価格ベースのFXテクニカル分析|プライスアクションとは?[月光為替]

今回はプライスアクションと呼ばれるものの全般について、お話ししていきたいと思います。

プライスアクションとは?

プライスアクションの定義は様々ですが、私は基本的に、「4本値が織りなす様々な幾何学的パターン」は全てプライスアクションと定義しています。

当然、どのようなプライスアクションも、それは全て価格からできたもの。そして価格とは、売買におけるコンセンサスであり、売買そのものから生まれたものです。

ですので、プライスアクションをテクニカル分析として用いる理由と目的は、「その裏にある売買の意図と、双方のポジションを持つ人たちの心理を類推する」ことにあると考えて頂ければと思います。

当然、あくまで“類推”にすぎません。そのような背景があってでき上がったプライスアクションなのか、それとも確かな演繹的な説明がつくプライスアクションなのかは一見しては区別不可能です。

ただ、それまでの相場付きや、他の分析手法と組み合わせることで、強力なツールとなることはお分かりいただけるかと思います。

プライスアクションというのは多岐にわたり、全てをこのスペースで紹介することは不可能です。より詳細に学んでいきたいという方は、幾つか出ているプライスアクション関連の書籍をご覧いただくことをお勧めいたします。

ここでは、最も簡単なプライスアクションについて、お話ししたいと思います。

ダブルトップの局面における重要な事実

ダブルトップは、ほとんどの方が一度は耳にされたかと思います。この系統のプライスアクションのバリエーションとして、ダブルボトム、ヘッドアンドショルダー、などがあります。

良く反転のサイン、と簡単に説明が書かれていますが、別に反転のサインではありません。これはある節目を二回試した後「反転したから」ダブルトップになったのであり、ダブルトップになったから反転したのではないという所が重要です。

プライスアクションを学ぶ上で重要なことは、形そのものではなく、そこに至る時にどのような背景があったのかを類推することです。

例えば、ダブルトップが完成しかけている局面において、重要な事実は、

・二度、ある節目が試され、反発した。つまりそこには新規、もしくはナンピンをおこなった成行買いの勢力が存在する

・その成行買いの勢力のストップ注文がその近辺に存在する可能性が高く、逆にそこで売りを仕掛けた少数の勢力のストップ注文もダブルトップパターンの近辺に存在する


この二つです。

さて、当然ながら市場の効率性が歪む可能性があるのは、そのストップ注文の存在と量、そしてポジションを建てた勢力のバランスです。ここに対して、このプライスアクションはある程度の情報をトレーダーに与えてくれていることが、見て取れると思います。

このようにして、いまそのマーケットにどのような勢力がいて、そのバランスはどの程度で、そしてストップ注文やさらに勢力が激しく売買を行いそうなポイントはどこにあるのか、ということについてある程度の情報を得るための手段がプライスアクションになります。

時間はかかりますが、その背景知識と合わせて、ぜひ一度深く勉強をして頂ければと思います。

では次回は、これまた有名なテクニカルツールである、移動平均線について、お話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase