サンドウィッチ間瀬

  • 詳細へ
    2020年10月16日
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第5回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart2「量的・質的金融緩和」とは? その①
    ミノリ ねぇサンドウィッチ間瀬君、前回は日銀のマイナス金利政策について教えてもらったけど、それ以外の日銀の金融政策って、ややこしくてよく分からないんだよね。ざっくり教えてよ! 間瀬 現在の日銀の実施している金融政策はマイナス金利政策も組み込まれた「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」だよ! ミノリ 長短金利操作…すみません、初っ端から分かりません(泣)。 間瀬 なるべく簡単に説明するね。まず、現在の日銀の金融政策の目標は「物価上昇率を安定的に2%を超える水準にすること」なんだ。 ミノリ 物価上昇?  えー、いやだぁ。物の値段が高くなるってことでしょ? サンドウィッチが値上がりしても良いの? 間瀬 ゆっくりと物価が上昇することは良いことなんだ。物価上昇の影響をサンドウィッチで説明するね。サンドウィッチの販売価格が上がるということは、サンドウィッチの販売店、卸売、食品メーカーの売上も増えるよね。売上が増えれば、そこで働く労働者の給与も上がる。その労働者たちが、さらに商品を買う、その商流の会社が儲かる…という好循環で経済が拡大することが期待できるんだ(図①)。そして「2%の物価上昇率」という…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第4回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart1「日銀のマイナス金利政策」とは?
    2020年9月12日
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第4回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart1「日銀のマイナス金利政策」とは?
    ミノリ ねぇ、サンドウィッチ間瀬君。日銀がマイナス金利政策をとっているのは知ってるんだけど、正直それがどんなことなのか理解できてないままなの。改めて教えてくれない? 間瀬 マイナス金利政策は、一般企業である市中銀行が、日本銀行に預け入れる「日銀当座預金」の一部に、マイナスの金利を設定することだよ! ミノリ あれ、マイナスの金利になるのは、私たちの銀行口座ではなくて、銀行の日銀当座預金なんだね? もう少しで自分の銀行預金からお金を全部引き出すところだったよ。ホッ。 間瀬 2016年1月、日銀は「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定したんだ。マイナスっていう言葉のインパクトが強くて、一般の人が「自分の銀行預金の金利もマイナスになるのか」と混乱してしまうのも無理はないよね。 日銀は「銀行の銀行」と称されるように、市中銀行が保有する預金の一部を日銀当座預金で管理する役割もあるんだ。マイナス金利政策は、その日銀当座預金の一部にマイナスの金利を設定することを指すよ。マイナス金利政策の目的は、ざっくりいうと「市中に出回るお金を増やすことで、消費や投資を活発化させ、物価の上昇や経済の活性化…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第3回「スプレッド」とは?Part2~市場の流動性から考える~
    2020年8月15日
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第3回「スプレッド」とは?Part2~市場の流動性から考える~
    ミノリ 前回、FXのレート生成の仕組みから、スプレッドがどのように設定されるのかを解説してもらったけど、時々すごくスプレッドが開くのはなんで? 間瀬 結論からいうと「市場の流動性がなくなるから」なんだよ。前回のおさらいをすると、投資家が日々目にするレートは、銀行が配信するレートを基に生成されるんだったよね。 ミノリ そうだった! 市場の流動性というのも、レートを配信する銀行が関わってくるの? 間瀬 その通り! 銀行の配信レートには「ドル円=●円なら受け付けるよ」という情報の他に「●万通貨までは取引できるよ」という条件がついているんだよ。銀行からの配信レートを見やすくするとこんな感じだね(図①)。 真ん中のRateは、FX会社目線でいう「カバー取引を行うことのできるレート」を指しているんだ。赤枠で囲ったA銀行を例にすると、「500万通貨までならドル円=99.998円で売りカバー取引を行うことができる」ということを指しているよ。 銀行ごとに配信してくるレートや取引数量が異なるので、この中からどこの銀行とカバー取引を行うかはFX会社の裁量に任されているんだね。 ミノリ なるほど。この中から良…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第2回 「スプレッド」とは? Part1~レート生成の仕組みから考える~
    2020年8月11日
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第2回 「スプレッド」とは? Part1~レート生成の仕組みから考える~
    ミノリ 最近、FX会社の広告で「スプレッド業界最狭水準!!」とかよく見るけどさ、そもそもスプレッドって何? サンドウィッチ間瀬(以下、間瀬) スプレッドは、投資家目線で見たBid(売値)とAsk(買値)の価格差のことだよ。 例えば、ドル円のレートで、「Bid:110.000 Ask:110.004」みたいに表示されているのを見たことがあると思うけど、それはつまり売りの注文を受け付けるレートがBid:110.000。買いの注文を受け付けるレートがAsk:110.004ってことで、その差額の0.004円(0.4銭)がスプレッドとなるんだね(図①)。 ミノリ なるほど…って、あれ? このレートで「買って、すぐ売る」場合、Askの110.004で買って、Bidの110.000で売ることになるよね。差し引き0.004円、つまり0.4銭のマイナスにならない? 間瀬 その通り。基本的に、スプレッドの差の分だけ、Bid<Askになるからね。スプレッドは、FXにおけるレートの生成過程を知ることで理解が深まると思うよ! ミノリ レートの生成過程? FXの取引レートって、作られるものなの? 間瀬 そうなんだ…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第1回 スワップポイントの仕組みって?
