今年最後のビックイベントFOMCは如何に[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

今年最後のビックイベントとなるFOMCを控えて、FRBは米利上げペースを緩めるのではないかとの思惑からドル円は売られる展開となっています。また、トランプ大統領が連日ツイッターでFRBの米利上げをけん制しているほか、米債券王ガンドラック氏や、米著名投資家ドラッケンミラー氏もFRBは今回利上げをすべきではないと訴えており、今夜のFOMCは不穏な空気が漂ってきました。

米利上げに疑心暗鬼

本日正午過ぎにCMEグループのFedWatchを見てみると今夜のFOMCで米利上げする確率は69.8%と70%を下回る状況です。FRBはこれまで利上げの際、サプライズを与えないように80%前後はマーケットに利上げを織り込ませてきましたが、今回はFOMC直前で70%割れと微妙な数値まで下がっています。2016年から続く米利上げサイクルのなかでFOMC直前にこのような動きをすることは珍しく、マーケットが米利上げに対して疑心暗鬼になっている証拠と言えるでしょう。

メインシナリオは「0.25%利上げ」「来年は2回」「パウエル議長ややハト派」

ここにきて今夜のFOMCで「利上げなし」といった声も聞こえてきますが、さすがにその可能性は低いように思います。

仮に「利上げなし」となればトランプ大統領のプレッシャーやマーケットの声に屈したと判断され中央銀行としてFRBの独立性が疑問視されてしまうからです。さすがにパウエルFRB議長がそこまで弱気になるとは思えません。メインシナリオとしては0.25%の利上げと、来年3回としていた利上げを2回へ下方修正。パウエルFRB議長の記者会見ではあしもとの発言を考慮するとややハト派寄りになるのではないかと思います。

このシナリオであれば初動はドル売りで反応しそうです。しかし、ドルは既にこのシナリオを織り込んで下落していることからセルザファクト的な買いもある程度は入るでしょう。また、NYダウが上昇する展開も想定されますのでリスクオンの円売りで下値を支える可能性もあります。そのため、短期勢の売り仕掛け後のショートカバーに乗れるチャンスがあれば入っていきたいです。しかし「利上げサイクルの一時停止」や「来年の利上げ1回」などネガティブサプライズとなる可能性や、もちろんその逆もあり、今回は複数のシナリオが考えられます。すぐに飛びつくのは危険で内容をしっかり確認してからのトレードになるでしょう。

★スプレッド業界最狭水準宣言。★

みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できます!

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu