して出来るだけ深い理解をしておくことは、トレーダーとしてもマイナスではありませんので、少し時間を取って、お読みいただければと思います。 

マイナス金利政策を導入する日銀の思惑 

まず、基本的なことですが、マイナス金利といいましても、全ての金利がいきなりマイナスになるわけではありません。

その証拠に、我々の銀行預金に対しては今でも微々たる利子が付きますし、闇金ウシジマくんが「明日からは利子マイナスだからみんなにお金配るねー!」みたいな大判振る舞いをすることもありません。 

マイナス金利が施されるのは、銀行が日銀に預ける当座預金の一部の話であり、簡単に言えば、これから各金融機関が新規に日銀に預ける預金にマイナス金利が適用されるだけなのです。

では、そもそもどうして日銀はこんな政策を取ったのでしょうか? 

日銀の意図としてはとても単純で、 

金融機関はマイナス金利になると日銀にお金をなるべく預けたくないだろう

なら、金融機関は預けるはずだったお金を企業に貸したり、他の投資へ回したいはずだ

そうすれば、市中のお金が増え、企業が設備投資や賃金を上げたりすることで、景気が良くなるだろう

そうなれば徐々に物価が上がり、物価が上がって企業も儲かって賃金も上がり、さらに消費も上がるといういいスパイラルができるはずだ

というものです。

こう書くととてもリーズナブルで効果的のように見えますが、これも、通貨へのファンダメンタルズの影響と同じく、“可能性”でしかありません。 

実際、今まで日銀が行ってきた、所謂伝統的政策である利下げや、買いオペにとどまらず、非伝統的政策である量的質的金融緩和国債購入量の拡大や、ETFなど買い入れ資産の拡大)は全て、この効果を狙ったものです。

ですが、それが思ったより上手く機能しなくなってきたので、奥の手のマイナス金利をしてきた、というわけですね(まぁ、黒田総帥の言葉を拝聴するにそこまで奥の手という考えでもなかったのかもしれませんが)。

これで日銀は、“量的緩和” “質的緩和” “マイナス金利”と、金融緩和の3本の矢を手に入れるに至ったのです。

マイナス金利で大きな影響を受けるのが企業 

では、これによって我々の実体経済にはどのような影響があるのでしょうか。

まず、身近なところでは、住宅ローンや自動車ローンなど、ローンの金利も連動して低くなっていく可能性があります。

また、勿論銀行に預けている預金もさらに低くなる可能性があります。

すぐに、ではないですが、徐々に身近な金利にも影響が波及してきて、金利が低下していくといったイメージです。 

しかし、それよりも大きな影響を受けるのが企業です。

分かりやすいところで言うと、銀行は金利収入が減るので、業績が厳しくなります。

逆に、不動産は先程言ったようにローンの金利が低下するので、業績が上がります。

下に銀行株インデックスと不動産インデックスのチャートを示します。大きくパフォーマンスが、日銀がマイナス金利を導入した1/29以降変化していることがみてとれるかと思います(bloombergで作成)。

※ 上画像が銀行で、下画像が不動産

これが、理論的に考えられる、マイナス金利の実態経済に与える影響です。

マイナス金利に対する批判 

あれ? とお思いのことでしょう。

連日、マイナス金利をネガティブに報道するメディアのせいで、何かとてつもなくよからぬことが待っていそうなイメージが先行していますが、実質的にマイナス金利が及ぼすことのできる影響はこれだけです。 

ハイパーインフレ? それは物価をコントロールできなくなった国に起こるものであり、有史以来インフレターゲットを設定している中央銀行を持つ国でハイパーインフレになった例は一つもありません。

安保法案を戦争法案だと言っているレベルのプロパガンダだと言えるでしょう。 

財政健全化から遠くなる? それは国債の買いオペに関係するお話しであり、マイナス金利とは関係がありません。

結局の所、マイナス金利から出る明らかな悪影響は、運用難に陥る金融関係会社のみであり、別に他にはほとんど影響がないと言えます。 

マイナス金利政策に対する批判で、“効果がない”というのは分かります。
上で挙げたとおり、全て可能性の話ですので、効果があるかないかはやはり可能性にすぎないのです。

ですが、マイナス金利による経済への悪影響というのは、言えば“微々たる可能性”の話であり、ほとんどプロパガンダレベルの話です。

少しの相関はあるかもしれませんが、それをマイナス金利と結びつけるには超えなければいけない前提条件が多すぎます。 

まとめ 

トレーダーとしてニュースを把握していく際は、噂や、勝手な意見に左右されるのではなく、現実に理論的に起こり得るシナリオ、そして客観的なデータに基づいて、投資判断を行っていただきたいと思います。

では、番外編は以上として、次回からまた通常回に戻ります。

次回は最後の非伝統的金融政策として、オペレーション対象資産の拡大について、お話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]