    2020年7月13日
    インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第1回 スワップポイントの仕組みって?
    ミノリ ねえ、サンドウィッチ間瀬くん! スワップポイントってよく聞くけど、実はよく分かってないんだよね、教えてくれない? サンドウィッチ間瀬(以下、間瀬) スワップポイントを理解するためには「スポットレート」と「フォワードレート」を押さえておく必要があるよ! ミノリ スポットレート? フォワードレート? 何それ!? 間瀬 まず、外国為替市場のルールから押さえよう! 外国為替市場では、取引の2営業日後に資金決済を行うというルールがあり、スポットレートは、その取引に用いられるレート。よくニュースなどで使われる為替レートは、このスポットレートが用いられてるよ(図①)。 そして、フォワードレートは2通貨間の金利差を用いて、現時点から将来時点における為替レートを理論づけるもの。超簡単にいうと、スポットレート以外のレートのことだよ(図②)。 ミノリ そうなんだ。でもこれがスワップポイントと何の関係があるの? 間瀬 そうなるよね。スワップポイントの発生する仕組みを説明するよ! 投資家がFX取引でUSD/JPY(ドル円)を買った場合、実はFX会社も同様に外国為替市場でドル円を買う「カバー取引」を行うん…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
    2020年5月31日
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
     これまで2回にわたり、FX取引におけるルールの重要性や考え方に触れてきました。今回は趣向を変え、投資家の多くが知らない、かつ謎に満ちている(?)「ディーラーの仕事」を紹介いたします。 カバー取引とは  投資家の関心が高いのは「ディーラーは、どのようにして利益を生みだしているのか」という点でしょう。今回は主な2点を挙げます。  一つ目は「カバー取引」です。例えば、ドル円を新規で買う投資家の取引を、ディーラー視点で見てみましょう。投資家がドル円の買い注文を行うとき、ディーラーは「ドル円の買いポジションを、投資家に売る取引」を行います。その取引の結果、ディーラーには取引価格が一致する投資家と逆のポジションが発生することになります。ディーラーの売りポジションは、投資家と同様に為替リスクにさらされます。そのリスクを解消する取引が「カバー取引」です。  この例の場合、ディーラーはインターバンク市場からドル円を買うことで、先ほどの売りポジションを相殺します(図参照)。その際、売りポジションの取引価格を下回る買値でカバー取引を行うと、ディーリング収益が生じます。  また、投資家の取引後にディーラーが…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!時間帯別の相場変動からルールを導く[間瀬健介]
    2020年4月2日
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!時間帯別の相場変動からルールを導く[間瀬健介]
     インヴァスト証券ディーリング部所属の間瀬と申します。前回コラムで「ルールに基づく取引の重要性」に触れました。ルールに基づく取引を行うためには「いくらで決済する」という決済ルールを定める必要があります。では、その決済ルールはどのように設定すれば良いのでしょうか。今回は決済ルール設定の一つの考え方として、時間帯別の相場変動に着目します。 相場変動には時間帯別の特徴がある  図①は、ドル円が直近1年間の各時間帯で、どれだけ動いたか(平均変動価格)と、大きく動いた件数(変動件数)を集計して、相場変動の傾向を示したものです。  朝方の着眼点は、6~8時台の小康状態から、9時台に平均変動価格が約16pips、変動件数が50件超と、相場変動が大きくなる点です。一つの要因は、9時55分の「仲値の設定」です。仲値は、金融機関が顧客に1日を通し提示する為替レートを設定するもので、実需マネーが動くことから相場変動が大きくなる傾向にあります。その後、15~17時はロンドン市場への変移に伴い相場変動が大きくなります。21~23時は米国の重要経済指標の発表で勢いが増し、22時台には平均変動価格が約17pips、…
  • 詳細へ
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ルールと資金管理の重要性[間瀬健介]
    2020年3月19日
    インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ルールと資金管理の重要性[間瀬健介]
     インヴァスト証券ディーリング部所属の間瀬と申します。今回はFX取引における基本の「き」ともいえることを2点、お伝えいたします。 利小損大になってしまう理由  皆さまは、日々のニュースなどを基に「相場は、今後こうなるだろう」と予想して新規の取引を行っていると思います。実はこの予想の当たり外れよりも、その後の決済の取引が重要であり、強い投資家はルールの下で決済を行います。  人間は利益確定を急ぐ反面、損切りは遅々と行えず、利小損大の取引をする傾向にあることが行動経済学の論文(※1) で指摘されています。実際にディーラーから見て上手に取引をされる投資家は、機械的に決済を行うことで人間の弱い部分をカバーしているように思えます。  また、ルールを設けていない投資家は、なかなか損切りができていない傾向があるようです。利益を細かく取るため勝率は比較的高いようですが、利小損大の結果、トータルでは損失が発生しているように思えます。 ※1)Daniel, Kahneman and Amos Tversky (1979) “Prospect Theory: An Analysis of Dec…