勝ち組トレーダー思考に切り替えよ![大橋ひろこ]

勝ち残り続けているトレーダー100人に聞けば、100人が「資金管理」が最も大事で「ストップロスは必ず置く」と答えます。ところが、これがなかなかできないもの。

ストップ注文で損切りが確定した後、結局、また戻ってしまって、利益が手にできたのに……という経験を何度も繰り返すことで、損したのはストップ注文を置いたせいだと考えてしまったり、ポジションを取ってもストップに引っかかってばかりで、「ストップロス貧乏」になってしまい、資金がどんどん減ってしまうのが嫌だという心理が働いたりするからですが、それはストップを置かなくても、資金がどんどんなくなる人のトレード思考です。

要するに、エントリーポイントが悪い。ストップを置かなければ助かったという相場は、「たまたま」そうだっただけで、たいていはストップのおかげで助けられているのです。どうしても損失となった悔しさばかりが記憶に残っていきがちですが、助けられたことは印象に浅いものなのです。

また、ストップロス貧乏となって、投資資金がどんどん減ってしまう、という悩みも解りますが、それが当然のことなのです。どんな商売でも、利益を計上しようと思うなら、先行投資が必要ですね。元手ゼロで大きな利益を手にすることは不可能ですよね。損切りして損失を出す、というのも、同じように考えれば、利益を手にするための先行投資、コストだと考えます。リスクを取るからこそリターンがあるわけですが、ストップ注文でそのリスク(コスト)を限定させて、チャンスを待つということなのです。 10戦10勝のトレードなぞできるわけがありません。

3勝7敗でも勝ち組でいられるのが、勝ち組のトレード。7敗のコストがストップ注文のお蔭で極めて限定的なのです。そして、3勝の利益はできるだけ伸ばすという思考。損切りができないというのは、ただで(リスクを負わず)利益を手にしたいという、初心者が陥りやすい夢物語から抜けられないということなのだ、ということに気づきましょう。リターンを得るための先行投資は、どんな世界でも必要なのですから。

ロスカット注文を置かずに勝ち続けたとしても、あるとき、その利益をすべて飛ばしてしまうことが起こります。リーマン級の急落は100年に1度だから大丈夫、だとされていても、震災で急落するような事態はいつ何どき襲ってくるかわからないリスクです。どれほどの利益を手にしていても、一夜にしてすべてを失う可能性があるのが相場の世界。だからこそ、必ずロスカット注文を置くことを自分に義務づけて、相場と対峙しなくてはならないのです。(月刊FX攻略.com 2013年6月号掲載)

大橋ひろこの写真

大橋ひろこ(おおはしひろこ)

フリーアナウンサー。ラジオNIKKEIでレギュラー番組を務める他、レイモンド・メリマン氏のフォーキャスト特番も長く担当している。YMTVキャスターやWEBセミナーなどFX取引関連の番組に数多く出演。人気ランキング上位のブログ「ひろこのボラタイルな日々」では自身のFX取引の詳細を赤裸々に公開している。

公式サイト:ひろこの“ボラタイル”な日々

Twitter:https://twitter.com/hirokoFR

FX力を鍛える有名人コラム | 大橋ひろこの最新記事
FOMCとGDPに注目、米長期金利の動向がカギ[雨夜恒一郎]
【フィボナッチ】聖杯大公開!! 俺ならこう使う! – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
バイデン米大統領誕生へ。マーケットはどう動く[井口喜雄]
米国債利回り上昇・ドル反発局面は一時的[雨夜恒一郎]
人工知能と相場とコンピューターと|第9回 パックスジャポニカと第5世代の夢[奥村尚]
スキャトレふうたのテクニカル道場|第5回【エントリーを考える】②時間軸ごとの動き
これからの外国為替場の行方 第128回(FX攻略.com2020年12月号)[田嶋智太郎]
ローソク足2本を見るプライスアクション – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
バイデン次期大統領の追加経済対策に注目[井口喜雄]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|いよいよ米大統領選!基本トレンドの復習と年末年始に向けた戦略】
高田資産コンサル流・ドル円分析(2021年1月12日)[高田智雄]
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第三章> 第15回
目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~移動平均線を使いこなす(その2)~[いいだっち先生]
ドルの反発は一時的 結局相場はファンダメンタルズに従う[雨夜恒一郎]
素材価格から見るコロナ禍[佐藤りゅうじ]