価格ベースのFXテクニカル分析|ボリンジャーバンドとは?[月光為替]

それでは今回は、ボリンジャーバンドについてお話ししていきます。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、値動きの幅を表すテクニカル指標です。単純移動平均線と、標準偏差の線で表されます。

基本的には、SMAと、該当期間の終値標準偏差で構成されます。標準偏差は通常2倍したものが使用されます。場合によっては1σや3σも用いられます。

さて、まずは色々と考える前に、数式を見ていきたいと思います。

該当期間の単純移動平均線(SMA)は、移動平均の回で扱った数式と当然同等ですので、標準偏差の式を載せておきたいと思います。

σ = SQRT(((C1-Avg)^2 + (C2-Avg)^2 + ・・ + (Cn-Avg)^2)/(n-1))

Cn:終値
Avg:終値平均値(該当期間における)

基本的には単純な標準偏差の式となります。該当期間における平均値との偏差ですね。

つまり、これはある該当期間において、価格分布が正規分布に従うと仮定した時の、価格の取り得る分布を表しているということになります。

2σなら、95.45%の確率でその範囲に収まる、ということですね。

さて、ご存知の通り、マーケットの価格分布は正規分布には従いません。ただ、短期間で平静な相場においては、リターンの分布はほぼ正規分布に従います。ここでは、FXの値動き(価格分布)というのは、そのボラティリティが株式相場等に比べて圧倒的に低いので、本来であれば対数正規分布に従うはずの価格分布そのものを正規分布に近似しているわけですね(当然のことながら、相場が変化すれば、そのファットテールの影響は物凄く大きくなり、基本的には「べき分布」に従った価格分布となります)。

ボリンジャーバンドの相場への応用法

難しいことを書きましたが、相場への応用法は様々です。

基本的には計測したい期間における正規分布的な価格分布の範囲を可視化してくれるツールです。これは、生チャートでは判断しにくい部分でもあります。

例えば、トレンドが継続すると考えるのであれば、その押し目や戻りの取り得る範囲として、ボリンジャーバンドは目安になります。

ボラティリティそのものを可視化する目的で、勢いの良いブレイクかどうかを判断する目安にも成り得るでしょう。

トレンドと、統計的なボラティリティは、トレードをする上で把握しておくべき重要なツールです。このボラティリティを把握しておける貴重なツールとして、皆様もボリンジャーバンドに慣れ親しんでいただければと思います。

では、次回はピボットについて、お話ししていきたいと思います。

月光為替の売買ルール

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

【月光為替さんの関連記事】
月光為替の連載記事一覧はこちら
人工知能(AI)と為替(FX)|ヘッジファンドの最先端情報[月光為替]
月光為替とは何者なのか?FX攻略.com編集部が直接本人に聞いてみました

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase