ストップロスを入れない、ポジションサイズを気にしないから稼げない[月光為替]

では、ブラックスワンに対するもう一つの対処法である、ストップロスオーダーを使う方法について今回は話していきたいと思います。

ストップロスを入れるのは注文時の鉄則

ストップロスオーダーは、個人でトレードをしていくにあたり、必ず使いこなしていかなければならないものです。どんなトレードを行う際にも、絶対にストップロスを入れて注文するようにしてください。

ストップロスオーダーというのは、実は万能ではなく、むしろ前回お話ししたマーケットニュートラルポジションを取っていく方がリスクは低減されるのですが、現実的に特にFXの個人トレーダーでは難しい部分が多いです。 

ストップロスオーダーを入れていたとして、例えばスイスフランショックの時や、最近ですとイギリスEU離脱の時などは、もともと入れていた指定の値段から何百pipsも離れたところで約定してしまうこともあるでしょう。 

ですが、そうはいっても現時点でブラックスワンから身を守るには、なんとかストップロスオーダーと上手く付き合っていくしかありません。 

まだ、スキャルピングからデイトレードレベルの値幅でトレードする場合は、ストップも現在値からそう遠くない位置に入れると思うので問題はないと思いますが、スイングや、中長期投資となるとかなり遠いところにストップを置くことがほとんどでしょう。

また、スイングなどになるとストップを入れなかったりする人も多々いると思われます。 

そういう時にブラックスワンが起きた時のストップというのは、かなり役に立たないものになるかもしれません。それを頭に置いたうえで、ポジションサイズを上手く管理してそのリスクと向き合うようにしてください。

トレーダーが最も気にしなくてはいけないのがポジションサイズ

様々なリスクがトレードにはありますが、最も人を葬り去るのは「ポジションサイズ」です。これがマーケットの流動性に比べて大きすぎれば、おのずと逃げたいときに逃げられないということになります。

ストップロスオーダーは、決して万能ではありません。防弾チョッキで爆弾から身を守ることができないように、どうしても無理なときはやってきます。

ですが、普段から流動性に気を付け、ポジションサイズに気を付け、必ずストップを入れる、といった本当に基本的なことだけが、唯一の防具であるなら、それを使わざるを得ないのです。

負けないように負けないように繰り返していけば、気づけば勝っていた。そんな状態の先に、目指す大金が眠っていることを念頭に置いて、トレードを続けていっていただければと思います。

では、次回から、最後の障害である、「メンタル」についてお話ししていこうと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]