動かないマーケット、ゴールデンウィーク直前で思うこと[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年4月22日号

先週のドル円相場は

先週のドル円相場は、イースター休暇を前に動意が乏しくなり、112円をはさんでわずか40銭ほどの値幅(111.77円~112.17円)での小動きにとどまった。ワシントンで日米物品貿易協定(TAG)交渉の閣僚級会合が開かれ、通貨安誘導を制限する為替条項の扱いが注目されたが、今回このテーマは財務大臣の協議に任せることで合意がなされたため、材料とはならなかった。

記録的な低ボラティリティ

週間の値幅の今世紀最小記録は2012年1月第2週の32銭だそうだが、先週はそれに次ぐ狭いレンジとなった。また今月ここまでの値幅は1.39円だが、これも2011年12月の1.34円に次ぐもので、今のところプラザ合意後で2番目の小動きである。ドル円の予想変動率(インプライド・ボラティリティ)は1週間で4%台前半、1か月で4%台半ばと記録的な低水準となっている。

ドル円ボラティリティ・インデックスは過去最低レベル 出所:CBOE

自動売買の発達

ここまで動かなくなった原因は何かといえば、おそらくコンピュータによる自動売買の発達が挙げられるであろう。数ピップスごと、場合によってはゼロコンマ数ピップごとに自動的に買い下がり・売り上がりを行う逆張りプログラムだ。ヘッジファンドやCTAだけではなく、個人相手のFX業者でもこうした発注機能を提供しているところがあり、参加者のすそ野は広い。レンジ相場において成果が上がる手法であるため、動かないマーケットでは逆張りのオーダーが分厚くなってますます動かなくなるというわけだ。

オプションの売り

レンジ相場と低ボラティリティが続くと、今度はマーケットが動かないことを予想して利益を得ようという動きが現れる。それはオプションの売りである。例えば、1か月後に現在の水準と同じ112円でドルを売る権利と112円でドルを買う権利を同時に売却する(ストラドルの売り)とする。1か月後もドル円の水準が112円のままなら、これらのオプションは無価値になるため、オプションを売却して得たプレミアムはすべて利益となる。オプションの売りが人気となると、インプライド・ボラティリティは低下が加速し、マーケットはいよいよ膠着する。現在はすでにこの段階に入っていると思われる。

今週末から10連休

しかし、マーケットというものは永久に均衡するということはありえず、オーダーがどれだけ分厚くても動く時が来れば動く。そして逆張り自動売買とオプションの売りが極限に達した状態になると、マーケットが少し動いただけで巨大な損失が発生することになる。逆張りプログラムが売買を停止し、オプションの売り手が損失回避に動くとき、一瞬で流動性が枯渇する…そう、1月のようなフラッシュクラッシュが起こるのである。ボラティリティの極端な低下の後でしばしば急変動が起こるのはこうした背景がある。

おりしも今週末から日本はゴールデンウィークに突入し、東京市場は未曽有の10連休となる。フラッシュクラッシュに備えよとまでは言わないが、ボラティリティは異様な低レベルにあり、そろそろ急変動が起こってもおかしくない。狭いレンジを想定した逆張り戦略はほどほどにしておくのが賢明だろう。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066