FX力を鍛える有名人コラム

ストレスなくFXを続けるための私なりの工夫です[木里ゆう]

通貨ペアごとの特徴を感じさせない立ち回り

ストレスがないほうが同じルールのFX運用を継続しやすいはず』の記事で書いたように、ユーロ/米ドルの決め打ちOCO(ポジションを持った段階で利食いと損切りを固定して、以後放置するもの)の+170/−50(利食いが170pips、損切りが50pips)は、決済までにちょっと時間がかかる点がストレス。対して、ポンド/円の+120/−40はドローダウンが大きくなりがち。

この2つの問題点について、私なりにしている対策があります。まずユーロ/米ドルの敵は時間なので、ポジションに集中しないようにデモトレードを同時に行い、手法アレンジの検証をしたり、FX以外の趣味でどんどんいそがしくしたりしています。

ポンド/円は、ドローダウンが大きくなるぶん最終利益もしっかりとりやすいので、定石通りにロットを小さく調整して運用しています。ユーロ/米ドルが1万通貨なら、ポンド/円は1000通貨、みたいな。

負けたときのことを今から考えておく

つい最近、知りあいのトレーダー数人がFXから退場してしまったみたいです。ざっくりとしたところでは、資金を溶かしてしまったと。とても研究熱心なトレーダーさんだっただけに、私も背筋が伸びる思いです。

リスク管理が一番大事!…と、なにを見ても書かれてはいかますが、計画的かつ具体的に資金を管理できている人ばかりでもないと思います。私もアバウトにしか考えていませんでした。よって、

  1. 1年間でいくらマイナスを出したらいったん相場から離れるか
  2. FXのトータル損失がいくらになったら退場するか

を早速決めておきたいと思います。

人間どうしても見たくないものから目をそらしがちで、プラス方向への妄想ばかりします。しかも、いざ損失を出したとしても、その行動を止めてくれる人がいることは滅多にありません。

含み損を損失とも思わない人もいますが、私はもちろん含み損込みの損失で具体的な金額を決めます。

もうひとつのルールのこと

さて、東京時間の高値or安値で17時以降にエントリーするマイルールなんですが、注文を出すちょうど17時にグーンと値動きして高値や安値を更新していくことが多いです。そういう場合、注文が間に合わなかったときは、無理に飛び乗らずノーエントリーにするようにしています。

写真は4月11日(月)のもの。この日もポンド/円はノートレードでした。

ヘッドフォン女子の私は、新しいアイテムが欲しいのです。トレード頑張って買うぞ。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい