FXに活かす経済指標|鉱工業生産とは?[月光為替]

鉱工業生産とは? 

では、今回は鉱工業生産について、お話ししていきたいと思います。

中々普段の生活では聞き慣れない言葉だと思いますので、もうすでに知っているという方も、初めて聞いたという方も、もう一度この指標についておさらいしていきましょう。

まず、鉱工業生産とは、製造業・鉱業・公益業(電力・ガス)の生産に関する指標です。

国内の事業所における生産の状況(数量・重量・金額など)を調査し、指数化して毎月発表されています。

つまり、国内事業所における鉄鋼、一般機械、電気機器、精密機器、輸送用機器、繊維工業品、紙・パルプ製品などなどの製品の生産量を、基準とする年を100として指数化して発表しているわけです。

なぜこの指標の注目度が高いかというと、これが大まかに企業の生産動向を表すことに加え、実質GDPとの連動性が高いことが要因です。

この指標は、FXマーケットのみならず、株式市場でも、大きく注目される指標の一つです。

鉱工業生産との向き合い方

では、前置きが長くなりましたが、一体この経済指標とどう向き合っていけばよいのでしょうか?

基本的な原則は、例えば鉱工業生産が上昇すれば、その国の企業業績の上昇を連想させ、GDP上昇を連想させます。

GDPについて解説する時に詳しくお話しますが、これは国力の上昇の示唆ということで、通貨に対しては、ポジティブ、つまり通貨高の影響を及ぼします

鉱工業生産をFXに活かす方法とは?

実践ではどうかというと、勿論その時の相場の流れにもよるのですが、相当なサプライズがない限り、あまり相場は動きません。

特に相場のテーマというのがしっかりと決まっていれば、ほとんどノイズとして考えていいレベルの指標といえるでしょう。

ただ、主要通貨の中で、イギリス、つまりポンドでは、この鉱工業生産は比較的大きな影響を及ぼします。

他国と比べると鉱工業の占めるGDPの割合は低いのですが、マーケットでは結構この結果が大きく影響します。

といっても、動きとしては素直にセオリー通り動くことが多いです。殺人通貨であるポンドのボラティリティがなしえる挙動ではないかと考えられます。

ですので、実践的には、他通貨では一応目を通しておく程度、ポンドに限り、素直に反応しにいく、という流れでよいかと思います。

では、次回は小売売上高について、お話ししていきます。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]