FX力を鍛える有名人コラム

イエレン議長のニュアンスに変化?早期利上げ観測背景にドル強気局面へ[雨夜恒一郎]

長らく膠着が続いていた「米ドル/円」相場がついに動き始めた。先週は、米住宅着工件数が予想を上回ったことをきっかけにドル買いが強まり、FOMC議事録が労働市場の予想以上の回復に言及していたことを受けて一気に104円手前まで上昇。

さらに金曜日には、注目のジャクソンホール・シンポジウムでは、イエレンFRB議長が早期の利上げの可能性を示したと受け止められ、一時104.19円と今年1月以来7か月ぶりの高値をつけた。

FOMC議事録では、「労働市場の状況は長期的に正常とされる水準に著しく近づいた」とポジティブな見方が示され、これまでの評価(著しいスラックがある)について「近いうちに変えねばならないかもしれない」との見解も記された。FOMC内で利上げを求める空気が強まっていることを示している。

イエレン議長は、「労働市場の改善が早ければ利上げが早まるし、遅ければ遅れる」と是々非々の姿勢を示したに過ぎないが、それでも「FRBが労働市場に存在するスラック(たるみ)の度合いを見誤った恐れがあり、早期に利上げする必要がある可能性」を認めたことは注目に値する。

議長は、パートタイマーの割合が高いことや、賃金の伸びが鈍いこと、長期失業者が多いことなど、質的な弱さについても指摘しているが、「循環的・構造的影響もあり、判断は困難」と、やや迷いも見せている。

今後、失業率がさらに低下し、量的なスラックが解消されていくにつれて、質的な問題も胡散霧消していく可能性があるからだ。

FOMC議事録とイエレン講演が発するメッセージは、「労働市場は見かけよりも逼迫している可能性があり、FRBが早めに利上げに踏み切ることもあり得る」ということだ。

今後は、米国で強い指標が出るたびに、早期利上げ期待が強化され、ドル買いが一段と強まる可能性が高い。

チャート上も、年初からの抵抗線をブレイクし、新たな上昇局面に突入した可能性が高まった。4月4日の戻り高値104.13円を上回ったことで、年初の高値105.44円まで射程に入ってくる可能性もある。素直に強気スタンスで臨むのが良いだろう。


「米ドル/円」は新たな上昇トレンドに突入か (出所:Net Dania)

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい