FX特集

【FX手法】日足でのトレンド発生を判断し、15分足でその流れに着実に乗る!独自インジケーターによる短期売買[のぶし]

【FX手法】日足でのトレンド発生を判断し、15分足でその流れに着実に乗る!独自インジケーターによる短期売買[のぶし]

FX手法のポイント

FX手法のポイント
  • 戦略:日足でトレンドが発生している方向に15分足で押し目買い、戻り売り
  • トレード時間軸:日足、15分足
  • テクニカル:トレンドライン、カスタムインジケーターのWinner

新規

  • 日足で「高値更新」「トレンドライン崩壊」「200ポイントリバース」「Winner分析」で上昇トレンドを確認
  • 15分足に出現した2回目のWinnerサインで買いエントリー

損切り

  • 15分足のWinnerに逆向きのサインが出たら損切り。また、20~30pipsにあらかじめ損切りを置き、高値や安値も意識

利確

  • 10~20pipsの利益が乗ったら決済する

※ここでは上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

手法解説|日足で流れをつかみ15分足で刻む

 のぶしさんのトレード手法は、シンプルなチャート分析にオリジナルのインジケーター「Winner」を組み合わせたものです。

 まずは日足を「高値更新」「トレンド崩壊」「200ポイントリバース」「Winner」の四条件で分析して、トレンド発生を見極めます。

 トレンド発生が認められたら15分足でWinnerの第2波を狙います。第2波では、チャート上にサインも出ます。

 利益確定と損切りは、あらかじめ値幅を設定した上で、直近の高値や安値、Winnerサインなどを見て、臨機応変に対応していきます。

 最初は200ポイントリバースも判断基準になる、ドル円やユーロドルから練習してみましょう。

ポイント1|高値・安値更新、トレンドライン崩壊、200ポイントリバースとは

ポイント1|高値・安値更新、トレンドライン崩壊、200ポイントリバースとは

①高値・安値更新

トレンド継続中は高値と安値の切り上げ、または切り下げが続きます。上の例なら、安値をこれ以上更新できなくなり、なおかつ高値を更新したところで上昇転換と判断します。

②トレンドライン崩壊

トレンドが転換するときには、これまでのトレンドラインを突き抜けます。そのときに効いているトレンドラインを常に引くことが大切です。

③200ポイントリバース

ドル円とユーロドルのみに見られる特徴で、直近の最高値や最安値から200ポイント(pips)逆行すると、トレンド転換した可能性が高まるため、この特徴を利用します。

ポイント2|Winner分析で反転タイミングを見極める

ポイント2|Winner分析で反転タイミングを見極める

シンプルな指標だが多様な使い方が可能

Winnerの基本的な使い方はシンプルで、グラフが上向きに転じたら、相場の流れが上昇に転換したと判断します。日足ではポイント1の①~③の3条件に加え、Winnerの転換でトレンド発生を確認しましょう。また、15分足ではWinnerサインがエントリーの基準になります。

エントリーは第2波

Winnerでは、エントリーを示唆するタイミングで、チャート上に矢印が表示されます。さらに、同じトレンドの流れで出た二度目の矢印では、小さいマークが表示されます。これはトレンドの2波目に乗るための目印で、今回の手法アイデアでは15分足のエントリータイミングに使用します。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

実戦トレード①|暴落後の反転上昇でしっかり利益獲得(ドル円 2020年3月23日)

実戦トレード①|暴落後の反転上昇でしっかり利益獲得(ドル円 2020年3月23日) 実戦トレード①|暴落後の反転上昇でしっかり利益獲得(ドル円 2020年3月23日)15分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月23日18時15分 110.777円 Buy
  • 決済:3月23日18時30分 110.977円 Sell
  • 獲得損益:+20pips

本人コメント

新型コロナウイルス騒動による急激な円高後の値動きで利益が出たトレードです。ドル円の日足チャートで高値を更新し、トレンドラインが崩壊。そして200ポイントリバースがあり、Winnerが上昇に転じたため、買い目線でチャートを見ました。15分足でWinnerの反転後、2回目のWinnerサインで買いで入りました。そこからそのまま上昇したので、20pipsの利益を確保しました。

実戦トレード②|一度は含み損になるもしっかり利食い(ポンド円 2020年3月27日)

実戦トレード②|一度は含み損になるもしっかり利食い(ポンド円 2020年3月27日)日足チャート 実戦トレード②|一度は含み損になるもしっかり利食い(ポンド円 2020年3月27日)15分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月27日19時45分 134.194円 Buy
  • 決済:3月27日21時45分 134.394円 Sell
  • 獲得損益:+20pips

本人コメント

新型コロナウイルス騒動後の上昇相場で利益を得たトレードです。日足で高値更新とトレンドライン崩壊を確認したので買いの準備(ポンド円なので200ポイントリバースは参考にしません)。15分足でWinnerの反転後、2回目のWinnerサインで買いエントリーしました。ここから一度は下げたものの、しばらくして20pips上昇したので利益を確定しました。

実戦トレード③|逆のWinnerサインまで利を伸ばす!(ユーロドル 2020年4月2日〜4月3日)

実戦トレード③|逆のWinnerサインまで利を伸ばす!(ユーロドル 2020年4月2日〜4月3日)日足チャート 実戦トレード③|逆のWinnerサインまで利を伸ばす!(ユーロドル 2020年4月2日〜4月3日)15分足チャート

トレード結果

  • エントリー:4月2日14時00分 1.10666ドル Sell
  • 決済:4月3日18時30分 1.10068ドル Buy
  • 獲得損益:+59.8pips

本人コメント

ユーロドルが上昇から下降に転じたところで売りを狙ったトレードです。日足チャートで安値を更新し、トレンドラインが崩壊、200ポイントリバースを達成した上に、Winnerの反転が発生したため、売り目線でチャートを分析しました。15分足でWinnerの反転後、2回目のWinnerサインで売りエントリーしました。ここではすぐに利食いせず、逆向きのWinnerサインが出るまで引っ張ったため、60pips近い利益を取ることができました。

実戦トレード④|エントリー後にトレンド転換で撤退パターン(ドル円 2020年3月25日〜3月26日)

実戦トレード④|エントリー後にトレンド転換で撤退パターン(ドル円 2020年3月25日〜3月26日)日足チャート 実戦トレード④|エントリー後にトレンド転換で撤退パターン(ドル円 2020年3月25日〜3月26日)15分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月25日17時15分 111.520円 Buy
  • 決済:3月26日01時45分 110.999円 Sell
  • 獲得損益:−52.1pips

本人コメント

新型コロナウイルス騒動による急激な円高後の値動きで損切りになったトレードです。ドル円の日足チャートで高値を更新し、トレンドラインが崩壊、200ポイントリバースを達成し、Winnerの反転が発生したため、買い目線でチャートを分析しました。15分足でWinnerの反転後、2回目のWinnerサインで買いエントリーしましたが、逆のWinnerサインが出たので、直近安値のブレイクで損切りしました。

※この記事は、FX攻略.com2020年6月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

のぶしさんの手法を動画で学ぶ

投資ECメディア「GogoJungle」でFX攻略.comが出品しているコンテンツです。チャートを見ながらトレーダーさん直々の解説が聞けるので、手法のポイントが本当にわかりやすいんです! まずはダイジェスト動画をご覧ください。

ABOUT ME
のぶし
のぶし
現役歯科医にして裁量トレーダー。FX歴10年。オリジナルインジケーター「Winner」をGogo Jungleで発売中。旅行とカジノをこよなく愛す。 Winner販売ぺージ:のぶしのインジケーター「Winner」
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい