なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第3回 フラッグを理解する[神藤将男]

なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第3回 フラッグを理解する[神藤将男]

利益が大きく取れるトレンド相場への関心が高い人は多いですが、トレンドのない場面には興味を示さない人もいるのではないでしょうか? トレンドで利益を丸ごと取るためにはトレンドが発生していない中間波動といわれる局面を制する必要があります。ここでは、そんな中間波動の攻略方法を神藤将男さんに教えていただきます。

中間波動攻略のための概念を深堀りしていく

 皆さん、こんにちは。前回は中間波動を攻略するための重要な二つの概念として、「値幅調整」と「日柄調整」について説明しました。この二つの概念を理解することで中間波動を攻略するための第一歩を踏み出せます。今回からは、その概念を徐々に深堀りしていきますので楽しみにしておいてください。

中間波動におけるパターンを見極める

 相場は実にシンプルで、上がるか下がるかは二分の一の確率です。しかし、そう簡単にいかないのが現実の相場です。なぜなら、そこに中間波動というくせ者が紛れ込んでくるからです。そこで、トレンド相場がひとまず終わりを迎えようとしたときに、考えなければならないことがあります。それはトレンド転換となるのか、それとも中間波動となるのかということです。そして、中間波動であれば日柄(日数)がたっても大きく下がらないときは日柄調整の可能性が高まります。

 一方で、値幅調整のときはトレンド転換か中間波動かの見極めが難しいところがあります。その迷いを解消するために中間波動攻略メソッドにあるいくつかのパターンを学んでいきましょう。それによりトレンド相場をより取りやすくしていきます。見た目で分かりやすいパターンなので、変化を見極めることができるようになり、トレードの精度が高まります。

 今回は「フラッグ」というパターンを紹介します。これを理解することによって中間波動で振り回されることが減っていきます。ただし、皆さんはチャートの形だけを覚えるだけではいけません。なぜフラッグが発生するのかというロジックやフラッグ時の相場状況、仕掛けの急所を理解することが大事です。

フラッグとは?

 フラッグとはトレンド継続として出てくるパターンの一つで「旗」のことです。チャート上に旗のような形が出てきたときにフラッグの可能性を考えます。フラッグは中間波動の一つですので、そのフラッグが終わればトレンド相場が再開します。ですから、フラッグが終わるところを意識することでいち早くトレンド相場を狙うことができます。そして、フラッグにはの二つがあります(チャート①)。

「上昇フラッグ」と「下降フラッグ」

出所:TradingViewによるGBPJPYチャート

上昇フラッグとは?

 上昇フラッグとは上昇トレンドのときにできます。一時的に高値が切り下がり、安値も切り下がります。それぞれ高値と高値を結んだ線が上値抵抗線(レジスタンスライン)となり、安値と安値を結んだ線が下値支持線(サポートライン)として、旗のように平行四辺形の形状となります。価格がある程度上昇すると利益確定が出やすくなり、多少は下がると予想した売りが出てきたときに出現します。このフラッグにおいては仕掛けのポイントは三つあります(画像①)。

フラッグにおいては仕掛けのポイント

 まず一つ目は上値抵抗線を超えてきたところです。二つ目が上に抜けた価格が再度下がったときに上値抵抗線が下値支持線に換わるところ(サポレジ転換)です。最後にフラッグが始まったところの高値を更新したところです。一つ目はダマシが多い一方で安く買えます。逆に最後のポイントではダマシは少なくなりますが、価格が高くなります。それぞれの特長を理解することが大事です。

 上昇フラッグは高値と安値が同じように切り下がることがポイントですので、下値支持線からの切り返しを狙う早仕掛けという戦法もあります。ただし、これは成功すれば相当安く買えますが、ダマシになる可能性も相当高いことを認識しましょう。

下降フラッグとは?

 下降フラッグとは、上昇フラッグの逆パターンで下降トレンドのときにできるフラッグのことです。一時的に高値が切り上がり、安値も切り上がる動きとなります。仕掛けに関しては上昇フラッグの逆パターンとなり、同様に三つの仕掛けのポイントがあります。一つ目は下値支持線を割ってきたところ。二つ目はサポレジ転換したところで、最後はフラッグが始まった安値を割ってきたところです。上昇フラッグとの違いは下降相場での動きとなりますので、上昇相場よりも動くスピードが速いということを理解しておきましょう。

繰り返しの検証と実践で本物の実力に

 投資に限らずスポーツや車の運転、あるいは料理をするにしても、本を読んだからといってすぐにプロの腕前になるわけではありません。何度も繰り返し練習するからこそ本物の実力がつくのです。ところが、投資の世界では余りにも簡単に儲かるといった眉唾な話が平然とまかり通っているために、誤解をする投資家が増えてしまうのです。チャートのパターンを知り、それを実際のチャートで確認して何度も練習して本物の実力をつけていきましょう。

※この記事は、FX攻略.com2019年12月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

※当連載で使用している「中間波動」は、「一目均衡表」における中間波動とは一切関係ございません。

神藤将男の写真

神藤将男(しんどう・まさお)

小次郎講師こと手塚宏二氏が代表を務める(株)手塚宏二事務所のもとで、ストラテジスト兼テクニカルアナリストとして活動。TradingViewでさまざまなチャート分析のアイデア投稿を行っている。

TradingView:https://jp.tradingview.com/u/masao_shindo/

Twitter:https://twitter.com/masao_shindo

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCG7FPicHPJXg6romhe0t92g

FX力を鍛える有名人コラム | テクニカル分析手法 | なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド! | 神藤将男の最新記事
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回
専業FXトレーダーの私が参考にしている情報源[岡ちゃんマン]
止まらないコロナバブル[井口喜雄]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第4回 月足予測4月編[川崎ドルえもん]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第4回[YEN蔵]
“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第2回
FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]
株価上昇は本物か、それともコロナバブルか[雨夜恒一郎]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|値動き反転をドンピシャ当てる「MACD」の取引精度を上げる方法】
淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
商品相場から見る新型コロナウイルス[佐藤りゅうじ]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第11回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
これからの外国為替場の行方 第121回(FX攻略.com2020年5月号)[田嶋智太郎]