カウンター覚悟の下値攻め[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

膠着状態を抜け出せるか

ドル円は108.50を中心に方向感が出せていません。長期化必至の米中貿易戦争や、FRBによる米利下げ観測はドル円にとってネガティブ要因ですが、米利下げ観測からの株価上昇がポジティブ要因となり強弱材料の綱引きから膠着が続いています。また、トランプ相場も健在でツイート1つで相場の流れが変わるため、怖くてポジションを大きく傾けられないことも膠着要因としてはあるでしょう。イベントでは今夜21:30に予定されている米消費者物価指数は注視しています。FRBが米利下げスタンスを鮮明にするなか、インフレの最重要指標の結果次第で利下げが加速するか、後退するかに注目です。

カウンター覚悟で下値攻め

不透明要因が多くドル円はどちらかに偏ったポジションは危険ですが、トランプ大統領の場当たり的なツイートを見ているとやはりリスクオフに警戒しなくてはなりません。足元のツイートでも「今月末のG20で米中首脳会談が実現しなければ全輸入品に関税を課す第4弾を直ちに実施する」と語っています。しかし、米中首脳会談は現段階で何も決まっていません。G20まで残り時間が少ないなかで米中首脳会談の開催のあるなしを別にしてもここから何らかの合意にもっていける確率は低いのではないかと考えています。

また、ここ数日米利下げ期待から株価が上昇していますが、こちらも上昇が一服すれば米利下げの催促相場となり、ドル安再燃もシナリオとしてはあるでしょう。テクニカル面では足元できれいにワークしている21日移動平均線の差し掛かる109.15円付近がレジスタンスとして意識される一方、下値は今月に入って4回サポートされている107.80-90円が急所となりそうです。基本スタンスはこのレンジ下限に向けて下値を攻めていく方針です。

★高水準のスワップが魅力★

みんなのFXでは、買スワップを、

トルコリラ/円 1Lotあたり105円
メキシコペソ/円 10Lotあたり162円
南アフリカランド/円 10Lotあたり150円

で提供中!! ※5月27日時点

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/market/swap/

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト ためため 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト ためため 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu