FXに活かす米国独自の経済指標|ミシガン大学消費者信頼感指数とは?[月光為替]

今回は、米国独自の中の個人消費関連指標の一つ、ミシガン大学消費者信頼感指数について、お話ししていきます。

ミシガン大学消費者信頼感指数とは?

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、消費者の家計や経済状況に対する楽観・悲観の度合いを、調査に基づいて算出した指数です。

調査対象地域はアラスカ・ハワイを除いた48州と、ワシントンDC在住の成人男女500人で、調査対象者は6ヶ月毎に入れ替わるローテーション方式となっており、新規回答者の占める割合は60%となっています。

質問構成は、家計状況・経済状況など約30項目におよび、毎月中旬の金曜日に速報値、月末に確報値が発表されます。

景気が好調な時は100ポイントを上回ることがあり、その場合にFRBの利上げ期待が高まりやすいとして注目されている指標です。

ミシガン大学消費者信頼感指数との向き合い方

さて、どのようにこの指標と向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的には単純に、コンセンサス対比でプラスであれば景気上向きということで、ドル買い方向、逆であればドル売り方向と考えて良いでしょう。

ただ、先の説明でみられる通り調査対象がとても少なく、毎月の変動がとても大きい指標です。かつ、お金を出せば20~30分前には事前に数値を知ることができるという話もあり、あまり重要視されていないというのが、現実の所です。

次回に説明する予定の、消費者信頼感指数の方が、より信頼性が高い指数として、覚えておくとよいと思います。

ミシガン大学消費者信頼感指数をFXに活かす方法とは?

実践的には、基本的に無視で良いかと思います。

ボラティリティ自体もそこまで生まれませんし、この指標で大きく方向感が出るという類のものでもありません。

前回と同じく、ポジションを持っている時に、変にボラティリティが出てストップにかかると嫌だなぁという時に事前に利食っておく、という程度の使いかたかなぁと思います。

まぁ、消費者信頼感指数の前の、方向感を掴んでおく、くらいの使い方で良いかと思います。自分の考えに対してノイズになってしまうと思われる場合、完全に無視してしまうというのも一つの手でしょう。

では、次回は個人消費関連指数の最後である、消費者信頼感指数について、お話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]