FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]

 今やすっかりおなじみとなったFXの自動売買。その中でも、今回は選択型自動売買について考えてみたい。これまで私自身が携わってきた自動売買ツールはいくつかあるが、自分で自動売買のプログラムやインジケーターを作成でき、取引ツールそのものがカスタマイズ可能でチャートツールとして使えるものが多かった。

 最近になって、例えばセントラル短資FXの「セントラルミラートレーダー」のような選択型自動売買は「自動売買が初めて」という投資家には良いのではないかと考えるようになった。理由としては、

①ストラテジー(メタトレーダーでいうEA)が既に用意されているので、初期費用がかからず簡単にスタートできる

②複数組み合わせてポートフォリオ運用ができるため、口座をいくつも作らなくても一つのアカウントで運用成績を確認できる

③パソコンの電源を切っている間も稼働しているのでVPS(Virtual Private Server)が不要

などが挙げられる。特に、気軽に始められるところが一番のポイントだと思う。決済を手動でもできる点や、リスク管理のために損失許容額を事前に入力できる点も評価できる。

 ただし、ストラテジー自体のパラメーターを自分で変更するなどの最適化はできないため、

①最低一日に一回はポジションを確認する

②バックテストや事前のデモ取引でテストする

③リスク分散のため、相関性の低い通貨ペアやストラテジーを組み込む

④ストラテジーはせいぜい三~五つの自分が管理できる数に収める(ストラテジーの数が多いと、それぞれのパフォーマンスを見極めにくい)

⑤最大連続負け数が増えたり、最大ドローダウンが過去最悪になったりする場合にはストラテジーを入れ替える

といった対応が必要になる。ポートフォリオ運用である以上、長期的運用が基本となるので、短期で利益を出そうとする取引には向いていない。

 自動売買には「自動的に売買されてしまって怖い」や「放っておけば利益が出る」といったイメージがあるかもしれないが、どちらも違う。同じような癖を持つストラテジーを入れると、そのときは良くても相場の流れが変わったときに損失が出てしまうかもしれない。自動売買は、ファンダメンタルズで相場が大きく動いているときに利用するより、ボックス圏となっているときの方が使いやすい傾向がある。

 そのときの相場状況に合ったストラテジーやポジションを持つようにする。そして、何よりも今の相場が何で動いているかを理解するという基本的な努力なしでは、自動売買でも裁量取引でも利益を出すことは難しい。

※この記事は、FX攻略.com2020年5月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

※当コラムは執筆者の個人的見解に基づいて書かれたものであり、セントラル短資FXの考えを反映するものではございません。

中里エリカの写真

中里エリカ(なかざとえりか)

セントラル短資FXカスタマー部広報担当。大学卒業後、カナダ系銀行やスイス系為替ブローカーで外国為替およびデリバティブのインターバンクでのディーリング業務に従事。勤務していた会社が子会社としてFX会社を設立したのをきっかけに、以来FX取引に携わっている。大手証券会社や外資系証券、外資系FX会社などを経て現職。

公式サイト:セントラル短資FX

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/ctfxmovie

FX力を鍛える有名人コラム | 中里エリカの最新記事
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)第5回[YEN蔵]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
私の愛用するFXテクニカル指標[田向宏行]
マーケットのメインテーマは米大統領選へ[井口喜雄]
私の経済指標の見方[水上紀行]
リスクオン・ リスクオフとは何か?[遠藤寿保]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
休む勇気、止める勇気[中里エリカ]
楽観は禁物!コロナ第二波はすでに来ている[雨夜恒一郎]
相場の反転は“実需筋”がきっかけ?[内田まさみ]
陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX|第9回 テクニカル分析の基礎④
これからの外国為替場の行方 第122回(FX攻略.com2020年6月号)[田嶋智太郎]