稼げるトレーダーへの第一歩は上か下かの二択ゲームからの脱却![月光為替]

今日は、よくある根本的な誤解についてお話しをさせて頂ければと思います。それは、「FXトレードは結局、上か下かを当てるゲームだ」というものです。たとえば、トレードを真剣にやっていない人が良くする質問が、「これからドル円はあがるのか?教えてほしい」という類のものです。もう、この質問をする時点で、トレードの本質を全く分かっていないことが露呈されます。

FXは単純な二択ゲームではない

はっきり言いますが、「FXは上か下かを当てるような単純なゲームではない」です。トレードは、確かにどちらかの方向に予想はします。短期的に上昇の確率が高いのか下落の確率が高いのかを考え、より優位な方に賭けます。

ですが、同時にどこがその仮説が崩れてしまうポイントであるのかを事前に認識し、ポジションを手放す位置を事前に決めておきます。さらに、その方向の優位性が保たれている内に、細かく利益確定が出来るルールを事前に考えておきます。そして、自分の資産推移を最適化できるような、目的に合ったポジションサイズを決定し、一度にマーケットにさらすリスクを事前に決めます。

この一連の流れを全て、繰り返し行うのがトレーディングであり、決して方向の予想だけすればよいゲームではありません。

1月前半に米ドル/円を売ったとして耐えきれましたか?

考えてもみてください。例えば今年米ドル/円は年始から下落傾向にあります。ならば、米ドル/円を売っていれば果たして儲かっていたのでしょうか?勿論、マイナス金利導入決定後に米ドル/円を売っていればほぼほぼ今は利益が出ていると思います。では、それより以前、1月前半に売っていればどうなのでしょうか。2月前半に売ればどうだったでしょうか。

FXに限らずマーケットの世界では、トレンドが出来たとしても、必ず波が出来ます。その波の振幅は、時折ものすごく大きいものになります。1月前半に米ドル/円を売っていれば、結果今のチャートを見れば正しい方向には賭けていますが、十中八九マイナス金利発表の時に損失に耐え兼ねて手放すことになっていたでしょう。

次回からは、今までの質問の代わりに、こう質問してください。「これから米ドル/円を、どのポイントで、どちらの方向にエントリーしますか?その際のストップロスの設定と、利益確定のポイント、あと、ポジションサイズを教えてください」と。まぁこんな質問に毎回答えてくれるお人よしはいないでしょうから、皆さんはこれから自分でこの質問に答えられるようにならなければなりません。トレードは決して上下を当てる単純なものではないということを心に刻んで、これから勉強をしていきましょう!

では、次回は「予想」に関してその限界と対処法を話していきます。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
週刊FXシナリオ|週末24日はドイツ総選挙(9/22 6:50)[阪谷直人]
価格ベースのFXテクニカル分析|トレンドラインとは?[月光為替]
いよいよ今夜はFOMC!パラダイムチェンジとなるか[井口喜雄]
超初級MT4講座|第3回 MT4が動かない時の対処法とチャートデザイン設定[鹿内武蔵]
北朝鮮のミサイルに政策金利とファンダ主体の1週間[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ秋相場、はじまりました!」[国府勇太]
FOMCはバランスシート正常化発表へ 年内利上げ確率も急上昇[雨夜恒一郎]
超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵]
超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]
週刊FXシナリオ|現実主義へと変質するトランプ大統領(9/15 4:21)[阪谷直人]
【例題】ダウ理論とサポート&レジスタンスを用いた簡単な売買ルールとその検証方法[月光為替]
リスクオフ巻き戻しを材料にしたドル高は短命に終わるか[井口喜雄]
2017年ここまでのトレード成績を公開![木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「こんなに下げたの?マーケットテーマは北朝鮮!」[国府勇太]
ハリケーン被害で利上げ遠のく?!ドル円は弱気トレンド再開[雨夜恒一郎]