米国金利上昇とドル高は正当化されず?![雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年5月7日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、米国債利回りの上昇を受けたドル買いが継続し、一時110.04円と2月以来の高値を示現した。しかしその後は利益確定の売りが優勢となり、109円台割れまで押し戻された。2年債利回り2.5%、10年債利回り3.0%、ドル円110円という節目にタッチしたことで達成感が広がったようだ。

FOMCは予想通り政策金利を現行の1.50-1.75%に据え置き、「インフレ率は2%に近付いた」と評価を一段引き上げたものの、「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「経済状況はFF金利の一段の緩やかな引き上げを正当化する形で進むと予測」といった主要なフレーズを据え置き、より利上げに積極的な文言を期待した向きにとっては物足りないものとなった。

さらに金曜日に発表された米国4月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が+16.4万人(予想+19.2万人)、平均時給が前年比+2.6%(予想+2.7%)と弱い結果となったことから一時108.65円まで下落した。ただ過去2か月分が計3万人上方修正されたことや、失業率が3.9%と2000年12月以来の4%台割れとなったことから、ドル売りも続かず。米国株の大幅上昇を背景にドル買いも入り、109円台を回復して週の取引を終えた。

年内利上げは「あと2回」

先週の当コラムでは、「平均賃金の上昇率が少しでも予想を上回るようなら、米国金利上昇とドル高が正当化されるが、予想以下となった場合は、このところの急上昇の調整局面となり、107-108円のもみ合いゾーンへ押し戻される公算が大きくなるだろう」と述べたが、結果は後者のシナリオを示唆している。FOMC主流派はインフレが2%を多少上回っても問題ないと考えているうえ、賃金上昇が一向に加速しないとなると、利上げを急ぐ必要性は薄れる。今回の雇用統計の結果を受けて、FF金利先物市場は、年内利上げは「あと2回」の見方を強め、「あと3回以上」の見方は後退した。

反動による下落リスクに注意

米国10年債利回りは、4月25日の3.035%をピークに直近2.95%と低下傾向が続いている。一時54bpまで拡大していた2年債と10年債利回り格差も、直近45bpと再び縮小(フラット化)している。こういう局面では、ドルに対して大きな上昇を期待することはできない。株高を受けたリスクオン型の円安というのはありうるが、ドル高を伴わない円安だけの片肺飛行では、ドル円の持続的な上昇を支えることは困難だ。まして米中が貿易問題で鋭く対立する中では、いつ貿易摩擦⇒円高という形でとばっちりを食っても不思議はない。110円台を付けた達成感も含めて、当面は反動による下落リスクに注意すべきであろう。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
今夜のFOMCは如何に!ドル円は年初来高値更新なるか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]