FX力を鍛える有名人コラム

ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために

読者の皆さま、こんにちは! 今回から私の新連載が始まります。題して、ケッティーのFXテクニカル虎の巻です。以前の連載ではFXのテクニカル分析について触れてきませんでしたが、新企画では、FX初心者の方がトレードで利益を出せるようになるために必要なテクニカル分析を中心にお話ししたいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2016年12月号の記事を転載・再編集したものです

最初に決めたい自分のFXスタイル

第1回は導入編として、一般投資家の方が勉強をする上で大切なポイントを話したいと思います。今、この文章を読んでくださっているあなたは何に困っているでしょうか? トレードで勝てるようになるには、多岐にわたる勉強が必要となりますが、私はまだ結果が出ていないときに、テクニカル分析の力を養うために一つの手法をしっかりと使いこなせるようになることが大切だと、色んな方からアドバイスをいただきました。

まずは自分の勝ちパターンを作るということです。この言葉はおそらくあなたも聞いたことがあると思います。ところが、この自分の勝ちパターンはどのようにして作っているでしょうか? そもそも、相場の世界にはどんな優位性の高い手法が存在し、どんな場面で機能し、それを使いこなすにはどのようなことを自分はしなければならないのか? この視点を持って最初からトレードの勉強をする方は非常にまれであると、多くの方と会って分かりました。

もちろん、私も同じでした。例えば、服を選ぶとき、お店の中をざっと見渡します。並んでいる服の中から手に取り、何着か選んでいきます。店員さんにもアドバイスをもらいながら、どれか良いかを考えます。そして試着をして、その中から自分の体型に合うものや色、デザインなどを確かめて購入します。

自分の勝ちパターンを作る上では、服選びのように、まず手法にはどんな種類があるのか知らなければなりません。スーツを着るには、ワイシャツとネクタイも必要と分かっていなければ、とんでもないことになります。着こなしを知らなければならないように、手法の特徴を知らなければなりません。

その次に、自分はどんなスタイルでトレードをしたいのかも決めなければなりません。アメカジスタイルが好きなのか、イタリア男性のように格好良くキメたいのか、自分のスタイルを明確にすることも大切です。

ここまで決まれば、後は自分に合った手法を選び、力を付ける練習段階に入ります。この流れは次の段階になりますので、今回は横においておきます。

どの手法を選ぶか? 三つの選択肢

それでは、この手法にはどんなものがあるのかを深掘りしましょう。手法には大きく分けて、3種類あります。

① トレンドが発生してから、そのトレンドの途中でエントリーをして、利益を出すトレンドフォロー手法

② レンジ相場内の上下でエントリーをして、利益を出すレンジ手法

③ 相場の底や頂点でエントリーをして、利益を出すトレンド転換手法

初心者の方が取り組みやすいのは①、②になります。③の手法は上級者向きとなります。そして、この三つの手法でのエントリー方法はそれぞれ異なりますので、どのようにして各相場環境で精神的にストレスが少なく(=エントリー後含み益で保有できる)エントリーできるかのテクニックが必要になります。

①〜③の手法には、それぞれ特徴があります。

①はトレンド発生後にエントリーをするので、ある程度相場の流れも掴みやすく、また一旦エントリーをすればある程度、利が乗りやすいといえます。何度も売買を繰り返して利益を出していくというわけではありません。

②はレンジ相場ですから、的確に利確をしっかりしなければ建値に戻ってきやすい特徴があります。さっきまで20pipsの利益があったのに、2時間経ったら戻ってきてしまった……というようなことが起こります。あまり長くポジションを保有したまま生活するのは気になって落ち着かない、という方にはお勧めです。

③はトレンド転換になりますので、エントリーが非常に難しい手法です。簡単にいうと、アップトレンド真っ最中に売りポジションでエントリーをしますので、そのトレンドが継続した場合、あっさり損切りになってしまい、また何度も深追いをしたときには大きな損失を招くことも。しかしながら、相場の天底でエントリーをしますので、ごっそり利益を出せる手法になります。途中のレンジやトレンド発生も余裕で見ていれば良く、数日、数週間の保有で大きく利益を上げていくものになります。

以上のように、各相場環境で使用する手法は異なってくることを今回はお話ししました。あなたはどの手法がお好みですか? 次回はこの続きをお話ししたいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2016年12月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
【ボリンジャーバンド+移動平均線】レンジ相場で逆張りスキャルピングFX手法[ケッティー]
金融を知らない主婦がFXで勝てるようになった勉強法[ケッティー]
MT4入門編④|有名トレーダー6名のMT4分析環境を大公開!

あわせて読みたい