FXに活かす米国独自の経済指標|新規失業保険申請件数とは?[月光為替]

 では、今回は米国独自の中で、雇用・労働関連の経済指標解説の第二弾、新規失業保険申請件数について、話して行きたいと思います。

新規失業保険申請件数とは?

新規失業保険申請件数も、多くの読者の皆様がすでにご存じとは思いますが、今一度おさらいを。新規失業保険申請件数(Unemployment Insurance Weekly Claims)は、Jobless Claimsとも呼ばれ、米労働省が毎週発表している失業保険統計の一つになります。

他にも、失業保険継続受給者数、延長給付申請、緊急失業給付数なども同日に発表しています。

新規失業保険申請件数は、景気先行指数の構成指標に含まれています。ですので、米雇用統計の予想材料の一つとして、注目度の高い指標となります。申請件数が少なければ、雇用者数が伸びているというイメージです。

毎週木曜日に発表されるので、雇用統計と比べ、連休やハリケーンなどの影響を大きく受けます。ですので、前回や予想と比べて大きく結果が異なることが比較的多いです。

新規失業保険申請件数との向き合い方

さて、ではこの新規失業保険申請件数と、どのように向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的な考え方は、

申請件数が多い = 雇用者数が減っている可能性がある = 雇用統計が悪い可能性がある = 景気が悪くなっていく可能性がある = ドル安連想

となりますので、申請件数が多ければドル安要因、少なければドル高要因と考えておけばよいでしょう。ですので、コンセンサスより多ければドル安材料、少なければドル高材料と覚えておいてください。 

こちらは、雇用統計に比べ、一度一度のノイズが大きいので、長期的な米ドルの動きに対して大きなインパクトはありません。

しかし、材料のないときには、ボラティリティを作りたい短期プレイヤーが数多く参戦するので、比較的短期的な変動要因としては影響が大きいです。 

ただ、こちらもかなり注目されている指標ですので、マシントレードの活躍の場でもあります。結果を見てから反応しても、リスクリワード的には間に合いにくいです。

雇用統計と同じく、比較的扱いにくい指標といえるでしょう。

新規失業保険申請件数をFXに活かす方法とは? 

実践的には、勿論自分でアルゴを組んで、超短期の動きを取りに行くという方法もあります。ただ、普通のポジショントレードとして行っていくのであれば、むしろ逆張り的な考え方でトレードするのもありかなと思います。

雇用統計のような大きな経済指標のトレンドは、そう簡単に劇的には変わりません。

ですので、雇用統計のトレンドのモメンタムがとても良いのに、いきなり新規失業保険申請件数が異常に多くなったり、その逆もまた然りですが、そういうことは確率的には起こりにくいと考えられます。

寧ろ、季節要因だったり、ノイズの影響と考えても良いのかなと思われます。

ですので、雇用統計のモメンタムと大きく外れる結果が出て、それに相場が過剰に反応したときに、逆張り的なポジションメイクをしてみる、というのが実践的な使い方ではないかと個人的には考えます。

では、次回はADP雇用報告について、お話ししたいと思います。 

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]